ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

運命のボタン

2010年04月13日 | 映画(あ行)
(原題:THE BOX)
【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★)


「アイ・アム・レジェンド」やスピルバーグ監督の「激突!」、海外ドラマ「マスターズ・オブ・ホラー」の1エピソード「ダンス・オブ・ザ・デッド」などの原作を手掛けるリチャード・マシスンの、1970年に発表された短編小説を映画化。
1986年のTVシリーズ「新トワイライトゾーン」(第1シーズン)で、一度映像化されている(「欲望のボタン」(原題:BUTTON,BUTTON))。
謎の男が持ち掛けた、ボタン装置への選択によって起こるサスペンス。

1976年ヴァージニア州に住むルイス一家。アメリカ航空宇宙局=NASAのラングレー研究所で働き、火星探査カメラの設計しながら宇宙飛行士を目指す夫のアーサー・ルイス(ジェームズ・マースデン)。事故で足に障害を抱えながら高校の教師を務める妻のノーマ(キャメロン・ディアス)。そして小学生になる息子のウォルター(サム・オズ・ストーン)。ギリギリの生活費の中、一家は慎ましい生活を送っていた。そんなある早朝5時に、ルイス家の呼び鈴が鳴らされる。玄関を開けたノーマは、走り去っていく車と玄関に置かれた荷物を発見する。その荷物の中身は、赤いボタンが付いた箱、そして『スチュワート氏が午後5時に伺います』と記されたメッセージカードが入っていた。そしてその日の夕方、アーリントン・スチュワード(フランク・ランジェラ)と名乗る老人が現れる。顔に酷い火傷を負ったスチュワードは、ノーマに対してボタン装置の説明を開始する。
『このボタンを押すと2つのことが起きる。
 その1。どこかであなたの知らない誰かが死にます。
 その2。あなたは現金100万ドル=約1億円を手にします。
 条件は3つ。
 その1。私の雇い主について、一切情報を提供しない。
 その2。ご主人以外の誰にも、この提案を話してはいけない。
 その3。期限は24時間。明日の5時に再度お伺いして、ボタン装置を回収します。装置はリセットされ、このチャンスをまた別の人に提供します』…と。
ルイス夫婦は道徳的ジレンマに陥りながら、ボタンを押すべきか否か悩むのだが…。




うう~~~む。
ボタンを「押す」「押さない」は、この物語のプロローグでしかなく、その後は予測不能の展開が!
面白い面白い!
ともやが今読んでいる本が、ちょうどこんな現象を説明してくれるような内容なんですよね。
でもその本のタイトルを明かすと、この映画を鑑賞した時の面白さを奪ってしまうので、自粛自粛。

この配給会社は、あの「映画の面白さを半減させる謎解き大プッシュ宣伝」と違って、本当に映画を面白くする宣伝をしているので、これ以上は何も語りませぬ。



あとは、公開後にいろいろと書き込みます。
こういう展開、大好物です♪

監督・脚本・製作はリチャード・ケリー。
原作はリチャード・マシスン
全米興行成績(2009年11月公開):初登場6位→10位→ランク外

2010年5月8日公開
公式HP:運命のボタン


運命のボタン [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル

このアイテムの詳細を見る


運命のボタン [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル

このアイテムの詳細を見る


運命のボタン (ハヤカワ文庫NV)
リチャード・マシスン
早川書房

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リポビタンD/切手シート | トップ | 仲 里依紗×ゼブラクイーン 写... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは☆ (mig)
2010-04-27 16:55:01
うわー、ともやさん満点!?

そっか~
わたしはちょっとダメだった派だったの。

ラストの愛もわざとらしく感じちゃって 笑


今日は9観るんだけどそれもともやさん観てるね★

ではまたねぇ~^^
こんな展開 (ともや)
2010-04-27 20:19:11
こんばんは、migさん♪
もうこんな展開、大好物なんです♪
しかもちょうど読んでいた本をなぞるような展開に、背筋がゾクゾクww。

>ラストの愛
いろいろ試されてる(遊ばれている?)んですよ、人間は。
満点ですね! (robanosocks)
2010-04-27 20:20:29
こんばんは~
私、これは残念ながら、私的に今年一番駄目だった作品です。観終わった後、キャメロン・ディアスのラジー賞ノミネートの図が真っ先に浮かびました(笑)特に、鼻血を流した人間ゾンビみたいのがぞろぞろ出てくるシーンとか笑ってしまって・・・
私も、この作品、配給会社さんが、見当違いな宣伝していないところに好感を持っている一人です。
マイノリティ (ともや)
2010-04-28 18:13:28
こんばんは、robanosocksさん!
わ~、何かマイノリティなともやらしい展開になりそう…。
そんなにハッキリ背景を見せない面白さっていうのもあると思うんですけどね~。
ただ観終わった後に、これだけは確信しました。
ともやがこれだけハマったということは、一般にはまったく受けないだろうな…と(笑)。
出来不出来以前に。 (えい)
2010-04-29 10:32:08
こんにちは。

実を言うと、ボタンって
最初は洋服のボタンかと…。
という感じで、
まったく中身を知らなかったただけに
オモシロかったです。
古典的SFにオカルト風味をまぶす。
こういうテイストは懐かしく、また好きです。
出来不出来の判断以前にですが…(汗)。
オカルト (ともや)
2010-04-30 19:16:51
こんばんは、えいさん♪
「フォーゴットン」とかをワハハって楽しめる人向きの映画ですよね(笑)。
こういう作品を観ていると、「ミステリーゾーン」や「トワイライトゾーン」が懐かしくなります。
こんばんは☆ (dai)
2010-05-05 17:39:10
ともやさん、お久しぶりです♪

ともやさん高評価ですね(驚

えいさんもおっしゃっていますが、こういうテイスト自体悪くはないのですが、映画の出来としては私はあまり楽しめませんでした。
万人 (ともや)
2010-05-06 18:57:21
こんばんは、daiさん♪
何か今ひとつな評価が多いですね~。
ま、そもそも万人に受けるような作品じゃないですからね~ww。
わっ! (miyu)
2010-05-08 17:26:14
ともやさんが↑でコメントされているように
あたしも「フォーガットン」を楽しんだクチなので、
これは万人受けはしないかな?という気はしたのですが、
それでもすっごく面白く観れました♪
評判がいまひとつなのも分かるんですけどね~。
Unknown (えふ)
2010-05-08 17:51:16
私はチマチマと人間をいじめてる時点でダメでした(苦笑
やろうとおもえば、一気に人類消滅できるのに~。
そっちのほうがすかっとして好きなんだけどな~(笑

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

29 トラックバック

◆運命のボタン/The Box 50点 #eiga #movie #cinema (明日も晴れ)
監督・脚本・製作: リチャード・ケリー 出演: キャメロン・ディアス ノーマ・ルイス ジェームズ・マースデン アーサー・ルイス ...
『運命のボタン』 (ラムの大通り)
(原題:The Box) ----あれっ。原題は【THE BOX】、箱なのに なぜ、日本のタイトルはボタンになるの? 「うん。これはね、 ボタンと言っても『コララインとボタンの魔女 3D』に出てきたような 洋服のボタンじゃないんだ。 ほら、メインビジュアルを見てごらん。 手が...
運命のボタン /THE BOX (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click あなたなら、押しますか? ボタンを押せば1億円、 ただし見知らぬ誰かが死ぬ{/atten/} お金が欲しいとか、誰かが死ぬとか関係なく、 そこにそんな怪しいボ...
映画3本:「運命のボタン The Box」「RAILWAYS」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
これまで観た映画でイマイチのものは、よっぽど書きたいことが無い限り、切り捨ててきた。 のだけれど、最近3本続けてそういうことがあったので、なるべくベタバレしないようにしつつ、3本まとめてアップ(笑) 1.まずは、もうすぐ公開「運命のボタン」 ボタンを押せ...
運命のボタン (Memoirs_of_dai)
短編を長編化することの難しさ 【Story】 ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、...
運命のボタン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あなたなら、押しますか?』  コチラの「運命のボタン」は、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マーズデン共演、リチャード・ケリー監督、ボタンを押すと100万ドルが手に入るかわりに世界のどこかで誰かが死ぬという謎の箱を手に入れた夫婦を描く5/8公開のSFサスペ...
運命のボタン (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!あなたなら、押しますか?
運命のボタン<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
試写会で観ました。 <一ツ橋ホール> 監督・脚本:リチャード・ケリー 原作:リチャード・マシスン 1976年。探査機バイキング1号が火星に到達し、様々な情報がもたらされた。 NASAに勤めるアーサーとノーマ夫婦のもとに、赤いボタンが一つついた箱が届く。そ...
運命のボタン■リチャード・マティスン原作... (映画と出会う・世界が変わる)
早川書房から出ている異色作家短編集のリチャード・マティスンの「13のショック」は好きな本のひとつ。この映画の原作もリチャード・マティスンということで大いに期待。映画「激突...
「運命のボタン」 (或る日の出来事)
こういう終わり方ですか!
『運命のボタン』・・・ああ、そっち系の話でしたか (SOARのパストラーレ♪)
キャメロンが精神的に追い詰められていく様子や絶対的な未知の存在を連想させる中盤の不可解な空気感に、ふとジョニデとシャーリーズ主演の『ノイズ』を思い出した。夢と希望に満ちあふれた・・・少なくともそういうイメージが先に立つ宇宙探査や宇宙飛行士という存在。そ...
運命のボタン・・・・・評価額1150円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ここにボタンがある。 あなたがボタンを押せば、100万ドルを手に入れる事が出来る。 ただし、その結果あなたの知らない誰かが、世界のどこか...
[映画『運命のボタン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~ん・・・、これはつまらないし、意味が分からなかった。  邦題の「運命のボタン」が、かなり悪いと思う。  キャメロン・ディアスとサイクロプスの若夫婦のもとに、変なボタンの付いている丁寧な造りの箱が送られてくる。  おって、顔...
運命のボタン コミカルな映画だと思っていたら・・(||゜ω゜||) (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=23 -8-】 昨日は大津で交通政策に関する大勉強会、夜の懇親会は大広間で300人近くが一堂に会してってなので、たいへんな迫力だった。 そんな大人数での宴会ってのはお膳に出された会席料理が多いが、俺はいつも乾杯から最初の10分くらいでとりあえずのお膳...
運命のボタン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
気になっていた映画を観に行けた~【story】ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男(フランク・ランジェラ)がノーマを訪ね、「このボタンを押せば100万ド...
運命のボタン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
運命のボタン’09:米◆原題:THE BOX◆監督:リチャード・ケリー「ドニー・ダーコ」◆出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ◆STORY◆1976年、ヴァージニア州のとある街。郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が...
運命のボタン (だらだら無気力ブログ)
リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装置を送りつけられた夫婦の運命を描くサスペンス スリラー。19...
運命のボタン (Movies 1-800)
The Box (2009年) 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ 赤いボタンのついた装置が入った箱が届けられた夫婦が遭遇する出来事を描いたスリラー。 箱が届けられた翌日、顔の一部が欠けた老人が現われ、妻...
「運命のボタン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ごく普通の、平和な夫婦のもとに届いた謎のボタン。押せば、自分達の知らない誰かが死ぬかわりに、100万ドルが手に入るという。 生活苦と良心の間で揺れ動く夫婦。次第に二人...
運命のボタン◎THE BOX(2009) (銅版画制作の日々)
 あなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。決断の期限は24時間── 東宝シネマズ二条にて、、、、。レディスディということで、1000円で鑑賞しました。キャメロン・ディアス初のスリラー映画挑戦!キャメロンと言えば、やはりラ...
運命のボタン/THE BOX (いい加減社長の映画日記)
今週末公開は、「ボックス!」だけで、いまいち興味が持てず。 他に観たいものがあったので、パスしていた「運命のボタン」を、金曜日のレイトショーで鑑賞。 (そういえば、この作品の原題も「THE BOX」^^;)「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしても、少ないかな...
「運命のボタン」  THE BOX (俺の明日はどっちだ)
・ ある日突然、痩せた喪黒福造みたいなセールスマン風の男から24時間以内にボタンを押せば100万ドルが手に入るが、その代わりに見知らぬ誰かが死ぬという奇妙な箱を受け取った夫婦の運命をミステリアスに描いたリチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説を映画化し...
運命のボタン 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
運命のボタン (映画的・絵画的・音楽的)
 『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノーマ(キャメロン・ディアス)が呼び鈴に応じて入口のドアを開けると、...
運命のボタン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェー...
運命のボタン (The Box) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたんだ...
【映画】運命のボタン…ビジンダーの第三ボタンなみの誘惑と危険度なボタン (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ヤバいです…といっても朝鮮半島の話では無くてゲームの話 久しぶりにシミュレーションゲーム、しかも何時でも何処でも寝床でも出来るPSPのソフトなどを購入してしまったため、寝る間もブログを書く間も惜しんで遊んでおります 先日の土曜日から日曜日にかけてなどは徹夜...
『運命のボタン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 運命のボタン 』 (2009)  監  督 :リチャード・ケリーキャスト :キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、サム...
「運命のボタン」 トンデモ科学映画だったんだ! (はらやんの映画徒然草)
興味はあったのですが、なんとなくスルーしていた作品です。 んー、感想としては、不