tonosamarings blog

窓際COACHのドリ鰤物語

準備

2013-02-28 08:01:52 | インポート
 東北はまだまだ、雪が多いというか多すぎる
 去年はこっちも同じだった 4月に入っても降ってた
 それが、今年は富山に入ると雪がない
 そういう状態は、春がもう来るってことだ
 4月の準備・・・・保険・登録・フェスティバル・遠征・勧誘と段取りごとが多い
 U-10のフェスは、県外が増える、なので県内が減る
 JYの関係で、御奉公のご案内をさせてもらおうと思う なので県内が減る
 なので、今年はアプローチは差し控えていただき、ノミネートを待っていていただきたい
 来春は、職場縮小でハードワークになりそうだ
 給料が減って、仕事が増える まさにスパイラル!!
 議員も選挙でたくさんの税金を無駄にする 自己負担で選挙しろ そしたらもっと無駄遣いが減る
 とぼやきたくなる季節がやってきた
 そうそう、昨日、お尻に花粉症対策の注射をうってきた
 しかし、今朝から鼻がおかしい 準備失敗か

コメント

退化と進化

2013-02-27 08:10:31 | インポート
 オタマジャクシは、カエルになる時、尻尾が切れるのではなくなくなっていく
 生物学的にはどうなのか知らないが、退化と進化の変わり目がそこにある
 6年があと2回の練習でもって、卒業となる
 選手、保護者共々、成長という目的に付き合ってくれて感謝しています
 他のチームにはないオリジナルの中で、戸惑いもあったかと思いますが、1回
しかできなかったリフティングが今では見たいな
 ビフォアアフター的な思いに、一喜一憂していただければ幸いです
 ただ、あと2回の練習にするか、あと2回の練習を経て、進化させる道を選ぶかの
選択をしなければいけません
 そこでの結果を求めるより、この先を見据えての指導に切り替えたJSC
 勝つ→? から 上手い→勝つ へのビジョンを打ち出し取り組んだここ数年
 遠征で培った底力を今後発揮するために、あと3年間うちで修業してもええと思う
 君たちは、まだ尻尾が生えている その尻尾は普段はそれが当たり前だから気付かない
 しかし、その尻尾がなくなったとき、初めて自分自身に気付くことができるだろう(こんなに身軽)
 でも、気付く前に、知っておくことは悪いことでない
 「将来、こうなる」という大志を抱いて
 そんな志を持った選手は、JSCの扉を叩いてほしい

コメント

やっぱりいい

2013-02-25 12:33:54 | インポート
 今回は、天気もよく、風は吹いて、花粉を感じたけど、楽しかった
 人との付き合いが本当に楽しい
 今回で8回目ぐらいになるが、指導者間がまたぐっと縮まった感がある
 宿泊は、指導者共々、エコーにお世話になり
 富山の食材で、胃袋をつかみ
 いつの間にか、ライバルが生まれ
 市川のCOが、立山杯での準優勝メンバーであると知り
 先日のJY遠征の話から、新たに交流してくれるクラブもあり
 夕方、山の上までの6キロをRUN中、これぞ埼玉っていう景色に出会い(FB参照)
 夜の9時に戻れた
 本当に、日和を感じた2日間だった
 そんな日は、良くないことも笑えることができる
 RUNの後、気持ちよくなってBEERを飲んだのが間違い(水あたりでずっと便所通い)
 朝食でおかわりから戻ったら若いお姉ちゃんらが俺の席に
 「おおっーうラッっクキー」と席に戻ったら、俺の朝食がスタッフに既に片付けられていた
 お変わりのご飯だけを持った俺が立ち尽くす
 結局、孤立感の中、ふりかけをかけて食べた お姉ちゃんたちとモーニングかと思ったのに・・・・
 8年前のマサユキ、名立浜ラーメン事件を思いだした
 

コメント

言い訳

2013-02-25 12:20:46 | インポート
 久しぶりのジュニアの遠征
 過去2回の遠征は、学級閉鎖で×だっただけに、およそ一ヶ月ぶりの外での試合
 3名の欠席がでて10人とさびしいものである
 1試合目は入間Jr、先日、JYはお世話になった
 体は重すぎ、感覚も悪く、なんか消化不良感が残った「目詰まり」が多い
 続いてのアルディージャは、久しく荒谷君がCOで来てた、話をしたが相変わらず寡黙な奴やった
会話も長く続かず・・・・もっと気さくさがあった方が・・・・ずっとCOのままなら良いこもしれんが・・・
 まぁ、ゲームは、前半なんとかやれるかなぁと思ったら、ミドルでバンバンやられる
 こういうチームとやる時は、町クラブは走り勝つべしというのが、BESTなのか? なんとなく見えた
 もっと、チャレンジできればよかったが、とにかくボールが足についていない
 いつもJYに言っていることがここにも当てはまる そんな状態で、練習でやっていることなんかできる
はずがない さびしく時が過ぎ、終わってみたら7発もやられていた
 反省のしようもないので、次
 3試合目も、孤立孤立で、ゴールポスト好きがたたり、結果が出ない
 フレンドリーでは、松田さんとことやらしてもらい 原点に戻ってもらったが、中途半端すぎて、何も収穫
なし、あとは明日の朝になってくれるのを、待つだけ状態なのだが、COらにはどう写ったかはわから
ないが、PLAYのPOINTでの、安定感がない その部分をTRAというよりも経験であげてほしい
 翌日は、豊春、ひまわり、フォルトナとの戦いだったが、ちょっとはPOINTで活けるようになったが、不
安定な状況は変わらない なんとなく守りを考えすぎて、攻撃は手薄に、そして決められずに、痛い目
にあってしまうという8人制の典型的なパターン
 一人ひとりのボールを扱う位置や時間を考えたポジションを考えても良いと思った(やりきるために)
 8人制は11人制と違い、一人のウエイトが大きい、元々実力のあるチームだけでなく、マンモスなチー
ムはタレントも多くなる ここに低人数のチームが挑むためには、かなりのものが必要だ
 今回7人しかいない5年、それも1人がこれなくなり、ここを4年が埋める
 がんばっても、限度はある それを2年前に気づいた 一番大変であり、一番やられやすいところで
下の学年を使うのは、指導者の目線で考えるより、はるかにハードなのだ
 努力するという言葉は強調できるが、うーんて考えさせられる部分もあり、言い訳すんなと言われるが
明らかに、言い訳できる範囲だと思う
 雪国の田舎の縮小クラブにあって、都会のクラブチーム挑むという取り組みは、ちょっと近づいてきた感を
もって取り組んできていたが、また、離れつつあるなんとか頑張らねーと
 ちょっと愚痴っぽく、されど事実やと思うし、であってそうならないようにBESTを尽くさねば、立場は
違っても、同じ道を歩いているのだから 

コメント

トータルバランス

2013-02-22 22:46:48 | インポート
 2市を跨いだ 残りは1町
 運動(身体)→飯(欲)と来たら最後は、心だ
 心をどうやって癒すか 最後は整えて次に向かう準備をしなければいけない
 俺の持っているカードはこれだ

 今回は、前から行きたかったかけ流しの温泉
 平日だからか、結構ええ感じで、温泉の色も日によって変わるそうだ ちなみに今日は青っぽかった
 雪を見上げながらの露天風呂は、ランニングで疲れた体を癒し、カロリー消費でお腹も快調、仕事の労も労ってくれる
 また、頑張れる
 今回は海でのポジティブ&アクティブ
 俺の場合、山編もある 当然、山歩きがあり、山頂で食べるおにぎりの味、降りてきての温泉
 このサイクルでリフレッシュする
 「くうねるあそぶ」じゃないが、俺の場合はこれに+浸かるだ 寝るは今日の夜はぐっすり眠れる自信がある
 結構、自分を追い詰めているけどね 一人でS、一人でMやな

 最後に、世の中のストレスは計り知れないほど多い
 でも、そのストレスは基本人間が作り出したもの、ということは人間で発散させることもできるってことだ
 時にストレスは、悪だけを作りだすのではなく、そこから良を創りだすキッカケになる
 そう思うと、まだまだ青いし、苦労が足りない 修行はしないが、もっと経験が必要だな
 じゃあ、その経験いつするの? 今でしょう

コメント