tonosamarings blog

窓際COACHのドリ鰤物語

探る

2012-11-30 08:09:54 | インポート
 昨日のTRA
 体験も少なくちょっと広く感じた
 最近、他からの刺激を受けつつも、どのくらいのもんなんだろうかとGAMEに入ってみた
 6年もやれるレベル? 本当だった
 俺でも、まだ全然できるレベル そして、なぜか俺だけが汗をかいていた
 選手の目線や、チャレンジできる状況の把握、まだまだだ
 探って正解だった
 種を播くことはできているが、植えることができてなかった(反省)
 植えること=魅せること
 探って正解だった
 頭の中は幼稚で、体のキレは、歳相応
 まだまだ、やれる・・・・・そんな気がした(気持ちだけ)
 来週の目標は、NO!!MISSで

今晩からの遠征の秘密DVDがようやく今朝完成した
 明日の朝は、これで目を覚ましてやるっ

コメント

タイミング

2012-11-28 19:07:43 | インポート
 良い時間に立ち会えた
 今日は、自然シリーズということで

 太陽が沈むころ、西の空がみょうに熱く感じた

 月が昇るころ、東の空がみょうに神秘的だった
 カメラの性能がどうのこうのでなく、このタイミングがハッピーだと思えた
 点数を決めて、勝った試合の気分、当然、ドリもノリノリで
 この時は、このタイミングでっていうことに気付いた

コメント

感じ方

2012-11-28 08:22:47 | インポート


同じものでも、場所が変われば違った感覚を味わうことができる

実に壮大なものと、閑散したものを比較できる場所もある

壮大な中で、達成感を味わえる場所もある

見方を変えれば、違った景色を見ることもできる

ここで感じられる感覚と

ここで感じられた感覚は、同じようだけど違う
それもまた考え方

今日は、また一段と冷える
でも晴れた 走るぞー

コメント

こんな道もある

2012-11-27 23:08:56 | インポート
 関わるということ
 多彩ってことも大事
 
 俺が始めたときの選手
 この冬、彼の親父と仕事をする
コメント

宿

2012-11-26 21:00:12 | インポート
 前回のホーム&アウェイとCOの報告写真から
 何気ない写真から何を思うか(保護者として)
 彼らは、一生懸命戦って、一生懸命食べて、一生懸命洗濯して、一生懸命寝る
 そして戦うために一生懸命起きて、一生懸命食べて、一生懸命戦って・・・・・これを2泊3日続ける
 一般のご家庭の長期家を空けるとしたら
 どこで楽しもうか、どこでおいしい物を食べようか、どんなところで泊まろうか・・・これを続ける
 各家庭から言えば、仲間はいるがたった一人で、旅をして、自分で判断して、皆と協力して、ことあるごとに対処する
 無人島1週間生活よりも、より現代リアルで大人でいう一般常識を、自然に学ぶ
 一人ではできなかったことが、皆と協力することで、いざという時、その自信でもって力を発揮する
 実は、遠征にはこんな力が宿る魅力がある
 過去に、保護者から言われたエピソードを忘れない
 それは、卒業旅行をした時、ホテルにおいてその使い方(マナー)が自然に身についていて、保護者自身びっくりしたというもの
 単なるサッカーの遠征という見方が、変わったという話
 とても居心地がよく、楽しい旅行ができたということは、家族だけなく、僕らも嬉しい話・・・これがJSCらしさといえばそうかなって思える
 保護者はもちろんこと、我々大人が子供達に与えてあげたいことはたくさんある
 可愛い子供だからこそ、単にゲーム(偶像)を与えるのでなく、本当のゲーム(人生)与えてあげるのが、本当かなって思う
 ここにいて、Jリーガーが先輩にいるとか、ホームスティした時の友が日本代表とか、そんな出会いって僕ら大人ではできなかった経験
 今必要なこと、してあげれること、できたこと、できなかったこと
 続けれる限り、続けたいと思う仲間が、俺の周りにはたくさんいる
 そんな宿があって、家庭という心が一番休まる宿があること
 家庭とクラブ、出会うべき育む宿ってのは、そんな処だと思うし、そんな処にしたい

コメント