田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

サイドカーのお次は?

2020-02-05 17:47:36 | よもやま話・酒編
羊の網焼き屋を出たヒゲ夫婦。 (2019.12.13の続編)
やっと轟音から解放されて、耳鳴りが収まり始めると、酔いが覚めた。
すると?、このまま帰るのはもったいないモードに! (笑)
ヒゲは、帰り道にある “ バー ” を、指差しました。
代継橋の手前にあるその店は、車椅子でもスムーズに入れるのがイイ。
         
顔を見知ってる店主が迎えてくれます。
いつもは、成り行きで注文するヒゲですが、今日の最初のオーダーは決まってます。
  「 マスター、 俺は “ サイドカー ”  を 」
                  
カァちゃんは、すぐにピンときました。 
前日に、新天皇陛下の即位祝賀パレードがあったからです。
パレードに並走していたのが “ サイドカー ” 。
       
戦争オタクのヒゲには、ナチス・ドイツ軍のイメージがあります。
           
最初の記憶は、映画 『 大脱走 』 からでしょう。
逃走するステーブ・マックイーンを追跡する車輌。
            
久しぶりのサイドカーを愉しんで、さてもう一杯。
ヒゲは、「 ねえ、 ここに、熊本ジンは在る? 」 と尋ねる。
     ≪球磨焼酎の蔵元製・クラフトジン≫

まだないと言うから、じゃあ何にしよう ・・・ ?
耳切りゴッホの時代の “ アブサン ”  は、製造中止になっている。
で、危険(?)成分を調整した現在のアブサンを頂くことに。
               
氷に注いだアブサンが、次第に白濁していくのを見ていると、
全日本学生チェス選手権の第4ラウンドの記憶がよみがえります。
前夜の歓迎会で、しこたまアブサンを頂いたヒゲ。
翌朝の対局では、ゴッホ&モディリアーニ状態。
つまり、やや錯乱気味(?)でボードに臨むことになってしまった。 (笑)
          
当然の惨敗!
しかし、6-0で勝つよりも、5-1の逆転優勝の方が味があるじゃん?
なるほど、敗局は汚点に違いないが、考えようでは最高の勲章だったかもしれない。
古い映画で例えると、早乙女主水之介の天下御免の向こう傷か? 「ワッハハハー」
その後のヒゲに降りかかる、波乱万丈の山あり谷ありの人生。
そんな先行きを暗示する様な、トーナメントの展開でした。
振り返れば、苦しかったけど逆転の人生の方がヒゲらしいかも!? (苦笑)
アブサンの香りを嗅ぎながら、そんな事を思うのでした。

       人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 恐怖のトランポリン | トップ | どないなっとるネン? »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
棋譜並べ (水野優)
2020-02-06 09:07:45
 棋譜並べて見ました。タリ譲りのゼーミッシュ変化!なのに途中からポーン取りに走ってしまいましたね。
 21 Kd2が、クイーンがd2にいて不可能手になっています。21 Ke2なら21...Qf2+とされたでしょうし。後に24 Qg5+があるからクイーンの動きは間違っていないようです。古い棋譜って再現不能になりがちですよね。
棋譜再現 (ヒゲ)
2020-02-06 14:54:10
ありがとうございます。調べると誤記がゴロゴロ!笑。
21 Kd2 はKd1の誤り。
26 …B e6 はB d6の誤りです。

なにしろアブサン状態で、目の前の相手だけでなく、自身の中の悪寒も敵でした、(⌒-⌒; )。
棋譜付けも錯乱しながらで、まあ誤記するのは避けられない?

だいたい打ち上げをトーナメント途中でするのがけしからん?笑。

コメントを投稿

よもやま話・酒編」カテゴリの最新記事