鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

オオフタオビドロバチ

2020年08月10日 00時08分00秒 | 


漢字で書けば、大二帯泥蜂だと確認しなくても見た目のまま。
黄と黒の危険コントラストが鮮やかだ。
こういうドロバチ系は人間に関心を示さないというのか、無頓着に自分の狭い視野だけを信じて動いているように見える。
背中はたすき掛けした細帯みたいだ。
極細の腰から続く腹尻は、2本帯のタガを締めた貯蔵タンクみたい。
穴を探しているようで、1枚撮ったところで飛び立たれてしまった。
ピンボケ気味ではあるけれど、これだけはっきりした模様なので調べるのは簡単だった。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 柚(ゆず)の芽 | トップ | キリギリスのオス »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バレエも痩身が必要 (sukebo)
2020-08-10 21:03:08
クビレが多々ありますね・・・
ゆうべのことは、もう言わないで‥・♪
という歌がありました。

柚子を確認しようと、柑橘類で調べました。シークワーサーしか知らないけれど、ライバルに「すだち」や「かぼす」とかが料理の飾り?香辛料に使われているtoka。
ゆずも並べられるとわからないハズ。
sukeboさんへ (とんび)
2020-08-10 22:19:11
>シークワーサーしか知らないけれど、
シークワーサーの瓶入りが、ヨード制限食の味気なさをかなり補ってくれました。
かなり高かったらしいけれど、2週間でほぼ使い切るくらい。
納豆に付いてるタレも使えないから、ダシの入っていない素朴な醤油を入れてシークワーサー汁を垂らして、不思議な味の納豆を毎日食べてました。

ユズは皮を削ってうどんや吸い物に入れたりしたら堪りません。
ユズを存分に使えたら贅沢な気分間違いなしです・・私にとっては。
ユズは大きいし表面がアバタ顔見たいにゴツゴツ感がありますから、すぐわかりますよ。

スダチはサンマに添えるんでしたか・・。
未熟なミカンだと思ってました。


コメントを投稿

」カテゴリの最新記事