田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

救世主②

2019-10-16 12:46:45 | 田園ものがたり
さて、店の水槽に入れた真コチは、極めて元気です。
ヒゲの所の水槽は、普通の店が使うガラス水槽ではありません。
子供達用の庭で使うビニールプールです。
それを、見えない厨房裏に置いていました。
たーだ、エアポンプだけの設備。
     
まぁ、金もないので、こんなモノでしたが、どっこいコレが大当たり! (笑)
頑丈なガラス製の水槽だと、活きたコチは動きすぎて、直ぐに下アゴをぶつけて怪我し、
弱り始めます。
ところが、ぶつける相手がビニールなら怪我する心配がありません。
怪我をしないので、長く活かせることになります。

ところで、ガソリン代を使って多くの時間も浪費し、わざわざ活き魚を求めて、
天草まで仕入れに行く理由とは?
            
熊本市内で、活け締めの白身を購入した方が合理的じゃあないか?
ごもっともで御座います。 が、当時、そうも出来ない訳がありました。
               
客が、ほとんど来ないからです! 😢
毎日が、 ぼうず(ゼロ)を避けるので精いっぱい。 (笑)
そんな店の状態だから、あらかじめ来客数を見越して(!?)、段取りよく活け締め白身を
準備して置くなんて、バクチに等しい。

そんな一日しか価値が続かない活け締め白身より、活かし易い真コチと生命力が強いニシ貝で、
2~3日の刺し身物をしのぐ事にしたのです。
まぁ、窮余の一策と云ったところ。
                   
しかし、そんな苦しまぎれの方法が、次第に暇で仕方なかった店の大きな反撃の
のろしになるから、人生は何が起こるかわからないですネ。
問題は、ヒゲの “ ワンオペ ” で、客が来てからのコチ料理が間に合うのかでした。

     人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント   この記事についてブログを書く
« お別れ | トップ | とつけむにゃあ~こつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田園ものがたり」カテゴリの最新記事