田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

天ぷらへの誘い~唐揚げ

2019-11-09 17:54:22 | よもやま話・料理編
ヒゲが、小学生の頃だったでしょうか?
仕事が多忙で、滅多に料理しなかった母が、鶏の唐揚げを作ってくれた事がありました。
たぶん(?)、誰かから教えて貰った料理でしょう。
『 スットントン 』 と云う、不思議なネーミングでした。
運動会とか遠足の時以外は、殆んど食べる機会はありませんでしたが。
妙に、記憶に残っているのです。

鳥もも肉を用意して、先ず皮を剥ぎます。
上身を少し小さめの拍子木状に切り、醤油・酒・降ろしニンニク・砂糖少し。
それに、降ろし生姜も入っていたような味の記憶があります。
小麦粉をつなぎに、丸に取って揚げるのです。
卵も使っていたのではないでしょうか?
『 すっとんとん 』 と云う、素っ頓狂なネーミングが笑わせます。
“ すっとんとん節 ” なんて歌もあるようですが ・・・ 。

最近カァちゃんが買って来たデパ地下弁当に、この唐揚げが入っていたので、
妙に懐かしい気がして、話題にしました。
歯の弱った高齢者ヒゲでも食べられる工夫が嬉しい料理です。
写真は、最近のネット上での借り物です。
      
            
カァちゃんの記憶では、母が作ったすっとんとんは、牛肉を小さく切って
玉ねぎを混ぜ込んであったそうだ。
孫の運動会・遠足の弁当も、一生懸命作っていたからなぁ~!
写真は、娘の六年生の時。 この弁当にも、入ったいたかもしれない!?
この頃までは、酒・ビールは付き物でしたがねぇ~

    

   人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« クルーズ珍道中~昼飲み | トップ | 差別主義者の設計③~効率 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最先端 (batten)
2019-11-14 22:20:56
もしかしたら、御母堂の唐揚は最先端に近い料理だったかもです。

世界中で一番食べられてるカラアゲがナゲットなるもの。
様々な(食肉では流通しない筋肉なども)を刻んで繋ぎいれて揚げたナゲット。
廃棄ロスを削減し、柔らかく子供老人にも食べられますから。

最近は流通価格がK470円くらいの冷凍唐揚がありますが
成分表を見ると正肉の比率が70%で、あとは大豆蛋白と繋ぎの玉子や粉でした。
それでもランチバイキングなどのホテルで大人気ですね。
すっとんとん音頭 (ヒゲ)
2019-11-15 17:08:26
なるほどですね、ガッテンしました。
素っ頓狂なネーミングは
最初、財布がすってんてんに成るからと?笑。
battenさんと嬶の説明で、どうやら出刃で、
肉をトントンと刃叩きするからと思いはじめました。これなら端肉、クズ肉も関係なく一品に仕上がる
訳ですね。エコで、柔らかいばあちゃんの
唐揚げを、ぜひ孫達に伝えたいものです。

コメントを投稿

よもやま話・料理編」カテゴリの最新記事