tonosamarings blog

窓際COACHのドリ鰤物語

成果

2013-06-28 07:48:20 | インポート
 自分改善計画の途中経過
 5月から約2カ月
 通勤中、体締まったなぁと言われた
 確かに体は薄っぺらくなった感とダッシュしても疲れない
 しかし、下腹はやはり
 昨年末にあばらをやった後のものが蓄積されていてなかなか消費しない
 よーし、7月は腹筋強化月間

コメント

雑感

2013-06-27 23:54:32 | インポート
 おもむろに、恋しくなりBOOWYとcomplexのYouTubeを
 なんとなく、COmplexが響いたが、やはり世代としては氷室ロックのBOOWYにひかれた
 あの復興ライブやっぱりあのBOOWYならっていう気がした
 関連でツネマツちゃんのもあったり、なんかやっぱり見たいな
 でも、そうならないのはやっぱり人間関係なんかなぁ
 いろんな世界でもあんまり実現しない タイガースぐらいか
 歳を重ねるごとにIROもそうだが、EGOがでてくる
 だから、世の中、うまくいかないのかな
 でも、見たいよな ほんまもん
 時期ブラジルスタッフに、ペレとジーコ、コーチにレオナルド
 そうならないのが、世の中

コメント

ヤセタンとコロンタン

2013-06-26 08:12:19 | インポート
 どこまでどうかわからないが
 未だに、小さいから使わないとかっていうことを言っている指導者がいると知った
 ひょっとしたら、聞き取り方もあるだろうが、そんな雰囲気がミーティングであるのだと思う
 これまでも、県内でそんな雰囲気があることは聞いていたので、うちは将来の選手のため
指導の中身を変えた経緯がある かれこれ8年が経つ
 間違いもたくさんしたし、まだまだ、足りないことが多い 全日jRでも、この8年で6回best8
になっているが、それより上は1回だけ 結果からすればチーム自体が伸びていないっていう
分析も考えようによってはある先を考え、今をどうするかっていうのは、忘れてしまうことも多い
 先日、ミキさんとのメールの中での会話で、そうやったって思うことがあり、jyでそんなTRAを
やってみた
 やっぱりそうだった 「やらされていた」
 伸びない原因は、そんな環境にある 選手らが今なぜそれをやっているんだという自覚がない
ということ 指導者が、マンネリ化し、それでいいと思っていたことが原因だと思った
 一方的で過剰な愛は、ストーカーみたいな状況に陥っているのかもしれない
 少し、やり方を変える時期に来ていると実感した
 小さい奴は、「でかくてはやくてうまい奴」は、叶わないかもしれない
 でも、そんな奴は、そんなにいない
 今、結果がでないのは、これまでのプロセスの問題、まだ先があるならば今からでも遅くない
 それよりもむしろ、小さいというコンプレックスをもってしまう自分の弱さを克服することが、なにより
も大事だし、今やれるすべてのことをやり、やりきり、やり遂げることが最優先でないかと感じる

コメント (2)

個と組

2013-06-24 07:55:18 | インポート
 2013全日が終わった 水橋fc優勝おめでとうございます
 うちは3回戦で、movaに3発喰らった
 ただ、cOからの話では、うちらしいplayだったということと、諦めず1発決めたという自信を掴むことができた
 これは、新聞の紹介にも書いたように「個」ということにこだわりをもったチームである以上、自信を持ってtry
することが大前提であり、この1点は彼らの将来には大きな点であったに違いない
 今回、雷鳥Gからbest8に残ったのは、小杉、スクエア、水橋、広田、jscの5チーム
 8のうち5というのは、やはりあの大会の凄さがこんなところで現れている
 そして、優勝した水橋fcは、雷鳥でもやっていて、あの組織は個では崩せなかった印象が大きい、この組の
水橋fcに勝つために、もっと個をと思っていたが対戦叶わなかったことは残念だ
 そういう意味では、今年の全日決勝も組の対決だったような気がする
 水橋も大久保も歴史は古く、地域の団結力みたいなものを感じるチーム、名簿を見てもうちや広田の倍以上
の選手在籍だ 応援の力も見ていてすげーと思うし、ゲームの進め方もシンプルで良い
 やはり、団体競技においてteamplayを重視することで、優勝というものに近づけるようだ
 一方で、うちや広田は、個というものに重点を置いているので、試合はもちろん、練習も個に重点をおいてい
るので、チーム戦術的なことはほとんどやっていない
 その個の持っている力を発揮させて、どうなるかっていう天秤サッカーっていうところだ
 個と組という区切りで考えるとそんな感じだが、8まではいくことができるってのは、やっていることが間違い
でないと言い切れるところもある
 最近、個に拘るという言葉を聞くようになってきた
 昨日のjR雷鳥の時も、大島さんとの会話の中で感じた 「個を育てる」の本質の部分、昔ならそういうような
話を参考にしてやっていた
 しかし、いつの間にか、そんな仲間と一緒にいる時間が多くなることで、自然にそんな本質の部分が現れ、
共有できるフレーズが多くなっている
 サッカーを志す者の大半は、小中、そして高校で終わる、だから今何が必要か
 というそんな部分にこれからも注いでいきたいと思う
 個からの組、zeroから100まで比例してやれれば大の字やろう
 これから、jscの選手はまた成長する 5年後にはすごい選手になっている

コメント

買い物にて

2013-06-23 16:36:03 | インポート
Jr雷鳥も終わり、今晩の買い物へ、プライバシーを考え、あえてどのチームかは、控えますが、優勝し気分が良いのか、まだ、こんなとこでウロついてます

また、来月バイバイ
コメント