ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

バーン・アフター・リーディング

2009年05月02日 | 映画(は行)
(原題:BURN AFTER READING)
【2008年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆)


CIA機密情報が入ったCD-ROMが、ひょんなことからお調子者の男の手に渡ってしまったばかりに、様々な人物を巻き込み大騒動へと発展していくドタバタ劇。

アルコール中毒が原因で部署移動を迫られた情報分析官オズボーン・コックス(ジョン・マルコヴィッチ)は、勢いでCIAを辞職してしまう。帰宅したオズボーンは、この事を妻のケイティ(ティルダ・スウィントン)に伝えようとするが、ついつい言いそびれてしまう。その夜は財務省連邦保安官ハリー・ファラー(ジョージ・クルーニー)&サンディ(エリザベス・マーヴェル)夫婦らを招いてホームパーティを行う。実はケイティとハリーは不倫中。ケイティはオズボーンに愛想を尽かし、離婚を目論んでいた。そんなことも露知らず、オズボーンはCIAの暴露本を執筆し、生計を立てていこうとしていた。一方。フィットネスセンターで働くリンダ・リツキ(フランシス・マクドーマンド)は、自分がモテるようになるには全身整形をしなければならないと思い詰めていた。しかし、保険が使えず、整形費用がどうしても工面できない。そんな時、フィットネスセンターの更衣室に1枚のCD-ROMが遺失物として届けられた。それの中身を見たiPod中毒のチャド・フェルドハイマー(ブラッド・ピット)は、これがCIAの極秘暗号文だと指摘する。このデータがオズボーンの物である事を突き止めた2人は、オズボーンを脅迫して大金をせしめようとするが…。



お馬鹿映画と大真面目映画の2種類の作品を発表するイーサン・コーエン&ジョエル・コーエン、コーエン兄弟の最新作。
ちなみにこの作品は、お馬鹿系統(「ホネツギマン」や「ビッグ・リボウスキ」、「ディボース・ショウ」とか)の方ね。



最初は、とんでもない情報(本当にすごい国家機密)を一般市民が入手してしてしまい、そこから世界を巻き込むドタバタを描いた作品かと思っていたら、逆でした(笑)。
どうでもいい情報を重要機密と勘違いし、さまざまな思惑を抱いたお馬鹿さんたちがドタバタするコメディでした♪
日本ではブラッド・ピッドが主役のように宣伝してますが、位置的には脇役です。
でもこの作品の中で、一番生き生きとしていたのも事実。
それなりにキャリアがあるのに、こんな変ちくりんな役を好んで演じるブラピってステキ♪

クルーニー演じるハリーが、嬉々として地下室で作るバカな機械。
あそこはドン引きする所でしょ、リンダ・リツキ♪
ステキ…って(笑)。
こういうダメ人間がゴロゴロしてる映画って、いいですわね~。

監督&製作&脚本&編集はイーサン・コーエン&ジョエル・コーエン。
全米興行成績:初登場1位→2位→5位→7位→ランク外

2009年4月24日公開
公式HP:バーン・アフター・リーディング


バーン・アフター・リーディング [Blu-ray]

Happinet(SB)(D)

このアイテムの詳細を見る


バーン・アフター・リーディング [DVD]

Happinet(SB)(D)

このアイテムの詳細を見る


Burn after Reading(「バーン・アフター・リーディング」輸入盤サントラ)
Carter Burwell,Carter Burwell,Frank Ricotti,Gary Kettel,Paul Clarvis,Ralph Salmins,David Hartley
Lakeshore

このアイテムの詳細を見る

コメント (12)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 天使と悪魔/劇場鑑賞券 | トップ | チャンドニー・チョーク・ト... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
にゃはは (miyu)
2009-05-02 19:58:41
本当ダメ人間の集まりでしたね~(´▽`*)アハハ
でも、なんか憎めない彼らのおバカっぷりが
なんとも楽しかったですね。
コーエン好き (にゃむばなな)
2009-05-02 20:21:44
コーエン兄弟のこの手の作品は必ずと言っていいほど、バチあたりな笑いが出てきますよね。
『ビッグ・リボウスキ』では友人の遺灰を被ったりしてましたし、この映画でもジョージ・クルーニーがあんなアホなものを作るし。

でもコーエン好きとしてはあれが面白いんですから、毎度のこと楽しませてもらってますよ。
死人 (ともや)
2009-05-02 22:29:44
こんばんは、miyuさん♪
ひとつだけ難点があるとするならば、こういう能天気のキャラクターが出ている映画に死人は出してほしくはないんですけどね~。
それが無ければ、もうちょっと好評価だったかも?
Unknown (KLY)
2009-05-02 22:36:38
ともやさんこんちゃ^^

なんというかブラピのあの瞬間のアホ笑顔が忘れられないのと、タコ・マルコヴィッチの血管が切れそうなところだけしか印象に残ってないんですよ。(笑)
でもまあ実際問題そこだけ楽しきゃいいかなみたいな…。あはは^^;
ブラック (ともや)
2009-05-02 22:41:49
こんばんは、にゃむばななさん♪
>バチあたりな笑い
(笑)
確かにバチあたりだらけですよね~♪
オスカーを取った監督の作品だから…ってこの映画を観る人は拒絶反応起こしちゃうかもしれないですね。
正解 (ともや)
2009-05-02 22:50:49
こんにちは、KLYさん♪
>ブラピのあの瞬間のアホ笑顔が忘れられないのと、タコ・マルコヴィッチの血管が切れそうなところだけしか印象に残ってないんですよ。(笑)
いや~、そこを楽しめれば、ある意味正解でしょう(笑)。
こんばんは~♪ (由香)
2009-05-02 22:58:00
GWですね~いかがお過ごしですか?

この映画はキャストは楽しめたんだけど、、、お話がイマイチでした~
私はコーエン監督の作品と相性が悪いのかしら?
ブラピのチャドは可愛かったです♪あの退場の仕方にはビックリでした(笑)
コーエンらしい (とりうち)
2009-05-02 23:26:32
コーエンらしいブラックな映画ですねぇ

最近のテレビドラマ(プリズンブレイクとか)見てるとま逆の映画ですね

きっといっぱい見てる人には、こんなことが起こってたりして(^-^;;
GW (ともや)
2009-05-03 02:01:56
こんばんは、由香さん♪
GWは仕事がモリモリ詰まっていて泣きそうです。
とはいえ、ちょっとだけは楽だったりするので、ここで映画の感想をモリモリ書いておかないと…。

これはツボがかなりピンポイントですからね~。
ともやも外してはいないけど、ズッポシはまってるわけでもないですからね~。
そこそこ楽しめたって感じでしょうか?
ブラック (ともや)
2009-05-03 02:17:05
こんばんは、とりうちさん♪
テレビドラマには絶対向かないお話ですね~。
でも同じブラックネタなら、コーエン兄弟よりモンティ・パイソンの方が好きですわん♪
あ、TVシリーズをまた観たくなってきた…。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

【バーン・アフター・リーディング】 (日々のつぶやき)
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン 「CIA諜報員のオズボーンは配置換えに納得いかず退職し、自分の自伝を書き始めた。 オズボーンの妻ケイティは財
バーン・アフター・リーディング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「バーン・アフター・リーディング」は、「ノーカントリー」でオスカー監督となったコーエン兄弟による4/24公開のPG-12指定のクライム・コメディなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  オスカー監督のもとに集った豪華キャスト。だけど、そんな気負い...
『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
オールド映画ファンなら「ああ、あの人の!」とピーンと来てしまう懐かしささえ感じてしまうタッチのこの映画。それを微塵も感じさせない予告編にすっかり欺されました。
バーン・アフター・リーディング (めでぃあみっくす)
読んだら燃やせ。この映画を見終わるとこのタイトルがこのお話の「戒め」であることが十分に理解できるのではないでしょうか。 『ノーカントリー』でよくやく一般からも認識されたとはいえ、基本的にブラックなコメディばかりのコーエン兄弟。不慣れな方には厳しかったか...
バーン・アフター・リーディング (LOVE Cinemas 調布)
『ノーカントリー』のコーエン兄弟監督作品。キャストがまた豪華でブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、リチャード・ジェンキンス…。全く呆れるほどで、よくもまあここまで集めたもの...
バーン・アフター・リーディング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
豪華キャストのクライム・コメディ見逃せないわ~【story】CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィ...
バーン・アフター・リーディング (映画君の毎日)
●ストーリー●CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた...
映画:Burn After Reading 観たゾ全米公開中、コーエン兄弟の新作 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「ノーカントリー」の次ということで身構えてしまいそうになるが、コーエン兄弟の新作はコメディ。 現在全米公開中だが、なかなか評判よろしいので気になっていた。(アップ:コーエン兄弟の新作、全米公開中:Burn After Reading) そしたら、映画館で上映中なだけでなく...
バーン・アフター・リーディング (だらだら無気力ブログ)
『ノーカントリー』のコーエン兄弟がジョージ・クルーニーをはじめ、 ブラッド・ピットやジョン・マルコヴィッチなど豪華なキャストで描く クライムコメディ。CIAの機密情報を含んだ1枚のCD-ROMを巡り 様々な人が巻き起こす騒動がやがて衝撃の結末へと進む。...
Burn After Reading (2008) (アヤは観た。)
監督:コーエン兄弟 出演:ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンド、ブラッド・ピット、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・ラッシュ、J・K・シモンズ、オレク・クルパ、マイケル・カントリーマン ...
バーン・アフター・リーディング (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
  = 『バーン・アフター・リーディング』  (2008) = CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。 同じ頃、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マ...
[バーン・アフター・リーディング] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:BURN AFTER READING公開:2009/04/24製作国:アメリカPG-12上映時間:93分鑑賞日:2009/04/24監督:イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン出演:ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィ...
「バーン・アフター・リーディング」 彼らだけを笑うことなかれ (はらやんの映画徒然草)
豪華な出演陣、そして彼らが演じる「痛い」キャラクター、彼らが絡むことによって迷走
「バーン・アフター・リーディング」:信濃町駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここは、文学座のアトリエ。 {/hiyo_en2/}文学座といえば、江守徹、加藤武、角野卓造、渡辺徹。名だたる役者を輩出している劇団じゃない。 {/kaeru_en4/}アメリカ映画でいえば、「バーン・アフター・リーディング」に出演している役者たちみたいなものだな...
[映画『バーン・アフター・リーディング』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・いや、面白かったですよ^^  私は、コーエン兄弟のデビュー作の頃から知っていて、その作風を、「カルトに至れない予定調和」と思っていた(る)。  同時期に、D・リンチが大活躍していて、私はそちらに魅かれていたので、そのリンチの「ケレン」をつまみ食...
バーン・アフター・リーディング (C'est joli~ここちいい毎日を~)
バーン・アフター・リーディング ’08:米◆原題:BURN AFTER READING ◆監督・脚本・製作:イーサン&ジョエル・コーエン「ノーカントリー」...
1961年5月6日 アメリカの俳優 クルーニー(Clooney)が誕生 (人名力)
アメリカの俳優のジョージ・クルーニー(George Clooney、1961年5月6日 - )は、テレビドラマシリーズの『ER緊急救命室』や映画『オーシャンズ11』で知られる。このクルーニーという姓からは、何がわかるだろうか。 『Dictionary of American Family Names』によれば、ク...
バーン・アフター・リーディング (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[バーン・アフター・リーディング] ブログ村キーワード 評価:4.0/10点満点 2009年41本目(36作品)です。 本当は3.5にしたかったですが、各出演者の壊れっぷりに敬意を表して雨区評価をしました。 飲酒問題が理由で降格左遷されたことに腹を立て、勢いでCIAを退職...
バーン・アフター・リーディング (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
バーン・アフター・リーディング 5/1@TOHOシネマズ 映画の日は¥1000だから3本ハシゴしちゃいましょーの1本目。 ブラピって瞬間芸(?)表情をころころ変える顔芸(?)うまいじゃない。 リボルバーで見せたよなメリハリの利いた
バーンアフターリーディング◎ (銅版画制作の日々)
  BURN AFTER READING それはCIAにも理解不能な、国家も巻き込む仰天計画。かつてない衝撃のラストに驚愕! 5月4日、MOVX京都にて鑑賞。こみこみ状態?かなと思ったらそうでもなかった。 始まりのシーンが何ともお洒落です。宇宙ロケットから眺める地球がだんだ...
★「バーン・アフター・リーディング」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりに「チネチッタ川崎」で鑑賞。 駐車場が3時間無料なのは助かるよーーー。 ジョージ・クルーニーとプラピのコンビは「オーシャンズ~」だよねーー。
「バーン・アフター・リーディング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
コーエン兄弟らしさが出てました^^
「バーン・アフター・リーディング」(BURN AFTER READING) (シネマ・ワンダーランド)
「ノーカントリー」や「ファーゴ」などの作品で知られる米監督、イーサン&ジョエル・コーエン兄弟が2008年にメガホンを執ったブラックユーモア・タッチのサスペンス佳作「バーン・アフター・リーディング」(米、93分、製作・脚本=コーエン兄弟)。この映画は、C...
【映画】バーン・アフター・リーディング…今年の観賞記録は今年のうちに(3) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}年の瀬です{/ase/}…今年も割と押し迫ってきました{/ase/}{/ase/} そんな中、タイトルの「今年の観賞記録は今年のうちに」の達成は(12月になってからは他の事が忙しくて映画を観ていないにもかかわらず{/face_ase2/}{/ase/})ほぼ確実に無理だと認識してき...
バーン・アフター・リーディング (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:バーン・アフター・リーディング 制作:2008年・アメリカ 監督:イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン 出演:ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン あらすじ...