田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

波乱なボンボヤージュ

2019-10-30 18:47:47 | 2人3脚チンタラ道中
10/22(火曜日) 晩酌しながら、TVの天気予報を確認する。
クルーズにとって天敵(!)の “ 台風 ” の動きを見る為です。
すると21号は、どうやら関東方面に向かうみたい。
千葉県や東北地方の方には気の毒だが、ヒゲ夫婦のクルーズに影響はなさそうだ。

10/23(水曜日)午前9時、よそ行きのオベベに着替えたヒゲ。
その膝に、猫マールが当たり前みたいに乗りに来た。
毛が付くのを避けたいヒゲは、慌ててダメ出し。
ちょっぴり悲しそうな顔のマールだったが、直ぐに理解してくれた。
 「 あたい達、又! 捨て置かれてお留守番なのね!? 」  

               ≪ 去年、帰宅時の玄関での写真 ≫

お迎えのタクシーに乗って、熊本港へと向かう。
去年と同じ運転手さんなのがウケる。 きっと、旅行社の配慮なんだろう。 
道すがらの景色を眺めるのも、楽しめてイイねぇ~!!
やがて金峰山が見え、海が近い事が分かる。
岸壁に大きな巨体が現れて、スタッフが車椅子を用意して待っていた。

今年は、1Fの入り口から案内されて6Fに向かう。
部屋に入る前に、去年と同じ場所で記念撮影。
         
慣れ親しんだ通路を通り、スイートルームに入って、ホッとする。
バトラーさんも、一人は去年と同じ方だ。
お互いに勝手知ったる云々で、直ぐにウェルカム・シャンパンの用意がされて、
ボンボヤージュの気分が盛り上がる。
      
              
ゆっくりシャンパンを楽しむヒゲの横で、カァちゃんは何やら取り出し始めた。
そう、シャンパン・ストッパーです。
フルボトルで出されるとは思ってもいなかった去年、飲み残し対策に困ったのでした。
サランラップと輪ゴムで、何とか凌いだカァちゃんは、新製品を用意していました。
ストッパーは大した物で、3日目も美味しく飲めました。  
                   
そうしてる内に、離岸の時間に。
今年は、右舷すなわちヒゲ夫婦の部屋が接岸側。
ヒゲ達はデッキのチェアーに座り、出港セレモニーを見ることにしました。
部屋のTVモニターにも映し出されていますが、やはり潮風にあたりながらですね。
階下では、カクテルグラスを持った乗客がずらりとデッキに並んでいます。
やがて銅羅の音を合図に、カラーテープが放り投げられて雰囲気をかもす。 イイねぇ~!
      
すると、船側の海面が波打ってきた。
これが、最近の船に設置されてるサイドのスクリューか?
まあ、便利なモンやな。 おかげで、スムーズな離岸開始。
                     
大太鼓が叩かれ、笛や太鼓の祭り囃子。
ヒゲ達も一緒になって、手を振りながら一体感を味わう。
まるで、スクリーンを眺めている様なシーンです。

    人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 盤上のヒマワリ | トップ | 差別主義者の設計~都立水商 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2人3脚チンタラ道中」カテゴリの最新記事