田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

ゴリさんへ

2009-05-20 20:38:33 | ヒゲの毒舌
ゴリさんの昇進祝い&関アジ入れ喰い祝いに、思い出話を ・・・

田園でも昔、こんな事がありました。
  「 マスター、この間の厄入り (12/21のブログ) は、お世話になりました。
    バッテン、よか目に合うたつはマスターばかりタイ。 」 と、K納ちゃん。
  「 スイマセンねぇー (笑) 」
  「 所でたい、明日は関サバ釣りに行くバッテン、一緒に行くね? 」
  「 もち論、行きまっせ! 」
  「 今日は、あまり長~う飲まれんねェ (笑)」


次の日は早く出て、途中でエサを仕入れ、大分・佐賀の関へ。
ヒゲは、ビールと包丁を用意して ・・・ 港に着くと、大シケです。
  K納 「 マスターは、大丈夫ね? (船酔いは) 」
  ヒゲ 「 酒でも酔っぱらワンとに、船で酔うもんですか (笑)」

 取り敢えず出てみようと、ヒゲ達を含め10艘ほど出航しました。

外海に出ると、4mの大シケ。 まるでエレベーターで1F~2Fの行ったり来たり。
10分もすると、7人の同船仲間はゲェーゲェーの始まりです。
やがて、まわりの船は諦めて、全部帰港し始めました。
船頭が 「 どうするね? 戻る? 」
全く船酔いなしのヒゲとK納 「 もち論、やりまっせ! 進んで下さい。 ワッハッハー 」

ポイントに着きました。 回りには、もう釣り船は全くいません。
「 始めましょう! 」 しかし、大シケで、仕掛けを投入するのも大変。
ややあって、ヒゲのに当たりが来ます。
いつもの事ですが、最初の当たりは、何故かヒゲなんです。 ホンマでっせ。
釣果にこだわらないヒゲは、もうこれで充分です。
早速、料理をしようと、仲間を見に行ったら、船室はもう野戦病院状態で、
7人皆様横たわっておられます。
                     
とても、「 ビールで、関サバ刺しをどうですか? 」 等とは、言えませんでした。

諦めて、釣りを再開します。
K納ちゃんも、人が変わった様(?)に釣りに打ち込んでいます。
関サバはガバガバ入れ喰い、時折、関アジもヒットします。
釣る者は3人 (もう一人、元気なH田さんがいたのです。) ですが、
釣果はそこそこにあり、帰港することに ・・・

港に近づくと、波もおさまり始めました。
船室の傷病兵(?)も、少しずつ立てるようになりました。
ヒゲは、いそいそと関サバとアジを活き造りに仕立てます。
用意のビールで、小宴会!
イケス屋が、活かして熊本に持って来る関サバより、はるかに美味しいものでした。

打ち上げも終わり、釣果を皆で分け合いました。
船頭さんが、ヒゲとK納氏に
  「 あた達、根性者ねぇ。  あのシケでどうもなかっだけんね。 (驚) 」
K納  「 あんくらい、いつも田園で飲んで鍛えとっとだけん!? (爆) 」

                        
昨日の話 ・・・
海王丸で、ゴリさんのカウンター仲間のT先生と飲みました。
的矢の岩カキを頂いて、さらに痛飲。
ヒゲ 「 今日は、酔いどれ和ヤンが来んから、上品で良かですね? (大笑)」
TV に巨人が3-0からひっくり返された画面 ・・・ 又、酒がすすむ。
しまった! ゴリさんの悪口話を、忘れてしもうた! (笑)



コメント   この記事についてブログを書く
« あの日から10年 | トップ | 鳩ポッポとの対決 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヒゲの毒舌」カテゴリの最新記事