田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

逆噴射だ~

2015-08-19 13:30:37 | 2人3脚チンタラ道中
しばらく前に放送された、フジテレビ系の再現風ドラマ。
昔を思い出す様に、ついつい引き込まれてしまった。
下手に人気役者のがん首揃えた、視聴率のウケ狙い豪華ドラマより、よっぽどオモロい。
   
74年に東京で起きた、三菱重工ビル爆破事件を取り上げたモノです。
ヒゲは京都での修業時代でしたので、事件があったと云うぐらいの記憶でした。
こんな凄い事件が、あの頃あったのか!
同時代を生きた者としては、知らないことが恥ずかしい。
        
浅間山荘事件が解決して、学生運動が終焉したかにみえた頃。
が、しかし、活動員は密かに地下に潜っていたのでした。
この “ 地下 ” と云う表現は、普通抽象的に使われますが、
この場合、文字通り地下を掘っての爆弾造りの地下作業場。
凄い!
        
ドキュメンタリー風に展開されるドラマが、イイ雰囲気を出している。
刑事達が尾行するシーンも、リアルなタッチで、当時の景色がうかがえた。
こうして、やっと逮捕に至った犯人グループ。
しかし例の、“ 人の命は地球より重い ” とか言う政治家の御尽力(?)で、
赤軍派も釈放されて、今に繋がっているのです。
   

もうひとつは、82年の日航機・羽田沖墜落事件。
当時は、「 逆噴射ダー 」 の流行り言葉が生まれ、
「 機長! 止めてください! 」 の名セリフの記憶が残る。
この時も、機長の精神病ぐらいしか情報を得ていなかった。
新聞での情報も、機長に関しては余り出てなかった様な気がする?
折しも、最近、スイスの山中で、パイロット自殺事故があったばかり。
同じ精神疾患の航空事故と云うことで、興味を引いた。
羽田沖の時は、副操縦士が狂ったパイロットを諌めたのに、
スイス山中では、狂った副操縦士がパイロットを締め出してしまった。
精神疾患の片桐機長役の再現映像が、なかなかリアルでイイ。
こんな恐ろしい精神状態のパイロットに、命の操縦桿を託すしかない空の旅。
お客さんするのも、楽じゃあないか?
                             
ちょうど、個人的には仕事に忙殺されてた時代の出来事。
こういう風に、再現シーンで見せて貰えると、「 そうか!こんな事もあったんだ。 」 と
理解出来る。
昭和の時代も、いろいろな事件が起きたのだなぁ。

     人気ブログランキングへ 
   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 阿佐田哲也を求む | トップ | ヒゲの阿部サダ事件 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2人3脚チンタラ道中」カテゴリの最新記事