今なにしてる         (トミーのリペイント別館)

カメラ・時計修理などについてご紹介します。
(修理のお問合せ)tomytmzk@titan.ocn.ne.jp

ローライ35の限定修理の巻

2021年10月03日 11時20分00秒 | ブログ

このローライ35は裏蓋ロックが変更された頃のジャーマニー製で、中古カメラ店様からのご依頼ではなく直接の作業ご依頼です。基本的な状態は良い方で、低速不調がないことから過去に修理歴があるようです。しかし、ジャーマニー製は古いですから、レンズの汚れ、ヘリコイドグリス抜けなどがあります。

もう一つのご希望はレバーアテの交換です。ローライ35は個体によって巻き上げレバーのリターンスプリングが強いものがあり、「パチン」と戻る時の衝撃はかなり大きいもので、樹脂製の部品は割れてしまうのです。

 

旋盤でジュラコン材から製作しましたが、自動機と違い、いちいちノギスで寸法を測りながらの極小加工は非常に手間が掛かり、とりあえず5個作りました。樹脂材の極小部品は機械的強度がありませんのでバイトで削るのは困難です。本来は成形部品です。

内部を見ると、やはり過去に修理歴があります。(年月日が記載)露出計の窓はトップカバー側とメーター側の2枚重ねですが、なぜか両面テープで2枚共貼られています。

 

で、熱カシメでレバーアテを取り付けました。このようにレバーアテが破損している個体が多いと思いますが、放置するとカバー側の梨地にレバーの接触痕が付いてしまいますから、早めに修復されることをお勧めします。この部分のみの限定修理もお受けします。

レバーアテを熱カシメ後、傷があったメーターの樹脂ガラスを研磨して接着、レリーズピンにホワイトグリスを塗布して差し込みます。

 

ジャーマニー製のレンズは汚れが出ている個体が多いです。絞り機構を分離してレンズの清掃をします。

 

絞り機構の外周に油が付着していますね。

 

 

レンズはきれいになりました。前玉の清掃とヘリコイドグリスを交換して適度な回転重さとなっています。

 

トミーのリペイント (sakura.ne.jp)

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 残念なPEN-FTの巻 | トップ | 改良ユニットのPEN-FVの巻 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事