tonosamarings blog

窓際COACHのドリ鰤物語

久しぶりの檄

2010-09-15 16:54:07 | インポート
 昨日のTRAINで本当に久しぶりに檄を飛ばした
 あまり魂をつめ過ぎてもよくないのではないかということで、ちょっとゆるくを約1ヶ月
 4年からも同じような課題が見えてきたので、TRAINでやってみた
 最初は、やらしてみて 途中 ヒントを与えて ここまでは順調だったが、この後の答えが出てこない(気づかない)
 途中でやめてしまう等の不具合が出てきた(ただ、やっている感とイジメかなって思うシーンも)
 表情からは、なんかやってやろうっていうものは感じられなかった というより、練習が始まる前からそんな雰囲気がでていた
 ちょっと前までは挨拶をしていた奴が、しなくなった
 今までしなかった奴が、するようになった
 練習で手を抜くようになった(下手でも必死さが伝わっていた)
 手を抜いていたような奴が、自分磨きに余念がなくなってきた
 人はいろいろ、変化する 変化して欲しくないところもあるが、まれに大事なことを捨ててしまうこともある
 夏の疲れか?と思うところもあるが、ナマクラになっていく様子をただ見過ごすわけにはいかない
 残念なことに、人事だと思ってしまらない奴は、練習後、水筒を哺乳瓶のように口をつけたまま、飲みもせず、持て遊んでいた
 
 綱は強く引きすぎてもダメだし、弛めすぎてもいけない
 
 やっぱり、自分なりに行こうと決意した
 でも、助言を聞かないわけではない ただ、俺像にそういう要素を入れていく”間”を勉強して行こうということだ
 再度、明日の練習でTRYだ!!   俺像は俺像

コメント

思通

2010-09-15 16:22:16 | インポート
 熟語ではないが、気持ちを表すとこんな熟語?
 入院している彼に代わり、小柄だが助っ人が来る
 7面は無理だと思うが、3面ほどはこれで頑張ってみようと思う
 ぶつけようのないこの思いを、文章にしてみた
 担当者係長が察してくれた(借りは大きい)
 とりあえず、少し安心した
 

コメント