ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天使と悪魔

2009年05月15日 | 映画(た行)
天使と悪魔(原題:ANGELS & DEMONS)
【2009年・アメリカ】劇場で鑑賞(★★★☆☆)


2006年に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。
ダン・ブラウン原作の"ロバート・ラングドン"シリーズの1作目となる「天使と悪魔」を、映画版では時制を前後させ前日譚ではなく続編としている。

ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)の元に、ヴァチカンからの使者が訪れある事件の協力要請を受ける。現在ヴァチカンではローマ教皇が逝去し、新教皇を決めるためのコンクラーベ=【教皇選挙】が行われようとしている時期だった。だが、秘密結社イルミナティが、次期教皇最有力候補である枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに枢機卿を殺害すると予告してきた。しかも欧州原子核研究機構=CERNから反物質を盗み出し、ヴァチカンのどこかにそれが設置されていた。秘密結社イルミナティとは、16世紀に科学者によって設立されるも、ヴァチカンの激しい弾圧で消滅したものと思われていた組織だった。ラングドンはCERNの科学者ヴィットリア・ヴィトラ(アイェレット・ゾラー)と共に、犯行予告のキーワードから、イルミナティの"啓示の道"を解き明かそうとする…。



これは珍しく原作読んでます。
あの面白い原作をあそこまでつまらなくした「ダ・ヴィンチ・コード」。
今回はどうかな? 
ま。そこそこ面白くなってました。
もともと膨大な情報量をもった小説を2時間に収められる訳もなく、今回もさらっと流してるところが多かったんですが、物語にはなってた。



「ダ・ヴィンチ・コード」に比べるとスケールは小さいけど、物語としてはこっちの方が面白いのよね。

今回のテーマとなっているのは"宗教と科学"。
宣伝では前回のダ・ヴィンチにあやかって"ガリレオ・ガリレイの謎を解け"って言ってるけど、ガリレオはイルミナティの会員だったというだけで、ほとんど関係無いに等しいんですよね。
どちらかというと重要なのは、"啓示の道"を指し示すジャン・ロレンツォ・ベルニーニの彫刻たちなのですよね。

ちなみにこの作品、トム・ハンクスの初のシリーズ物なのよね。
ほら、前回変な髪型選手権で、ぶっちぎり1位になってた髪型も普通になってたしね(笑)。
ちょっとしたヴァチカン観光も楽しめちゃうから、一石二鳥な映画ですわん。

監督はロン・ハワード。
全米興行成績:初登場1位→4位→6位→8位→9位→ランク外
全米興行収入:1億2330万ドル
日本興行成績:初登場1位→1位→2位→2位→3位→6位→7位→9位→ランク外

2009年5月15日公開
公式HP:天使と悪魔


天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


Angels & Demons(「天使と悪魔」輸入盤サントラ)
Judith Farmer,Kenneth Munday,Michael O'Donovan,Peter Mandel,Rose Corrigan,Andrew Shulman,Armen Ksajikian,Cecilia Tsan,Chris Ermacoff,Christina Soule,Dane Little,David H. Speltz,Dennis Karmazan,Erika Duke Kirkpatrick,George Kim Scholes,Giovanna Clayton,Jennifer Kuhn,John Walz,Martin Tillman,Paula Hochhalter
Sony Classical

このアイテムの詳細を見る


天使と悪魔 (上) (角川文庫)
ダン・ブラウン
角川書店

このアイテムの詳細を見る


■シリーズ前作はこちら

ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション (2枚組) [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産) [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


The Da Vinci Code(「ダ・ヴィンチ・コード」輸入盤サントラ)
Julie Andrews,Anthony Pleeth,Martin Tillman,Nicholas Bucknall,Richard Harvey,Hans Zimmer,Richard Harvey,Mary Scully,Jonathan Snowden,Richard Watkins,Skaila Kanga,David Theodore,Frank Ricotti,Gary Kettel,Paul Clarvis,Hila Plitmann,Fretwork,Peter Lale,Hugh Marsh,Thomas Bowes
Decca

このアイテムの詳細を見る

コメント (18)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« チョコレート・ファイター | トップ | ハイキック・ガール! »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね~ (miyu)
2009-05-16 20:19:19
サスガに前作の反省を踏まえて、
それなりに無難に仕上げてきてましたね。
トム・ハンクスもなんかふっきれた感じでしたし、
観る側もそれなりの期待値だったのもあるでしょうかね。
アレンジ (ともや)
2009-05-16 20:47:50
こんばんは、miyuさん♪
ですね。
今回は原作に忠実に…ではなく、かなりアレンジ加えてきましたからね。
でも心に引っかかるモノが何も無いんですよね、この映画。
もう1回観ようとは思えない。
そこがちょっと残念かな?
安心できすぎ (にゃむばなな)
2009-05-16 21:37:52
トム・ハンクスにロン・ハワード監督ということで、なんだか安心できすぎな映画でしたね。
だから挑戦的な試みもないですし、映画としては安定しすぎて逆に面白みが欠けちゃってましたよ。
こんばんは~♪ (由香)
2009-05-16 22:32:06
お邪魔します♪
前作よりは良かったですよね~
今ダ・ヴィンチ~をTV放送していますが、観ないでPCに向かっています(笑)
あれはダメでした~ガックリだったわん。

で、、、今回は前よりマシってだけで、やっぱりイマイチ感はありました~
深みが無さ過ぎて、原作大好き人間としては粗ばかり気になっちゃった(汗)
ハンス・ジマー (ともや)
2009-05-17 01:34:48
こんばんは、にゃむばななさん♪
こういう無難な作品を作るのが、逆に難しかったりしますからね。
やっぱりそこはロン・ハワードなんでしょうね~。

でも前作に引き続いてのハンス・ジマーの音楽は素晴らしかったですわん♪
TV (ともや)
2009-05-17 01:40:07
こんばんは、由香さん♪
あ、今日TVで「ダ・ヴィンチ」やってたんだ?
もう1回見直す気ナッシングですね。
あれをもう1回観るなら、小説を読み直したい♪

>深みが無さ過ぎて、原作大好き人間としては粗ばかり気になっちゃった(汗)
こればっかりはどうしようもないでしょうね。
一番この想いにかられたのは「ハンニバル」の映画を観た時でしたが、基本、原作を越えて面白いっていうのは、なかなか無いものですわん。
Unknown (KLY)
2009-05-17 03:03:09
由香さんの言ってることわかるな~。
私も粗ばかりがきになっちゃいました。
イルミナティ対ヴァチカンの歴史的な対立とか、反物質に関しての説明はほとんどはしょられちゃったんで、ほんと今起こっているテロを防ぐジャック・バウアーになってましたよね。(笑)
まあでもそういう意味では良くまとめてきた方なのかな。^^;
こればっかりは (ともや)
2009-05-17 04:46:22
こんばんは、KLYさん♪
情報量の多い原作を映像化するには、こうするしかなかったんでしょうね。
それにしても、何とかうまくまとめた方じゃないですかね?
こんにちは (たいむ)
2009-05-17 10:20:09
>トム・ハンクスの初のシリーズ物
そういえば、そうですねー。
記者会見で5作はやりたいとか言ってましたが・・(^^;

そそ、「ガリレオ」の名前にひかれたけれど、ほとんど登場しないのには肩透かし。あのコピーは如何なものかと思ってました。
概ね楽しめたけど、フツーの謎ときモノっぽい軽い作品でしたね。
ひぃぃぃぃいいぃぃぃいいぃ~! (ともや)
2009-05-17 19:12:32
こんにちは、たいむさん♪
>記者会見で5作はやりたいとか言ってましたが・・(^^;
ひぃぃいいぃぃいいいぃ~、そんなこと言ってましたか(笑)。
ま、主人公は宗教象徴学者なんで、首を突っ込めるネタはまだまだいっぱいあるでしょうしね~♪

>「ガリレオ」
画家や彫刻家では無く天文学者だから、自費出版した本に集会所の行き方を隠してました…ぐらいの関わり方しかできない。
こういう宣伝文句を考えるのも、担当者が映画を観てないか、馬鹿か、のどっちかなんだろうね。
ここは"秘密結社イルミナティ"とヴァチカンとの宗教と科学の因縁を前面に押し出すべきなのに。
『前作がヒットしたんで今回も同じように宣伝しよう』←この考え方の時点で馬鹿
『登場する偉人で、一番有名なのはガリレオだな、よしコピーは"ガリレオの謎を解け"で決まり!』
『そうしよう、そうしよう!』
※これはともやの空想上の出来事です。

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事