田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

タブレットで注文するの~?

2019-07-09 16:33:32 | 2人3脚チンタラ道中
6/25(火曜日) いつもの天下国家の会は、銀座通りにある店で。
カウンターで板さんと会話できる頃に行ったことはあるが、改装後は初めてだ。
ヒゲ夫婦は、車椅子で向かいます。
今日は、ヒゲ達が一番遅い到着でした。
車椅子を降りて、用意してある席に着きます。
ここの店はソファー席が広いから、体が不自由なヒゲにはとても有り難い。

ひとしきりお互いの挨拶が済み、まったりする時間が流れます。
暫く経っても、サービス係が誰も来ない。 (あれーっ?)
はは~ぁ、俺たちがあんまり柄が悪い(笑)から、ビビって近寄れないのか!?
コール・ベルは、何処だー?

すると、テーブルの端に、タブレットが置いてあるのに気づく。
何だ~ これは? 恐る恐る手に取ると、注文送信機らしい。
この時、みんなは理解します。
この店では、タブレットで全ての注文をしないといけないんだ。
ファミレス・回転寿司なら分かるが、和食店でセルフ注文が上手く運営出来るのか?
          
                ≪ 他店のタブレットです ≫

ヒゲには、初めての先端技術体験。
こんな時には、カァちゃんの好奇心が頼り。 (笑)
先ずは、ドリンクのメニューから開けてみる。
生ビールを二杯だが、数のチェックは何処?
ヒゲの米焼酎だが、お湯割の表示はどうするンだ?
こうして、手探りで飲み物の注文を送信しました。 あー、シンド。
しばらくすると、バイト風女性が飲み物を運んできます。
「 オオー 上手くいったようだ! 」

乾杯の後は、フードメニューの注文。
取り敢えず、目に付いた物から。 下足天ぷら・キュウリの叩き・ヤッコ ・・・
バイト風な女の子は、料理を置いたら、そそくさと席を離れます。
まるで、因縁付けらるのを避ける様に?  (笑)
ヒゲは、燗付け酒が欲しいけど ・・・ タブレットはどうなっているの?
日本酒は、めまいがする様な値段だが、しょうがない。
燗は、熱燗しか表示がない。
マウンテンさんが、 「 じゃあ、ぬる燗とか常温なんかは出来ないのかなぁ? 」
今度は、 「 お猪口は、何個要るか? 」 と、マシーンが問うて来た。
まぁ、なんて云うところまで気が利いているンでしょう!?
更に、カァちゃんが驚いたのは ・・・ 
会計をプッシュしたら、人数分の割り勘数まで表示された。

この合理化は理解出来るが、昔の田園の客には “総スカン” かも。
「 こんなシステムは、好かんスカン! 」 なんて言われながら。
やはり、“ネエちゃんをせぶらかし(冷やかし)ながら飲む酒” が美味いのだ。
「 この鯛は、何処で獲れたつかい? 」 
みたいな意地悪質問が、タブレット相手では出来ませんモン。
ハラスメント大好きな田園の客には、似合わないのです。 (笑)

タブレット相手ばかりで楽しめない飲み会でしたが、一回だけ大盛りあがりしました。
日本の極悪人 『 竹蔵 』 の名が出た時でした。
日本の若者に苦汁をなめさせた男が、反省する事なく、いけしゃあしゃあとして
マスコミに登場する。  恥知らずめー!
口先ばかりの銭ゲバ学者・タケゾウに、我慢ならん天下国家のメンバーで御座いました。
                     
        人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 見習いは、定時に帰る | トップ | 教習所奮闘記 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボケ防止 (batten)
2019-07-15 17:10:22
タブレットは言った言わない、注文の順番など店側には良いシステム、人は少なく住むし。
でも、面倒くさいし細かいニュアンスが伝わらない。

寿司なら煮穴子はツメを少なめ、鉄火は山葵多めとか・・・・
大衆酒場でさえ客と店員との会話がポイント。煮込みは葱多め、酎ハイは氷2個

脳と指先は連動してると言いますからタブレットはボケ防止に有効なのでしょう。
震える指で押そうとすると意識と違うところをプッシュ。
熱燗を飲みたいのに冷酒がきたバイとなるわけです。
水掛け論防止 (ヒゲ)
2019-07-16 14:43:36
なるほど、言うた言わないの水掛け論防止には、最高ですネ。

ウチの客みたいに、無意味に声を出してメニューを読む手合い。バイトが勘違いして注文すると、俺は言ってないと主張してご機嫌です。

そんなカスハラに対抗するにはタブレットが有効でしょうが。少し寂しい気もします。

コメントを投稿

2人3脚チンタラ道中」カテゴリの最新記事