田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

お酌物語②

2020-02-03 14:39:59 | 田園ものがたり
さぁて、ヒゲが推奨する差しつ差されつの飲みニュケーション。
もう死語になりつつある現状を憂えていると書きました。
今日は、楽しむ中にも避けるべきシーンが幾つかありますが、そのひとつを。
           
相手から貰った盃を飲み干して、相手に返盃する!
相手に渡して、いざ酒をお酌する時に、お銚子が空(カラ)になっている!
これは、絶対マズいですよね。
うろたえて、サービス係に酒を注文します。
だが、燗付け酒が来るまで、2人は空の盃とカラのお銚子を握ったまま。
その時間の長く感じられる事と言ったら、この上なし。
しらけ鳥が飛んで行くとは、こんな気まずい間(!)を言うんでしょうね。 汗💦
                    
田園2Fの小上がり・雪の席。
K閑ちゃん達四名が、やったりとったりで楽しい飲み方をしています。
そうして、K閑ちゃんが返盃して お酌をしようとしますが、お銚子は空です。
あわてて、空のお銚子を中空に挙げようと(お替りの合図)した、その時!
カウンターからバイトの子が、ニコニコしながら近づいて行きます。
手にはお盆が!!
                  
なんと、盆の上には酒燗器から出されたばかりの熱燗が二本。
なんという素敵な ♬ テカテカテカテカ タイミング ♬
 「 オーッ、ちょうど良かった! 
    酒が欲しかったつたい! バッテン、なんで分かったつね? 」
 「 ハイ。マスターが、『 もう酒が無くなるから持って行って 』 と。 」
 「 ねえ~、ちょっとマスターに、来てもらいたいんだけどね? 」

 「 マスター! なんで、酒が無いって分かったの? 」
 「 ハイ、お銚子の傾き加減を注意して見ていましたので。
   だいたい空になるタイミングが分かるんですよ。 」
                     
 「 マスター、一緒に飲みましょうよ!
      浪さ~ん、お酒 もう三本ねぇ~ 」
たちまち、K閑ちゃんは、田園の奴隷と言いますか?、虜になったのです。(笑)
ダンディな一面も持ち合わせた彼は、スタッフからも慕われました。
 「 〇〇ちゃぁ~ん 」 と呼ばれながら。

そして昨年末、新聞を読んでいたカァちゃんが悲鳴をあげました。
ヒゲと同じ歳のK閑ちゃんの訃報が載っていたからです。
ここ数年の間に、親しくしてもらった仲間達が、ヒゲを差し置いて
どんどん先に逝ってしまいました。
ヒゲが倒れた時、励まして元気づけてくれた人達との別れは寂しいものです。
彼らの分まで酒を飲む為には、もっと長生きしなければ。 

       人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 冬瓜は遠か~② | トップ | 恐怖のトランポリン »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
センス (batten)
2020-02-04 13:49:01
飲食業の世界で大切なのは感・勘どころだと思います
どこかのサイトで見ましたが、出来る職人は1~4までが読めるんですよね。

1 「直感」や「勘」を表す基本的な英単語
1.1 「hunch」は証拠に基づかない考え
1.2 「intuition」は直感で理解する能力
1.3 「instinct」は生まれつき持っている本能
1.4 「premonition」は悪いことが起きる予感

調理場でもアレが欲しいときに用意してある、アレは大丈夫か?と思う時にフォローしてあったりと・・・・

ホテルのOB会や同窓会で世話になった方や元同僚が鬼籍に入るようになりました。
夢と仕事と女を語り合った頃が懐かしく思います。

仕事も生き方もセンス良く老いたいと思うのですが難しい時代なのかもしれませんね。
団扇で扇ぐ (ヒゲ)
2020-02-05 13:16:49
ひょっとしたら、今の日本の料理界。
特に若い世代の男の子は、気が効くというエリアでは、
とても女性に勝てないのではと。
何気にフォローアップする気配りは男の子では無理かも?

せいぜい“感ピューター”を鍛えて勘どころを押さえて、
燗付けぐらい上手になって欲しいと願う閑人です、笑。

コメントを投稿

田園ものがたり」カテゴリの最新記事