ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

インクレディブル・ハルク

2008年08月02日 | 映画(あ行)
(原題:THE INCREDIBLE HULK)
【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆)


2003年に公開された「ハルク」(原題:HULK)のリメイク作品。

科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて、人体への放射線抵抗を研究していた。ところが研究実験中の事故で多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。その力を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、その居場所も軍に知られてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員エミル・ブロンスキー(ティム・ロス)らがブルースを追いつめる…。



ハルクと言えば、1962年にコミックが誕生して以来、スパイダーマンに次ぐ人気を誇るマーベル・コミックの看板ヒーロー。
2003年に製作された「ハルク」が大コケしてしまい、『じゃあ、アレは無かったことにしよう!』と新たに作られたリメイク作品。
またハルク誕生までを延々観せられるのかな…と思っていたら、「ハルク」で描かれた誕生エピソードを、オープニングの数分間ですべて語り尽くしてしまう荒技を披露。



物語はいきなりブルースの潜伏先のブラジルから幕を開ける。
心拍数を上げないための修業をそこで行うのだが、その先生役がグレイシー柔術のヒクソン・グレイシー!
わお!
そんな所に反応してしまいました(笑)。
冒頭のブラジル(実際のロケ地はリオ・デ・ジャネイロ)でのチェイスシーンは、かなりの大迫力。
あんな香港・九龍城のような混沌とした場所があるんだねぇ。



今回ハルクの敵として登場するのは、39歳で軍人としては盛りが過ぎたエミル・ブロンスキー。
力を欲するブロンスキーは、軍が開発した血清を投与し、ハルクと同等の力を持つアボミネーションへと変貌してしまう。
ちなみにこの血清は、かつてのマーブルヒーローであるキャプテン・アメリカを生み出したスーパー・ソルジャー計画に関係している。
しかもこの計画は「X-MEN」のウルヴァリン誕生にも関係してるから、さぁ大変。
マーブルのヒーローたちは、いろんなところで設定がクロスオーバーしているので、そういう部分も楽しみなところ。
物語のラストでは、「アイアンマン」の主人公トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)が登場。
他にもマーブル作品には必ず登場する原作者のスタン・リー(ブルースの血入りジュースを飲んでしまう)や、TV版でハルクを演じていたルー・フェリグノ(ブルースにピザで買収される大学の警備員)などがカメオ出演している。

このリメイク「ハルク」はアメリカで好評だったみたいなので、続編できるかもね。
まぁ、これはこれで面白かったんだけど、2003年版「ハルク」も嫌いじゃないんだよね。
ともやはどちらかというと、エドワード・ノートンよりエリック・バナが好きだし、リヴ・タイラーよりジェニファー・コネリーの方が好きなのだ。
しかもダニー・エルフマンのサントラが、最近のアメコミ映画の中では秀逸なのよね。

監督はルイ・レテリエ。

2008年8月1日公開
公式HP:インクレディブル・ハルク


インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


インクレディブル・ハルク (Blu-ray Disc)

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


インクレディブル ハルク ムービーファインアートバスト ハルク

壽屋

このアイテムの詳細を見る


インクレディブル ハルク ムービーファインアートスタチュー アボミネーション

壽屋

このアイテムの詳細を見る


■無かったことにされてしまったアン・リー監督版の「ハルク」はこちら

ハルク 2枚組スペシャル・エディション

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


Hulk(「ハルク」輸入盤サントラ)
Danny Elfman,Scott / Slash / McKagan, Duff / Sorum, Matt / Ku Weiland,Pete Anthony,Mike Fisher,Natasha Atlas
Decca

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダークナイト | トップ | ハンコック »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらにも・・・ (ミチ)
2008-08-02 23:49:01
>エドワード・ノートンよりエリック・バナが好きだし、リヴ・タイラーよりジェニファー・コネリーの方が好き
あ~~~、私は甲乙つけがたいです~。
エドワード・ノートンがハルクを演じるから意外性があって私も劇場に足を運んだんですよ~。
ちなみにエリック・バナのハルクは未見です(汗)
このハルクっていうキャラは外見が女性ウケしなさそう~。
女性受け (ともや)
2008-08-03 09:23:49
こんにちは、ミチさん♪
ハルクって女性受けしないでしょうね~(笑)。
格好良いスマートさは無いし、変身しちゃうから女性とのロマンスも皆無。

松崎しげるの出世ドラマ『噂の刑事トミー&マツ』もこのハルクのパロディみたいな作品でしたし…。

マーブルコミックのヒーローが総出演する『アベンジャーズ』も観てみたいけど、この中ではハルクって敵役になっちゃうんですよね。
でも単純にスパイダーマンとハルクの対決は見てみたいかも!
こんにちは~♪ (由香)
2008-08-03 18:50:17
お邪魔します♪
ハルクはアメリカでは人気なんですね~
私はイマイチ好きじゃーないみたい(汗)
エドワード・ノートンだから入り込んで観れるかな♪と思ったけれど、怪物VS怪物に退屈しちゃって、、、(滝汗)
で、あの血清って他のアメコミ作品にも通じているんですね~
そういう事を知っていると見ていて楽しいですよね!
怪物対怪物 (ともや)
2008-08-03 23:34:28
こんばんは、由香さん♪
まぁ、ハルクってキレキャラのカンニング竹山みたいなもんですもんね(笑)。
映画の内容も破壊の爽快感みたいなモノがメインだし、女の子には取っ付きにくいかも。
だから映画関係者も女の子の動員を増やすために、水嶋ヒロを吹き替えに使ったり…、必死ですよね。

>怪物VS怪物に退屈しちゃって、、、(滝汗)
男の子はああいうのにワクワクしちゃうんですよ。
プロレス(WWE)感覚ですよね。
あいつとあいつが戦ったらどっちが強いんだろう?
男の子はそんなことばっかり考えてますから…(笑)。
マーブルコミックの原作でもある、スパイダーマンとハルクの戦いを映画で観てみたいなぁ。
こんにちわ (睦月)
2008-08-04 13:19:47
≫その先生役がグレイシー柔術のヒクソン・グレイシー!

そうそうそう!!
格闘技大好き人間の私としても、そこに激しく反応
してしまいましたー!!
ああいうシーンでヒョイと登場してくれるのって
嬉しいですねえ(笑)。

そういえば私、ロバート・ダウニー・Jrって、
ほとんど興味がなく・・・顔すら定かでないので
ラストに出ていたことすら大して気にもとめません
でした(苦)。

『アイアンマン』までには彼の顔をインプットして
おこうと思っています(汗)。
ダウニー (ともや)
2008-08-04 17:38:21
こんばんは、睦月さん♪
本当グレイシーにはビックリ!
でもあんまりそれに触れてる人いないのね。
400戦無敗の男なのに…。

ロバート・ダウニー・Jrといえば、「キスキス、バンバン」ってコメディ・サスペンスがお薦めですよ。
ヴァル・キルマーがゲイの探偵役で出ていたり、お洒落お馬鹿な1本ですわん。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

29 トラックバック

[映画『インクレディブル・ハルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^;」と言うパンチに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うより...
インクレディブル・ハルク (ネタバレ映画館)
セキュリティ・ソフトがノートンってのは・・・
「インクレディブル・ハルク /THE INCREDIBLE HULK (2008) 」 ジャパンプレミア (MoonDreamWorks★Fc2)
【インクレディブル・ハルク】2008年7月26日(土)公開 監督 : ルイ・レテリエ ...
インクレディブル・ハルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もち...
インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk (我想一個人映画美的女人blog)
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) 誰...
インクレディブル・ハルク 男だから強さに憧れるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【28 -14-】 昨日は映画の日{/m_0058/}、仕事も早く終わりそうだし、飲み会の約束も珍しくないし、よ~し映画見に行こうって思って調べたら、「インクレディブル・ハルク」が金曜やのに封切りやった{/m_0167/}  この夏は「バットマン」に「アイアンマン」「ハンコック...
インクレディブル・ハルク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
映画 【インクレディブル・ハルク】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身し...
インクレディブル・ハルク (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008/アメリカ 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン(ブルース・バナ-)    リヴ・タイラー(ベティ・ロス)    ティム・ロス(エミル・ブロンスキー)    ウィリアム・ハート(ロス将軍) なんでズボ...
インクレディブル・ハルク (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アクション/SF/アドベンチャー  監督:ルイ・レテリエ  出演:エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ティム・ブレイク・ネルソン 【物語】  科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の...
インクレディブル・ハルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~【story】ブルース・バナー博士(エドワード・...
インクレディブル・ハルク (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 見かけ変われど、愛は変わらず
インクレディブル ハルク☆★ (銅版画制作の日々)
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロ...
映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう...
★「インクレディブル・ハルク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
インクレディブル・ハルク(映画館) (ひるめし。)
その「力」、ためらうな。
エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけ...
インクレディブル・ハルク (小部屋日記)
The Incredible Hulk(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 怒りや恐怖の感...
インクレディブル・ハルク The Incredible Hulk (いい加減社長の映画日記)
他のブログで、そこそこの評価だったようなのと、リヴ・タイラーに魅かれて^^ 「インクレディブル・ハルク」を金曜日のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「インクレディブル・ハルク」は、中くらいのスクリーンで、2~3割。 こんなもんかな? ...
「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー (はらやんの映画徒然草)
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
インクレディブル・ハルク (お萌えば遠くに来たもんだ!)
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その...
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (LOVE Cinemas 調布)
主演は『幻影師アイゼンハイム』のエドワード・ノートン。ヒロインのベティ役は未だに『ロード・オブ・ザ・リング』の印象が強いリヴ・タイラー。監督は『トランスポーター』のルイ・レテリエです。2003年に映画化された同名の人気コミックを再度映画化したもの。前作...
「インクレディブル・ハルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
思ってたよりもずっと楽しめました^^
【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こ...
インクレディブル・ハルク (Addict allcinema 映画レビュー)
その「力」、ためらうな。
「インクレディブル・ハルク」(WOWOW) (映画鑑賞日記)
評価:★★☆ エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス他出演 「インクレディブル・ハルク」を見た。 今日はたまった録画をじわじわ消化してますよ。 もう一度「アイアンマン2」を見に行くつもりだったんだけど、出掛けるのが面倒になり、 「マックス・ペ...
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...
「インクレディブル・ハルク」 (或る日の出来事)
「アベンジャーズ」の予習のために観賞。思いのほか、おもしろかった。