tonosamarings blog

窓際COACHのドリ鰤物語

2010-09-29 15:35:52 | インポート
 新人戦も近づき、うちはあいかわらずまったりとDRIに励む
 COから、もっとこうしたらよいのではと提案があった
 提案=アイデアはとても良いことだと思う
 ただ、私はGOは出さなかった 理由はこうだ
 LONG LONG AGO 全日富山県代表で全国へ行けた
 前日までの壮行試合で県外の指導者から「強いよね」って言われた
 そのときは、意味を理解せず、その言葉に天狗になった 結果はBEST12に入り万々歳だった
 その次の年、同じようにTRYしたが叶わなかった
 数年後、全国へ行った選手たちがJYを辞めたという話に最初はそのクラブを疑った
 数年が立ち、たくさんの指導者との交流を深めるうちに、あの時の言葉の意味がわかった
 そして、その後、あの時なぜ選手たちが辞めたのかすべてはJYではないことにも気づいた
 勝利至上主義で、足元をおろそかにしてしまった(上を目指すがゆえに、足元をすくわれた)
 確かに勝つサッカーは、蹴ってゴールを目指したほうが手っ取り早い
 でも、そのときはそれで良いが、違うことを要求されると何もできない自分に気づく、そして挫折の方向へ
 それに気づいたとき指導者を辞めたくなった、俺はそんな指導をしていたのかって だから今は、ギリギリまで個を鍛え、外へ出してもやっていける選手をつくるべきという考えでやっているから個性のあるチームになった でもそんなチームだから、付き合ってくれる指導者も多い
 昔からよく聞く「Jのチームから何も教えないでも良い」っていう言葉
 なんにもしなくても良いってことでなく、止める、蹴る、運ぶっていう原点をってことですよね
 解釈が正しいかどうかは別として、正解だよね
 技術は身につく宝(財産)だから、なくなることはない(釜本もいまだにシュートはうまい)
 島田でもいろいろあった問題、変な癖(ファール)は、指導者から教わったのか、自分で見て覚えたのか、指導者が何も言わないからそうなったのか、知りませんが、それが質の問題であれば質屋でも買いません
 うちのCOの提案は、誠に良かったもの”動きの質「OFF」”に関してだった
 俺はまだ早い、子が個に自信を持ってやれるようになったら、そうしてやろうよって(1+1VS1+1ができてから)ことが、スラッとでなかったので申し訳なかった 俺がよく失敗する練習メニューを5つほど考えて、2つしかできず、後の3つは消えていく
 今が大事であり、今があるから将来がある
 前を向いて歩きたいが、たまには足元をみてごらん 1円ぐらいなら落ちているときもあるから、堤防沿いを歩くときは特に注意しないと○んこを踏んでしまうから、踏んでしまうと洗いに戻らなければならないし、だまってバスに乗るととんでもないことになるから気をつけて
 話が相当、それてしまった感があるが教訓だな
 俺は絶対に負けるのが嫌、だから勝負で負けても、いつも個の力だけは負けないようにしたい
 結果は後からついてくる 和也がJリーガーになったのは、大山が強かったわけでもなく、ひがしが強かったわけでもなく、一高が全国最強だったわけでもなく、彼自身が努力家で3歩進んで2歩さがる奴だったから、今があるのだと思うし、今も貪欲なんだと思う
 彼は、人にはものすごく優しい、でも自分には厳しすぎるほど厳しい  そんな奴だからなれたんだと思う
 うちが、彼がJリーガーになって変わった部分もある強い大山より、うまい大山になりたいという願
 彼が一流になったとき、胸をはって出身は一高ですでなくて、大山ですって言ってもらえるように、そして周りからは「個の力がすばらしい、あの大山の」って言われるクラブになりたいということです。(だから選手たちも自覚を持って挑戦してください)
 1年当たり7,8人のDRIブラーが巣立っていきます 彼らがどこで続けるかはわかりませんが一人ひとりが、種を持って巣立っていきます
 今はまだ少ないですが、そんな素人をもっと育てたいと思います。
 
 

コメント

旅支度

2010-09-28 15:19:14 | インポート
 季節はもう秋
 2週間前までは真夏だったのに、お鍋が食べたくなる
 昨日から雨、冷たく感じるようになった ふとバスを見ると玉のように集まり流れている
 そう、島田が終わった日 洗車をした、なんとかボンネットに上がり、丁寧にワックスシャンプー(気持ちをこめて)
 新人戦が終わると旅にでる そのためにメンテは欠かせない(大事な足)
 春までは、レンタル これからは自分たちの足
 自分の足も、登山での負傷から復活 再び走り始めた
 昨日も学校付近で熊の足跡があったらしいが、暗くなるのも早くなり少々心細く走っている
 いつ何時、草むらからドッーっと来るか ヘッドフォンの音量を最小にして
 なんだか足取りも少々速めになっている(ムチをあてながら状態)
 今年は、カシナガの影響で山がまっかっか この辺りでは、2,3年の間にナラ系は枯死するだろう
 柿の木もアメリカシロヒトリにやられ、枝だけの柿が多い 食べるものがない
 今年の冬支度は大変そうだ
 家のさつまいもが・・・・・芋がなかった つるは伸びたが肝心の芋がなかった(クラブハウスは大丈夫か)
 10月10日ぐらいに芋ほりしたいなぁ
 今年はいろんな意味で、早めのパブロンだな

 今日で30000件突破かぁ

コメント

かわす

2010-09-27 12:11:32 | インポート
24節
浦和戦
 原口はキレと余裕があるね 1:54
 和也はキレはあるけど、余裕がほしいね 2:56
 早く、練習と試合でのイメージが合えばいいね


コメント

毒を吐く

2010-09-27 09:33:50 | インポート
 いつも毒を吐きまくっている俺
 昨日、殿様でマムシの子発見、今年はいろんな動物を見そうだ
 島田が終わり、結構みんな毒を吐いている多方面に渡って、おなかにパンチなんて、えげつないなぁ
 たぶん、俺が芝を刈っているときに指導者がずいぶん迷惑そうな顔をしていたなぁ ごくろうさまのひとつもなかったなぁ おもしろいチームだったのにそこが残念だった その他、アフガニスタンサッカーやおっとそのファールはも、この目で見た
 そう、それぞれの思い入れ(6年最後の公式戦だから)があるから、気をぬいてはいけない 富山で最高レベルの少年サッカー大会なのだから
 うちも過去から全少よりは、熟成した6年の大会として大事な大会として位置づけしている 昨年からフルコートになって3学年編成は厳しくなって、少し求めるものは減った しかし、6年がどんな成果を披露してくれるかが、すごく楽しみな大会に変わった
 DRIからパスへ これまでの少年サッカーから大人のサッカーへ変わる情景が胸を熱くする 負けても悔しくないといったらうそになるが、選手らの成長が心をなだめてくれる DRIの中からパスがパスの中からDRIへ変化する ペナルティが近づきスイッチが入る、2,3人ぬいて尻につけるそして、4人に倒される・・・PK
 インターセプトから、キーパーをかわしゴール
 誰よりも先にボールを触る キックフェイントでかわして前線へ
 その場で、処理をせず流れて、頑張って次につなげる
 6年間頑張ってきたものが、試合にでる
 「練習どおりに、試合ができるようになった」 確信はまだだろうが、自信に繋がっただろう
 ダメだしの連続で、神経質になった時期もあっただろう
 まぁ、こんな指導者だから許してくれ
 これからは、選抜や雷鳥で違う世界でサッカーがやれる その喜びを大事にしてくれたら楽しめるぞ
 また、明日から毒を吐き続ける俺様は、殿様林の毒マムシ三太夫だ
 そんな毒マムシも、花粉症にはかなわない 毒を吐かずに鼻水が止まらない 

コメント

2010-09-26 07:21:41 | インポート
 島田杯は2回戦敗退で終わった(去年といっしょ)
 DRIからの開花をテーマに取り組めた感はある 選手もらしいサッカーをやってくれた
 囲まれるまで、そして囲まれても
 ペナルティエリアへの侵入もすばらしいものがあった(PK外したけど)
 5年も全然やれた 6年相手に負けていなかった(足の速い奴には振り切られたけど)
 やりきれたところとかなわなかったところがはっきりした
 だから、努力するポイントが見えたはず、そう身になっている
 だから気になる相手は、うちとの試合で何が選手に身についたのだろうか
 たぶん来年もそのスタイルでやりきるだろう
 BEST4が決定し、スクエアが敗れる波乱もあったが結果よりも本当に気になったことが多々
 ある友人(JY指導者)が名門同士のゲームを語る
 「ひどいもんですね」
 「だろう」って私も久しぶりに湾岸戦争の映像を見たような昭和のサッカーがそこにあった
 大ゴールを意識したサッカーなのか
 これが現状だよって、JYの指導者がJrのチームを作るのもわかるだろうって
 ましてや、JYがあるにもかかわらず、これではきっと今後苦労するだろうな
 まぁ、身体が高ければなんとかって言う方々もおられますがね
 JYからJrに降りてこられた指導者とも話す機会があった
 「ようやくJrになれてきた」ということ
 JYをネタに答える「あれじゃぁねぇ」
 やっぱり、勘違いしている(まぁ俺も人から言わせれば勘違いかもしれないが)
 大人の事情サッカー まだまだ消えそうにない
 来年から8人制、来年は挑戦するけど状況によっては、もう挑戦しないかも
 そう、選手育成のためのクラブを視野に進めたい気持が強くなってきた
 全日がなくても他の大会やゲームをしてくれる仲間もいる やりたいこと備えてあげたいことができるような気がして
 
 さぁ頭を切り替えて、やるぞ「楽しいパスサッカー」

コメント