ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おっぱいバレー

2009年04月09日 | 映画(あ行)
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★☆☆)

水野宗徳原作。
実話を元にした同名小説を映像化した青春コメディ映画。

1979年、福岡県北九州市。戸畑第三中学に臨時採用された新米国語教師の寺嶋美香子(綾瀬はるか)は、赴任早々男子バレー部の顧問を任されることになる。だが、そこに待っていたのは、バレーボールをしたこともないダメダメ部員たち…平田育夫(木村遼希)、楠木靖男(高橋賢人)、杉浦健吾(本庄正季)、江口拓(恵 隆一郎)、岩崎耕平(吉原拓弥)…だった。とにかくおっぱいに興味津々の部員たち。ひょんなことから"試合で一勝したらおっぱいを見せる"という約束をさせられてしまう。しかし、5人では試合に出場することができない。そこで、実業団バレーの選手だった城和樹(仲村トオル)を父に持つ一年生の城良樹(橘義尋)をメンバーに引き入れ、猛練習を開始する…。



ま、当たり前ですが、綾瀬はるかはおっぱいポロリする訳でもなく、中学生の妄想が全開するようなエロ青春でもなく、非常に爽やかな青春コメディ映画に収まっています。
それを物足りないと思うか否かは、あなた次第です♪



自転車をかっ飛ばし、手を広げておっぱいの感触を疑似体験する…なんてニヤリネタも満載ですが、個人的にはもうちょっと毒が欲しかったかなぁ。
可も無く不化も無く。

綾瀬はるかのおっぱいを堪能するなら、映画「僕の彼女はサイボーグ」やポカリスエットのCMの方がフィーチャーされてましたね♪

1979年が舞台なので、劇中曲も懐かしい音楽が満載でした。
『渚のシンドバット』ピンク・レディー
『ルージュの伝言』荒井由美
『ウイスキー・コーク』矢沢永吉
『夢中さ君に』チューリップ
『HIRO~ヒーローになる時、それは今~』甲斐バンド
『風を感じて』浜田省吾
『燃えろいい女』ツイスト
『微笑みがえし』キャンディーズ
などなどなど。
こういうのはちょっと嬉しかったかな♪

追伸。
この映画を観賞後、菊池桃子映画デビュー作「パンツの穴」を無性に観たくなりました(笑)。
もうあんなハチャメチャな青春映画は、今では作るの難しいだろうな~。
ラストがアレだもんね~(苦笑)。

監督は羽住英一郎。

2009年4月18日公開
公式HP:おっぱいバレー


おっぱいバレーオリジナルサウンドトラック
佐藤直紀,サントラ
エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


個人授業(初回限定盤)(DVD付)(映画「おっぱいバレー」主題歌)
Caocao,阿久悠,田島貴男
エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


綾瀬はるか in おっぱいバレーオフィシャルPHOTOブック <テレビタロウ特別編集> (TOKYO NEWS MOOK (通巻149号))

東京ニュース通信社

このアイテムの詳細を見る


おっぱいバレー〈1〉 (リンダブックス)
水野 宗徳
泰文堂

このアイテムの詳細を見る


おっぱいバレー〈2〉恋のビーチバレーボール編 (リンダブックス)
水野 宗徳
泰文堂

このアイテムの詳細を見る

コメント (8)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« パニッシャー:ウォー・ゾーン | トップ | 野良ぬっこ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
帰り道 (にゃむばなな)
2009-04-19 14:43:50
私は地元の映画館にはよく車で行くので、この映画を見た後はもちろん車から片手を出して疑似体験してました(笑)

懐かしい曲が映画にぴったりで凄くよかったですよね。
レストレンでの会食で「卒業写真」がピアノ伴奏されていたのも嬉しかったです。
おっぱいおっぱい♪ (ともや)
2009-04-19 20:45:00
こんばんは、にゃむばななさん♪
>風圧とおっぱい
これは修学旅行のバスでやりましたね~。
もう男の子なら誰でも通ってる道でしょ♪
他には二の腕の柔らかさが、おっぱいの柔らかさとか…ホント男ってバカですよね~♪
こんばんはー (KLY)
2009-04-21 00:56:55
なんかともやさんとこにコメ残すの久しぶりだなぁ。(笑)

>もうちょっと毒が欲しかったかなぁ

解ります。せっかく“おっぱい”なんていう普通じゃありえない切り口なのに、それを活かしきれてないというか。タダ口で「おっぱいおっぱい」叫んでるだけなんですよね・・・。

音楽は嬉しかったですよねぇ。もろ被り世代なんで、口ずさみそうになりましたよ。(笑)
お久しぶりですわん♪ (ともや)
2009-04-21 05:47:36
こんにちは、KLYさん♪
>なんかともやさんとこにコメ残すの久しぶりだなぁ。(笑)
一般の人が観そうな作品を観ないというともやの悪癖が…(笑)。
いや、そんなこともないんですよ。
「スリムドック~」もダニー・ボイル監督すごい好きで観たいんだから♪

>それを活かしきれてないというか。タダ口で「おっぱいおっぱい」叫んでるだけなんですよね・・・。
普通に面白かったんですけど、もうワンスパイスが欲しかったのが実状ですね~。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-04-21 23:16:29
TB有難うございました。
最初は、なんて如何わしいタイトルなんだと。
これを映画にするのか・・・と思いましたが
100%の感動作品ものでした。
前半の笑いと後半の涙、バランスが絶妙でした。
タイトルは一瞬、えっ!?となりますが
女性に薦めたい映画です。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
タイトル (ともや)
2009-04-22 06:45:34
こんにちは、シムウナさん!
如何わしいですよね~。
でもこの映画、意外に女性の方が好評価なんですよね~。
こんにちは~ (latifa)
2009-11-07 16:31:45
ともやさん、こんにちは!
わーい!挿入歌の羅列がしてありますね。
懐かしい曲が一杯でした。

これ、確かに女性の方が評価高いみたいですね、どうしてだろう?ちょっと不思議な気がします。

>綾瀬はるかのおっぱいを堪能するなら、映画「僕の彼女はサイボーグ」やポカリスエットのCMの方が
 同感です。 せっかく「おっぱい」って映画なのに、おっぱいの目立つ洋服とかあんまり着てないのが惜しかったです。もうちょっとその辺、衣装さんががんばって欲しかった気も(あからさまに、胸が目立つ服とかを選ぶんじゃなくて、う~ん、難しいんですけど^^)
おっぱい (ともや)
2009-11-08 12:35:06
こんにちは、latifaさん♪
あんまりおっぱい強調してないから、女性に受けたんでしょうね~♪

もう男性目線だと物足りない物足りない(笑)。
男子中学生のおっぱにかける情熱は、そんなさわやかなもんじゃない~!って(笑)。

…でもこういう青春モノは大好物ですよ♪

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

「おっぱいバレー」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「おっぱいバレー」 監督:羽住英一郎 出演:綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花、福士誠治、光石研、田口浩正、市毛良枝、木村遼希、高橋賢人、橘義尋、本庄正季、恵隆一郎、吉原拓弥 1979年。 とある事情により、北九州市の公立中学校に...
劇場鑑賞「おっぱいバレー」 (日々“是”精進!)
おっぱいバレーオリジナル・サウンドトラック「おっぱいバレー」を鑑賞してきました実話を基にした水野宗徳の同名青春小説を「ハッピーフライト」の綾瀬はるか主演で映画化。70年代後半の中学校を舞台に、新任女性教師の成長と彼女のおっぱい見たさに見違えるように練習...
おっぱいバレー (Thanksgiving Day)
映画「おっぱいバレー」を観てきました!! なかなか衝撃的な題名ですよね。 でもそんなにふざけた内容ではなく、笑いあり感動ありの楽しい映画でしたよ。 あ、こんなあらすじです。 ↓↓↓ 『1979年、北九州市の公立中学校。新任教師、美香子(綾瀬はるか)は赴任早...
「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画 (はらやんの映画徒然草)
あまりにストレートなタイトルと予告を観ると、本作のストーリーがなんとなく想像でき
おっぱいバレー (Akira's VOICE)
目の前に夢があるから頑張れる!  
『おっぱいバレー』 (めでぃあみっくす)
ナイスおっぱい!そう言いたくなるほど楽しい映画でした。実話を基にした青春コメディとはいえ、笑えるだけでなく感動もさせてくれる、まさにお疲れ気味の日本にぴったりの元気映画。 私も中学生男子を経験してきた者として、これほどまでにおっぱいに対する憧れをきちん...
「おっぱいバレー」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「おっぱいバレー」公式サイト水野宗徳による実話を基にした同名小説を映画化。当日監督と綾瀬はるかの舞台挨拶がありました。僕の彼女はサイボーグの時より、彼女太った気が・・気のせい?現場では挨拶が「おはようおっぱい!」だったそうで。監...
『おっぱいバレー』シークレットライブ・舞台挨拶付き完成披露試写会@渋谷C.C.レモンホール (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、4/18公開『おっぱいバレー(OPV)会場は、渋谷C.C.レモンホール(旧渋谷公会堂)登壇するのは、綾瀬はるか、青木崇高、『LIMIT OF LOVE ...
[映画『おっぱいバレー』を観た(ブルマ太もも女子バレー^^;)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆『おっぱいバレー』は、私の映画鑑賞の歴史で出会った(意識した)初めての「映画女優」と呼べる綾瀬はるかの主演作である。  私は、ほとんどテレビを見ないので、一番注目して見ている女優の一人と言える。  何度も書いているが、私は、つくづく、綾瀬嬢の顔を見る...
おっぱいバレー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[おっぱいバレー] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年36本目(34作品)です。 赴任した新しい中学校で廃部寸前の男子バレー部の顧問になった寺嶋美香子(綾瀬はるか)。 やる気のない素人同然の部員達に「試合に勝ったら何でもする」と宣言すると、「試合...
映画「おっぱいバレー」@ワーナー試写室 (masalaの辛口映画館)
 映画の話 赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレーボール部の顧問になった女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)。ある日彼女は、やる気のない部員たちに、「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という、とんでもない約束をさせられてしまう。おっぱいを見るという目標に向か...
「おっぱいバレー」プチレビュー (気ままな映画生活)
数か月前に、「おっぱいバレー」というタイトルの映画が 公開されるという情報を耳にして、いったんどんな映画?と ずっと気になっていた。 綾瀬はるか出演!?でまさか・・・ と思って見たら、以外な事に感動ものでした。 不覚にも涙もろい私は、涙腺がかなり刺激さ...
おっぱいバレー (LOVE Cinemas 調布)
インパクトのあるタイトルが特徴だが同名の小説が原作。なんとノンフィクションだそうです。主演は『ハッピーフライト』の綾瀬はるか。更に「海猿」シリーズの羽住英一郎が監督を務めています。同僚の教師役・青木崇高は現在公開中の『ニセ札』にも出演中。予告編で仲村ト...
おっぱいバレー なんてタイトルなんだ・・・(-_-;) (労組書記長社労士のブログ)
【 22 -6-】 大阪会の年金特別部会(実務コース)に今年は時間のやり繰りが付きそうなので参加することにした。 昨日がその第1回で「老齢年金」、会場に着いたら受験仲間で現在は宴会仲間であるTeam Daieiの中核をなすMさんを発見。 「もし寝てしまったら起こしてね{/m_...
おっぱいバレー (だらだら無気力ブログ)
実話を基にした同名青春小説を『海猿』シリーズや『銀色のシーズン』の 羽住英一郎監督が『ハッピーフライト』、『ICHI』の綾瀬はるかを主演で 映画化。70年代後半の九州の中学校を舞台に新任女性教師と弱小男子バレー ボール部の部員達が勝利を目指して奮闘する様を描...
おっぱいバレー (綾瀬はるかさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆綾瀬はるかさん(のつもり) 綾瀬はるかさんは、現在公開中の映画『おっぱいバレー』に寺嶋美香子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
ナツメロPV映画?『おっぱいバレー』 (水曜日のシネマ日記)
1979年の北九州を舞台に描かれた作品。中学校の弱小男子バレーボール部とその顧問になった新任女性教師の物語です。
おっぱいバレー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:羽住英一郎 「試合
「おっぱいバレー」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
予想外に面白くて、泣く映画ではないのに、途中不覚にも泣けてしまった。4つ☆ ←クリックすると大きくなります。  白くて大きいプリン系...
「おっぱいバレー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
もっとコメディっぽいのかと思ったら、結構まじめなお話でした
おっぱいバレー (単館系)
自分なら映画館でチケットを購入する際、そう言っちゃうよなぁ。 綾瀬はるかの噂のFカップが拝める?「おっぱいバレー」に主演! http://eiga.c...