田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

見習いは、定時に帰る

2019-07-08 16:19:52 | ヒゲの毒舌
ここは、某ホテルの厨房。
見なれているハズの光景ですが、なんかちょっと違うンです。
変なんです。
せっかくですから、その妙な箇所を示します。

ヒゲの時代、大半の調理場で、見習い達がコマネズミみたいに動きまわっていました。
コマネズミとは、ほら、ウインブルドンや仏・オープン等で、テニスのボールボーイが
ボール回収で走り回っているような光景。
               
ヒゲ達コマネズミが野菜をいじっていると、ゲキが飛んできます。
谷さん 「 ナニしてんの~? はよ、しいやー! 」
いつも、この決まり文句なんで、耳にタコです。 (笑)

しかし、ここの調理場では、コマネズミみたいに働いているのは先輩方や親方です!?
では、ちょっと集音機を近づけて会話を聴いてみましょう。

先輩A 「 見習いくん達、そろそろ出来るかね? もう随分時間がかかっているヨ。 」
見習1 「 あれ~? 先輩。 それってパワハラですヨ!
      ネットでブラックの噂が立ったら、店やばくないっすか~?  」
暫くして ・・・
先輩B  「 それが済んだら、次はこの海老を、フライ用に準備しよう。 」
見習1 「 ええ~ マジっすか? 
      そんなもん業者に注文して“腰おりエビ”を買った方が、生産性が高いですヨ。
     『業績は維持しろ!残業はさせるな!』 と、上からやかましく言われているでしょう。 」
見習2 「 兄ッきー、エビの皮で指がかゆいッす。
      背わたが、ちょーキモいす。 僕ら、こんなの触りたくないですヨ。
      ベトナム人にさせましょう。 」

“ 定時 ” になりましたから、見習い達は帰る仕度で忙しそうです。
見習達 「 では、先輩・親方、オッ先きー! あがりま〜す。 」
親方  「 お前たち、自分で使った包丁ぐらい研いで行かんかい? 」
見習1 「 あっ、それ、絶対ムリムリ。
      僕らは、料理をしに来たのであって、包丁研ぎに来たのではありません。
      特に、今日はデイトですから、残業はおことわり。
      第一、僕ら残業すると、労基(ろうき)が出て来て、こんにちは~🎶になりますよ。
      皆さんの管理能力が問われて、困るんじゃないですか~。
      残業時間の心配がない親方や先輩方で、包丁は研いどいてくださいネ。 」
                    
残された親方と先輩達が、包丁研ぎながら会話してます。
先輩 「 わたしらの頃なら、『お前、荷物まとめて国に帰れ!』 と言われてますね。 」
親方 「 遅くなると、今日も又もや、山ノ神から嫌味言われるかな~?
      昔の親方達は、恵まれていたよナ~。
      遅~く来て、ちょいと仕事して早くあがる。
      俺たちは、貧乏くじを引いた世代だな? ハハハハー
      日本の飲食業も、先がないな ・・・ 」
                        
                      ≪ 兄貴分たちは、こういう事もします ≫

コレは、TBSの人気番組 『 わたし、定時に帰ります 』 に、インスパイアされた
架空の料理屋残酷物語です。
登場人物は、実在の者たちかもしれませんよ? (笑)

        人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 愛の食用花🎶 | トップ | タブレットで注文するの~? »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
噂をすれば? (ヒゲ)
2019-07-09 18:10:08
このブログを投稿して間もなくのことです。
京都 祇園花見小路で火事のニュースが飛び込みます。何と ここに登場の谷さんの店の近く。

暫く経って、火元はあの千花さんらしいと。またかいな?ここの当たり湯葉を学んだ者としては複雑な気持ち。
ところで、谷さん処は大丈夫だろうか?
1/10でと悟りました。 (batten)
2019-07-15 18:18:58
昔は若いのをしごいて残ったら良いかな。

チョイ前は若いのは大切に教えて可愛がって、でも仕事はハードだが残ったら御の字。

今はヤングが本社に出す上司考課表に怯えながら、優しく教えて定時に返して残ったら1段階OK
それから仕事を覚えさせて職場に忠誠心を持ち出したら2段階突破。
責任与えて少しづつしごいて気付いたら3~5年、残るのは一握りでも大丈夫な連中。

先日行った我が社のグループ内での料理コンテスト。
若手の和食料理人で、お題は「冬瓜と真薯の御碗」と「夏の前菜盛り」でしたが
3位・4位.・5位が女性でしたから吃驚で、8位だった京都の子も女性で鱧を下ろして頑張ってました。

辻調の和食部門も半数は外国人の現在。
近い将来は女性と外国人に頼る飲食業だと考えます。

まさかオヤジ殿は女は調理人に向かないって考えじゃ???
スイス人寿司職人 (ヒゲ)
2019-07-15 20:06:45
バッテンさんからお聞きした情報を集めて、膨らませて描いた物語です、笑。

コメントを頂いた丁度その時でした。TBSのTVでは、スイス人が日本の寿司の職人になったストーリーが紹介されています。
辻さん処も、外国人が半分と言うのも、なるほど、うなずけます。

そう云えば、水前寺のA寿司屋の娘さん処も長く行ってない、💦
直ぐ近くの後輩の女性板前の店にもご無沙汰。ヘタな男の職人より良い仕事を丁寧にやってくれるかもしれませんネ。

まあ、それにしても上司考課表なんて?“怯える”の日本語がピッタリですネ。ブログに登場するT先生も、生徒からの人気評価表に苦笑い。むつかしい時代ですワ。

コメントを投稿

ヒゲの毒舌」カテゴリの最新記事