トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

レゴでどこまで再現できるか。

2018年08月05日 08時34分28秒 | 工作

8月4日(土) 晴れ

Capちゃんと一緒にレゴで遊びながら、おもちゃの車にどこまで似せられるかやってみた。




右の救急車をまねてみる。
なかなか都合のいいレゴブロックが無いので、なるべく雰囲気が似るようにする。





ダンプトラック。
同じ色のブロックが無く、黄色・白・アイボリーになってしまった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ま~ちゃとCapちゃんあゆ祭り... | トップ | 学校は学習塾ではない。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブロックは数学能力や空間認識能力の発達に良いらしいですね (最近の通りすがり)
2018-08-05 11:30:04
ブロック遊びは空間認識能力や、
https://chiik.jp/articles/dCdtK
https://koarubiyori.jp/asobi/18362

数学能力も鍛えられるといわれていますね。
https://ishinokotoba.com/2018/06/19/ブロック遊びは数学の能力をあげる助けになる/
https://president.jp/articles/-/11287

新しめの例だと北欧発の3Dのブロックの様なゲームを利用した学習方法もあるそうですね
https://japan.cnet.com/article/35114562/
http://sorairo-mizuiro.info/?p=322
ついでに、ブログの趣旨の1つでもある福祉・障害絡みでも挙げておきます
http://nanaio.hatenablog.com/entry/2015/03/22/091732
大人が夢中に。 (トンサン)
2018-08-05 14:24:56
子供よりも大人のほうが夢中になっちゃいますね。
このレゴは3歳児がやるには小さすぎます。
もともと娘が自分がやりたくて買ったものなので。

コメントを投稿