田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

ヒゲの阿部サダ事件

2015-08-21 13:17:29 | ヒゲの毒舌
出たぁ~!
やはり、真夏は猟奇事件が良く似合う。 
最初は、よく分からない事件だった。
しかし、ネットで少しづつ情報が入ると、久しぶりの戦慄な事件。
平成の男版、阿部サダか?
                     
昭和オヤジのヒゲ達が思い出すのは、怖い女の阿部定です。
平成の人気者、阿部サダヲではありません。 
                        
心中情死と云う大正ロマンあふれる言葉。
生き残った女性サダさんが、相手のチンコを切り取って、大事に懐に収めて逃亡する。
なんて、情念的な展開だったのでしょうか。

コレに比べ、平成の阿部サダ事件のお粗末さ。
トイレに流されたチンコも浮かばれない。 (笑)
第一、男がオトコのチンコを切り取るなんて、気色が悪い。
それに、ボクサーが素手でケンカに及ぶだけでもルール違反じゃあないか。
刑法入門には、ボクサーや空手家の手は凶器とされる事もあると。
弁護士なら知っているハズ。
しかも、枝切りハサミまで用意して、自分だけ闘いの準備してサ。
これじゃあ、相手にも日本刀ぐらい用意させないと、阿部サダ男としては卑怯に思えるが。
そんなこんなで、ボクサー小番は相手のチンを殴りKO(慶応?)、そしてチンコをチョン斬りに。
それにしても、ローブロウでもしゃがみ込む程痛いのに、切り取る時は想像を絶するくらいか!?

99年の夏、近くの藤崎台球場では、高校野球の歓声が響き渡ってました。
ちょうどその頃、国立病院のヒゲに、嫌でも阿部サダ事件を想像するようなことが ・・・ !!
何時もの導尿の時、ナースが異常に気づきます。
ヒゲのチンコが変??
感染症が起きていたのでした。
チンコは、エレファントマン状態に膨れ上がってました。
直ぐに、泌尿器科のドクターが呼ばれて治療に掛かります。
絞り上げられる時は、ローブロウ状態。  「 ヒエッ! 」
猛烈な痛みなのに、なかなか治療は、はかどりません。
コレはもう、壊疽を起こして、切断するしかないのか。
長引く治療に、チンコ斬り落としも覚悟する日々。
しょうがない、ペンネーム・ヒゲ遷として、自分の“史記”でも描いて余生を生きるのか?
そんなあきらめが出始めた頃、奇病は少しづつ治っていったのです。
但し、治療後の今でも、チンコが捻じ曲がったままなのは、まあ仕方ないか。 (笑)

さて、この「玉切れ、玉切れ!」の阿部サダ男くんに、是非ボクシングを闘って欲しい兄弟がいる。
「玉打て、玉打て!」の反則ボクサー・亀田兄弟です。
                        
お互いに、ローブロー・チンコ打ちに関しては、因縁の持ち主。
ルールは、もちろんなんでもアリ。
ローブロー・チャンピオンシップは、どちらに軍配が上がるでしょうか? 

     人気ブログランキングへ 
   http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 逆噴射だ~ | トップ | チャンポン食べたか~バンド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヒゲの毒舌」カテゴリの最新記事