田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

愛の食用花🎶

2019-07-07 18:18:37 | よもやま話・料理編
最近のオシャレな店では、まず間違いなく料理に『生のお花』がのっています。
それも、複数のエディブル・フラワーがにぎやかです。
まさに、お花畑の景色です。
ヒゲは、思います。
こんなぎょうさんの花を飾る暇があったら、もうちょっと刺身の切り方でも勉強したらと。
               
田園の店でも、板場はお花が大好きでした。
生の菊花なんか入荷すると、ヒゲの指示もなしで使い始めます! (汗💦)
基本、穂じそ以外は、生では使わないルールだったのです。
                   
しかし、ある時そのルールが変わりました。
“ オクラの花 ” が、鶴屋地下の青果部で手に入った時です。


ヒゲは、次の日のコース料理に使いました。
献立名は、 オクラの花のサラダ です。
先ず、シーフード・サラダの用意。 海の幸は、基本、加熱物を使います。
下足・小エビ・白身・貝類などを、適当な野菜サラダの上に盛ります。
そして出す前に、セパレートドレッシング系を掛けます。
その上に、バラしたオクラの花ビラ(大中小)三枚を、載せたら出来上がり。
主役はお花!
間違っても、オクラの花にセパドレを掛けないように。
たちまちヘタってしまいますから。
瑠璃色の縁のノリタケに、黄色いオクラの花がインスタ映えする景色。

花を噛むと“粘っとする”風味が、まるでオクラの実を彷彿とさせるのが嬉しい。
確か? 天草からの入荷だったみたいでした。
決して安くない食用花で、滅多に入りませんでした。
しかも、傷みやすいのも難儀な事でした。

そんな“オクラの花”が枝になった景色を、ヒゲは初めて見ました。
なんと! 我が家のベランダのグリーン・グリーン庭園(?)に、オクラの花が咲いたのです。
ヤッター~~      
食用の花は種類が違うそうで、実を食べるこの花は食べられないようですが、感激ものでした。
     

        人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ボケ防止対策? | トップ | 見習いは、定時に帰る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
暇つぶしネタ (batten)
2019-08-16 20:08:00
最近は実(身)より花が儲かると、人参の花など農家の方が出荷していますね。
カタバミみたいな雑草の花も高額取引されていて客単価が高い店で需要があるようです。

ヒゲオヤジ殿の暇つぶしに下記のURLへアクセスしてみて下さい。
とある料理評論家の日本料理店に関しての感想があるブログです。
10年ほど前知り合いになり何度か飲みましたが、鼻持ちならないオッサンだったので付き合いを止めました。
京都で丁稚から修行されたヒゲオヤジ殿がどう思われるのかと・・・・・

http://tomosato.net/weblog2/?cat=16
おもしろい (ヒゲ)
2019-08-18 13:04:52
まあオモロい人ですネ。
ちょっと前の2時間ドラマで、最初に遺体で見つかる役でしょう?
料理評論家が料亭を訪ねます。女将がそそくさと登場して、「 先生、お車代です!」と手渡す。
しかし車代を出さない店は、とうぜん辛口の評価が待ち受けてる。容疑者はみえた?笑。

ところで、この人のブログに登場した星付き店の主人。
ヒゲが丁稚の時に、賄い茶碗蒸しで大げんかした相手です( ずっと前のブログ在り)、笑。
その頃は、原価も考えない、ケレン料理人と云う評価が。
いやあ、そんな相手が思いもしない所から現れる。
人生は、おもしろい?笑。

コメントを投稿

よもやま話・料理編」カテゴリの最新記事