田園酔狂曲

二人三脚で気ままに過ごす日々

デモを知らない子ども達さ♪

2022-06-23 19:27:52 | ヒゲの毒舌
いやあ〜めで鯛!
今日は参院選での岸田自民党の楽勝前祝い話しです。 (笑)
【 所得倍増計画 】  何や昔聞いたような気がする?
            コレが、新しい資本主義かいな。
【 一億総株主社会 】 何や、昔むかし、トージョも言ってたで〜
             「 一億総玉砕社会 」 なんて。
まぁ、こんな取って付けたみたいなフレーズで、ごまかされる国民も、
情け無いとこだが。
選択の余地なしの、低投票・無風選挙だから、仕方ないか?。
         

最近、YouTubeで見つけた昔の曲が印象的。
松任谷由実さんの、《 「いちご白書」をもう一度 》 だ。
バンバンのは、ややラブソング的な色合いがあるが、由美さんのはまるで違う。
反戦ソング的な熱さを含んでいる。
バックの打楽器奏のソバージュな響きが、雰囲気を盛っています。
       
演奏が写される中、60年後半の映像が流れている。
東大紛争を背景に、国民がデモ行進をジグザグに演っている光景。
   
                        
     《 ジグザク行進は1969年の別もの・朝日新聞より 》 

そしてラストに、星条旗のヘリコプターが這う這うの体で、尻尾巻いて
逃げ去って行く姿が印象的でした。
               

もう今どきの、玉を抜かれた有権者は知るよしもないだろう。
60年代の日本人は、悪政には辛抱しなかった。
怒りの赤ヘルかぶって角棒担いで、議事堂に向かう。
そして、ジグザグのデモ行進したもんだ。
「 なにいい~ 💢 デモの仕方がわからない? 」
先ずは、1959年版・映画ベンハーの後半のクライマックスを観てみろ。
4頭立ての戦車群が、レース前に“お披露目”で競技場をゆっくり周回するシーン。
楕円形コースのコーナーの内側に居る馬さんは、軽く足ぶみして待っている。
外側の馬さんは、それなりのステップで進む。
これで内周と外周との距離差を無くして、内外のバランスを保つているんだ!
デモ隊も、内周りする者と外側を周る者と、交互に役割を代えて進行したモンだ。
悪政に我慢ならない日本国民が居た、古き良き時代の話ですが!?
            
     人気ブログランキングへ 
         ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 辺境ノ地 | トップ | 末は物理学者か?総理大臣か? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ヒゲの毒舌」カテゴリの最新記事