鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

放射性ヨード治療室にて

2020年08月12日 01時37分38秒 | 健康ネタ
入院前日に1回、入院当日に1回、尻に注射をした。
自分で打ったわけではないから、注射を受けたと言うべきか。
尻にするのは筋肉注射ということになるだろうから、たぶん痛さはたいしたことはないと予想した。
いままでいろんなことで医者にかかっているので、かなり昔に尻注射の経験をしているような気がする。
鈍いズズンという痛さだったように記憶しているのだけれど、今回は違った。
入院前日の1回目は女医がしてくれたのだが、チクンだけだった。丸い絆創膏を貼ってくれて終わり。
夜に風呂で絆創膏を剥がしたら血痕すらなかった。
入院当日はナースに反対側の尻へ打たれたのだけれど、全く痛みがなく、終わった後にしばらく揉んでくれて絆創膏はなし。
同じ注射でもやり方が違うようだ。
こちらの構え方も違っていて感じ方が違うのかもしれない。
入院2日目は採血もあった。
採血は吸い出すのに注射と言うのは何だか変な感じ。
などと思ったりしつつ、前日のナースとは別人だけれど、これがまた注射上手で全く痛みを感じなかった。
ここしばらくでどれくらい注射をしてもらっているだろう。
最近は上手なナースが多いのか、採血室でやってもらっているときに、『全く痛くなかったゎ』とほめたら、『たまたまだったんだと思います』と採血のプロは謙虚なナースだった。
こちらが注射慣れしてきたなんてこともあるんだろうか。
パソコンを持ち込めない放射性ヨード治療室に入ったので、携帯電話からブログ更新ができるかチャレンジ。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 連続更新断絶のピンチ | トップ | 放射線を放つ危険な体 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (翡翠)
2020-08-12 10:07:05
とんび兄さん

更新断絶のピンチをのりこえ、見事スマホで更新、
安心安泰の思いにさせて下さり、
ありがとうございます!
Unknown (とんび)
2020-08-12 10:49:03
翡翠さんへ
パスワードなんぞも忘れてしまっていて、入院前に再設定しました。
たぶん大丈夫だろうとは踏んでいましたが、確認はせず、ぶっつけ本番のスリルを味わいました。
いつも優先順位を間違えていると思われている私です。
ミクロの決死圏 (sukebo)
2020-08-12 20:33:33
ボクもそこに、居るような気分に・・・なりたい・なりたくない・・・ベッドの人に。

そこは「井の中」・・・ちばれ!
Unknown (tonbimawareba)
2020-08-13 06:18:19
sukeboさんへ
いままで見たことのないビッグ・サイズのカプセルを2錠呑みました。
ミクロ化した潜航艇が入っていて、決死の任務を任されているようです。
無事に予定通り、ミッション コンプリートとなることを願うばかりです。
明日朝までです。

コメントを投稿

健康ネタ」カテゴリの最新記事