トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

コントロールパネルを取り付けたが、ジェントス点灯せず

2011年11月21日 20時50分38秒 | クロスバイク(メリダ)の電装化

11月21日(月) 晴れているのに雨

メリダにコントロールパネルを取り付ける作業を行った。


朝からやっているのにうまくいかず。
今日はフジテレビの占いが当たったか?  ⇒ かに座 最悪の運勢

1. 「メーター照明」のスイッチがハンドルに当たってパネル取りつかず。スイッチ交換。
しかし、まだ当たるので長穴に加工。大きなワッシャーで穴隠し。
2. ジェントス点灯せず。いろいろ調べた結果、ジェントスのスイッチ部とボディの接触不良らしいことがわかり、表面の塗装を紙やすりでこすって落とす。
3. パネル左側ビス届かず、位置も悪いのでホース留め金具を外して加工。
4. パネルを取り付けるとメーターBOXが開けられず、取付金具ごと取り外すはめに。
5. ようやく取り付けられたと思ったら、ジェントス点灯せず。原因不明。

というところで日が沈んでしまった。今日はこれでお終い。

うーむなかなかうまくいかず難しい。
明日の占いはどうだろうか?



緑色のコントロールパネル部が今回の追加箇所。

ジェントス閃のスイッチをコントロールパネル部に取り付けているが、それだけだといたずらされてスイッチが入れっぱなしになっていると、充電池が空になってしまう。
リング錠の鍵を外したとき(メインスイッチが入った時)だけ点灯するようにリードリレーを入れた。
メインスイッチが入るとリードリレーがONになり、リレーの接点がショートする。
この時パネルのジェントス閃のライトスイッチを入れれば、点灯する。
という風にいたずら防止をしている。

一度点灯実験して点いているのだから、じっくり調べれば原因はわかるはず。
ただ、ボルトを外してメーターBOXのふたを開けるのが大変だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« メリダにコントロールパネル追加 | トップ | ジェントス閃は点灯するよう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿