goo

季節の中で



       少し・・ほんの少し若い頃だったら




       いい加減な季節の移り変わりに抵抗したものだけど




       年とともに寛大になったのか・・鈍くなったのか・・




       素直に受け入れ11月半ばを秋の真ん中などと思い




       某ブログで晩秋と言う言葉の表現に驚き




       冬の季語「つわぶき」との出会いに動揺・・




       そうか・・この暖かさ中で咲くつわぶきって




       羨ましいほどの柔軟性が・・




       失いつつある柔軟性というものを思い出させてくれたようだった





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 秋の真ん中は? 律儀な秋も »
 
コメント
 
 
 
つわぶき (としちゃん)
2018-11-12 07:51:45
黄色いつわぶきで思い出したのですが、
うちの近くには、黄色のひまわりが、まだどっさりと咲いています。
狂い咲き?
着物に関しても、袷だ、単衣だなどと決めつけない方が良いですね。
柔軟性、大切ですね。
 
 
 
としちゃんへ (トントン)
2018-11-13 00:08:57
ひまわり・・どっさり咲いているなんて!
もう狂い咲きのレベルではない・・と言う感じかしら。
ひまわりとつわぶきが共存の時代なのか・・
着物も、袷や単衣・・学生さんの衣替えもだわね。
でもその日の気温にあわせると言うのが、本当のおしゃれかもしれない。
着ている人の心地よさが一番ですよね。
それにしても、としちゃん着物との出会いよかったですよね。
足、元気そうですもの。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。