鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

モリアオガエル

2020年10月23日 00時11分55秒 | 身の回りの生き物のこと




名を知らない蔓性植物の繁茂する中に、色鮮やかなモリアオガエルが、のろのろと動いていた。
こいつはちゃんとしたカエルの姿なのに、ぴょんぴょんと跳ぶことをしない。
のろのろと動くだけだから、速筋がなく遅筋だけなのかもしれない。
チキンと言えば、食用ガエルの腿(もも)はチキンのササミとよく似た淡白な味だとか。
カラスにでも見つかったら間違いなく捕まるだろうから、蔓藪をのろのろと必死の藪漕ぎ。
ゆっくりだけれど動きを止めないし、蔓っ葉も邪魔で、この程度にしか撮れなかった。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草紅葉と笠地蔵 | トップ | 蒲(ガマ)の穂 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かまどで (sukebo)
2020-10-23 20:40:51
今でも、カエルの足を炭火で焼いて食べた美味しさをおぼえています。豊年満作という居酒屋が全国展開したころ、カエルやスズメがメニューにありました。
・・・美味しいんでしょう・・・。
現在の石垣では身近にカエルはいません。
海老もウナギも-・いたそうだ。
自然は・・負けている。
sukeboさんへ (とんび)
2020-10-24 01:05:26
>今でも、カエルの足を炭火で焼いて食べた美味しさをおぼえています

じつは長崎の居酒屋でカエルの足を食べたことがあります。
状況を覚えているだけで、味を全く覚えていません。
そんなわけで、何かで読んだことを出しました。

多摩川にアユが復活したように、石垣の自然を復活させようというキャンペーンを張り、地道な努力をすれば復活するんじゃないでしょうか。

私の田舎では、小川がことごとく農業用水路として整備され、バカガイとかカラスガイが獲れなくなりました。
ホタルもサワガニも少なくなりました。
代わりに大型の野生(クマやイノシシ)が出てきて困ります。
ウチの周りに出るかもしれないと恐れています。

コメントを投稿

身の回りの生き物のこと」カテゴリの最新記事