田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

冬瓜は、遠か~(とおが)?

2019-12-14 16:06:31 | よもやま話・料理編
最初に言っておきたいのが、冬瓜料理は手が届かない様な遠い料理ではありません。
料亭的な “ こだわり ” をなくせば、以外とイージーな食材かも。
気づいたのは、町中華で気楽に冬瓜を使ってあった事からです。
          
       ≪ ブログのタイトルが、しっくり来ない方もあるでしょうね? ≫
        熊本で、冬瓜(とうがん)の事を「とうが」と言う地域があります。 
          それを無理に、ヒゲオヤジがギャグったものです。 (笑)

そうや!
こだわらずに使えば、結構美味しく食べれるじゃん。
ちょい厚めの短冊型に切って、固茹ですればOK。
料理する内に、直ぐ軟らかくなりますから、下茹では硬めにを心がけて!
もしくは、そんな下茹でみたいな手間掛けんと、いきなり炒めても案外いける。
芯が少し残っていても、それはそれで冬瓜が味わえる。
皮はこさいでもカマへんから、先ずは試してみる。
           
或いは、好みの形に切り出して、固ゆでした物を味噌汁にしてみる。
出来れば、赤だしがイイかも。 
まぁ、難しく考えんと、変な壁を作らずに試してみる。
こういう経験が、案外!冬瓜と云う不気味な野菜が、身近になるかもしれません。
           
さぁて、冬瓜の一般的な献立と云えば、予め煮込んである冬瓜を熱々に温めて、
鶏肉のそぼろ餡を掛けるような感じでしょうか。
つまり、冬瓜のイメージは、温かい料理ですネ。
勿論、ヒゲも否定するものではありませんが ・・・ 。
There is no rule but has some exceptions.
何でも例外はあるものです。
ひと昔前の料理屋。    
飲み物の傾向は、ビールで潤した後は燗付け酒でした。
もちろん、夏場でも熱燗を通す方も多かったようで。
中には、ヒゲみたいな大酒飲みで、あおる様に飲む方々も!? (笑)
そんな方に、やれ、 天ぷら ~ 焼き物 ~ 次は煮物となると、
熱燗との相乗効果で、口・喉が少し焼ける感じがするハズ。
そんな時、煮物の冬瓜を1/4サイズにカットした物をキンキンに冷やします。
その小さい冬瓜を三個ほど提供したら、大酒飲みは舌がリフレッシュされて大喜び。
やけた舌がリセットされて、再び燗つけ酒がすすむ。
もう、今や滅多に見られぬ光景になりましたが。
                
~~~ 写真は、工夫された冬瓜料理色々。 カァちゃんも試したいと! ~~~      
     人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 羊とコップ酒② | トップ | 悪夢 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
息つき (batten)
2019-12-15 17:03:52
記事内容とは異なりますが、若い熱血職人(和洋問わず)さんの『これで、どぎゃんか~っ!!』って
食べ疲れする献立がありますよね。

師匠もそうでしたが、料理はドラマだと思います。山があって谷があって・・・甘味や酒飲みコースなら〆の麺などでフィニッシュ。

献立の中に冷し鉢などあればホッとします。
ちょっとした酢の物や和え物でも嬉しいですね。

温製物を気を利かせて一品になんて楽しい。
冷製物の胡麻豆腐を天婦羅に、巻き寿司の天婦羅なんて温製にしても楽しいと思っています。
ドラマ演出家 (ヒゲ)
2019-12-16 15:06:00
ああ、ナイスなお師匠さんですね。
料理はドラマ。だから料理人はドラマ演出家。

最近は、食べ疲れする( 笑 )様な立派な献立が
多く、私みたいな酒飲みの年寄りにはシンドい。

すべてが単品料理みたいに力が入った物で無く、
まるで空気みたい?な小鉢が間にあれば嬉しい。
相手によって献立を変更する様な演出!が欲しいものですが。

コメントを投稿

よもやま話・料理編」カテゴリの最新記事