トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

教科書支給袋の文言(もんごん)が古すぎる。

2018年04月18日 00時47分57秒 | 日記

4月18日(水)

今日見たFacebookから。






小1の教科書袋の言葉が「恩着せがましい」理由を探ると、高知のお母さんに行き着いた




この文章は相当昔のものだな。いまの時代には合わない。
それにトンサン的に言わせれば、「我が国の」という言い方が狭すぎる。
憲法の前文のように世界を相手にしてほしいものだ。

憲法の前文抜粋(ばっすい)
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« クエン酸洗浄したが、まるで... | トップ | これはどちらの意見が正しい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-04-18 13:53:20
特に義務教育が始まる小学1年生に自分が使っている教科書は誰から与えられるものか大人が教えてあげなければなりません。。そして義務教育とは何か、そして人はなぜ学ぶのかを考えさせるものです。そうすれば朝鮮学校が補助金目当てで我が国に物乞いしてはいけないことであるか明白になります。それを不服としている市民団体は、あなたのような奇天烈な思想を持った輩ばかりです。あなたのような身勝手な人々を作ってしまった戦後民主主義は完全に失敗です。先人や国家を敬うこころが著しく欠如している団塊の世代は少々不気味にさえ感じます。まずは日本の近現代史を徹底的に勉強しなおしてください。
はっはっは、おまえこそ! (トンサン)
2018-04-19 04:42:07
「あなたのような身勝手な人々を作ってしまった」
⇒この言葉はそっくりお前に返してやるよ。

「そして義務教育とは何か、そして人はなぜ学ぶのかを考えさせるものです。
⇒ばかだねぇ、1年生にそんなことを言ってどうするんだ。
義務教育とは、子供が学校へ行かなければならないことではなく、親が子供に教育を受けさせなければならないことだ。
なぜ学ぶのかは教えなくても、知りたいことは自分で勉強するようになる。
子供には知りたくなる環境を与えることだ。

お前はもっと勉強しないといかんな。
「団塊の世代は」なんていうのは100年早い。
(*≧ω≦*)ひゃっはっはっ!!

コメントを投稿