田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

昭和のカンカン娘

2019-09-22 20:33:02 | ヒゲの毒舌
9/13 (金曜日)  再び、朋が遠来から訪ねて来てくれた。
再訪のM君と、前回は所用で来れなかったN君の二人だ。
夕食は外食することになって、和食店に出向いたのだが、色々あって面白かった。
先ずは、馬刺しと辛子蓮根を頼んで、熊本を味わってもらうことに。
そしてヒゲは、返す刀で熊本の地酒も注文した。

ヒゲ  「 で、お酒は、霊山(れいざん:熊本の有名な地酒)の燗付けを二合ね。 」
と、その瞬間 ・・・ 担当のバイトの若い女性が固まった!
    「 か、か、かん??  にご、にご? 」
育ちの良さそうな、その日本人の娘は、当惑したような顔で奥に逃げて行ってしまった。
                  
暫く経って、霊山・粋撰の一升瓶を抱えて戻ってきた。
ヒゲ  「 うんうん、コレこれ。 
       この冷たいのを、温めて飲むのを、 “ 燗付け ” ってえ言うのよ。
       で、一合と言うのは量の単位で、だいたい180ccね。
       だから、二合は、温めた日本酒180ccのお銚子を二本という事。 」
                 
こうして、燗付け酒の注文に絡んで、昭和と平成の交流があったのでした。
昭和のオジさんは、懐かしい昔話にどっぷりはまって、久しぶりにベロンベロンでした。
               
               【 同志社チェス同好会・発足時のメンバー 】

飲みながら思ったのが、今の熊本市での燗付けの酒文化のことです。
昭和の時代、飲み会と云うと、日本酒の燗付けに決まってました。
勿論、お酌をしながらの盃のやり取りは付き物です。
焼酎が、宴会に顔を利かせるようになったのは、昭和も後の方です。
自宅での飲み会も度々で、その家の娘達が燗付け係りするのが当たり前。
だから、昭和の女子は、燗付け作業なんて手馴れたモンでした。

そして時は流れ、今や熊本市内の飲食店でさえ、燗付け文化が消え去ろうとしています。
もし、昔の田園が現在にタイムスリップするとしたら ・・・・ 
ヒゲは、看板に次のコピーを追加するでしょう。

         ≪  日本酒の燗付けあります!  ≫
      ≪  熱燗も出来る店 『 田園 』 へようこそ  ≫
  ≪ 昭和の燗が懐かしい貴方へ  昭和の娘がお燗してお待ちしております  ≫
      ≪  カウンターでは、唄も出ます   ≫
            あの~子 ♫ カワイや  🎶 燗カン娘~  🎶
                エプロン着けて  とっくり持~って 🎶 
                   これが~ 肥後の 燗かんむすめ~ 



                         
皆さん、どのキャッチ コピーなら、立ち寄る気分になれますか~ ?? (笑)

       人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 食べるまでも無い | トップ | ハモ物語~あぶり② »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カンバン娘 (batten)
2019-09-22 23:12:21
昭和の結婚式ではテーブル上に酒盃が置いてありましたが、いつの間にか・・・・・・
酒燗器は一升瓶2本セット出来ますが、昔は間に合わなくて薬缶に入れて直火で・・・・・
父親が貧乏人の酒と蔑んでた焼酎が今は人気ですし、私も東京の大衆酒場やモツ焼では飲んでいます。

最近はコンビニが中国などの外国人ばかり。煙草を求めても愛嬌が無い子が多すぎ。
あの子をペットにしたくって♪と小銭を落としていた煙草屋のカンバン娘は先輩の奥さんになりました。

レンジでチンの味気ない令和の燗酒。
探せば残っているし昭和では当たり前田のクラッカーだったのが『お燗番』
娘とは決して言えないオバサマでしたが、銅壷の前で熱燗やぬる感など捌いていたのはカンバン・燗番娘。

能書きたれてる日本酒バーなんか最低です。
新屋敷の酒代高すぎ和食屋がミシュランの★★だそうで、2回食事した私は他にもあるだろー熊本と言いたいです。

二級酒愛好会 (看板ジジイ)
2019-09-23 18:38:38
まあ懐かしい逆さ!酒燗機。
私が熊本で見たのは、逆さクラゲ?近くの養老の滝さんです。
もう、このマシーンもレジェンドでしょう。

やかんでの直燗付けなんて昔の光景?ヤおいカン技術でした。
当時は三増酒ばかりのおろよか日本酒なのに、
それでも明日の日本を信じて、よくガバ飲みしたものでした。

写真は田園の看板ムスメ。
当時の燗番娘は、お銚子の底に指を当てていました。現代の燗番娘は、お銚子の上を凝視します。
突き刺した温度計を見詰める為です。
そんな工具なんぞ見ないで、せめて客の顔を見詰めてヨ!
なんてお調子者は希望するのでした?笑。

コメントを投稿

ヒゲの毒舌」カテゴリの最新記事