田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

ボケ防止対策?

2019-07-06 15:51:25 | 2人3脚チンタラ道中
私が最も敬愛する(笑)アベ総理が、認知症対策やハラスメント・親の体罰禁止法やら、
矢継ぎ早に素晴らしい政策をアピールしております。
なんて有り難いことでしょう。 (苦笑)

それに呼応すべきは、ヒゲみたいに真面目な国民の義務です。
そこで今日は、ヒゲ夫婦のボケ防止対策を紹介します。
先ず、リタイア後すぐに始めたのが、ブログ書きです。
夫婦合作で、もう11年になります。
思いつくまま・気の向くままに書くのですが、お頭の刺激にはなっているようです。
                     
カァちゃんは、同時に筋トレを開始。
その後、英会話にも通い始めました。
すぐ忘れるし、なかなか身に付かないけど、続けることに意義ありなんて言ってます。
自宅で好きな時に出来る数独(スードク)にも、ハマっています。
一日に難問を2題が目標だそうで。
メモなしでは難しいと、ウンウン唸りながら、時間短縮にも挑戦中。
雑用ばかりでウンザリした時は、「 気晴らしにオツムの体操しよう! 」 と始めます。
集中と解放と云うメリハリの効いた方法が、カァちゃんの気質に合っているのでしょう。

ヒゲの対策は、180度違う方法です。
昔頂いた、柏川 香悦さんの作品集から、覚え易い “詰め将棋” を選びます。
それを、ひと睨み記憶で頭の奥に叩き込みます。
覚え易い図面とは、曲詰めみたいな物をイメージして下さい。
覚えるのに決して時間をかけずに、残像能力に頼るやり方がヒゲ流。

それを何かの折、例えば病院の待合室で、じーっと座って待って居る時。
そう、ほとんどの人達がスマホに見入って、下を向いてる時です。
ヒゲは、天を向きます。
頭の奥から、先ほどの詰め将棋を呼び起こすのです。
解き始めるのですが、さすがに昭和の巨匠・柏川氏のは簡単ではありません。
昔なら イライラした事でしょう。
しかし今では、 解くプロセスが楽しい。
ゆっくり何日も何週間もかけて、 “ すき間時間 ” を使って、
「 あーでもない!? こう~でもない? 」 と。

ところが、詰め問題が “ 天空のラピュタ ”  みたいだと、脳がクラクラするのです。
                  
例えば、この二の字の詰め物。
           
まるで、中空に浮かんだ様な景色ですよネ。
こんな、浮遊形の問題が苦手です。
解き始めると、ヒゲの脳内では、 “ ダリの時計 ”  みたいに将棋盤が歪み始めます。
                  
そして、角行と桂馬のラインが、分からなくなるのです。 (笑)
そうだ!
こんなヤバい状態は、 『 危機管理能力は抜群 』 の晋ちゃんに頼みましょう。(爆笑)

     人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント