今なにしてる         (トミーのリペイント別館)

カメラ・時計修理などについてご紹介します。
(修理のお問合せ)tomytmzk@titan.ocn.ne.jp

改良ユニットのPEN-FVの巻

2021年10月05日 21時30分00秒 | ブログ

広島ご在住の方からPEN-FVが来ています。広島と言えばハーフムーンのCANさんのところですね。FVは改良前のユニットが使われている個体が多いので、信頼性に難があったりしますが、この個体は改良(変更)後のユニットが使われている良い頃の個体です。外観もきれいで申し分ありません。

内部もフィルムレールも腐食は無く大変きれいです。ただし、分解(整備)歴はあると思います。モルトは貼り替えられていました。

 

普段は登場しない巻上げレバーユニットの裏側。この個体は疲労は少ないですが使い込まれた個体はピンセット先のレバーが摩耗でガタが出ている個体もあります。巻上げゴリツキはこのユニットとは全く関係がありません。

 

このレバーが下の巻上げギヤのカムにロックされて巻き上げをします。カムが2か所しかありませんので、小刻み巻上げが出来ない設計です。

 

これも良く見るのですが、テンションハンマーを留めるネジのスリ割りが壊れています。これは工場での仕業で、それだけ緩みやすい部分なので、親の仇のように締めるように指示されていたのでしょう。

 

作動に問題はないと思いましたが、スローガバナーが完全に復帰しない状態です。スローガバナーの作動不良もありますが・・

 

この個体の場合、それに加えてプーリー部分にガタが認められます。分解をして組み直します。

 

ら暗いこと。正常に復帰するようになりました。

 

 

過去にリターンミラーフリーズの症状があったようで、リターンミラーユニットのテンションをいじられていました。その他、中々ギヤ鳴りが治まらない傾向があるユニットで、調整に時間が掛かりました。

 

全反射ミラーにはカビがあります。カビ自体は清掃でほぼ取れると思いますが、反射率は低下していますので新品に交換していきます。

 

じつは少し問題がありまして時間が掛かりました。これでメカは完成です。上下カバーを取り付けますが、画像を撮り忘れました。

 

 

トミーのリペイント (sakura.ne.jp)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ローライ35の限定修理の巻 | トップ | ローライ35系の整備日記の巻 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事