Silenceのほとりで散歩 by ともすけ

山アリ谷アリのアフガニスタン赴任→モーリタニアにて仏語と格闘後、2018年春からパプアニューギニアにて新世界に挑み中…

このブログについて(最新記事はこの後に表示されています)

2099年10月13日 | ブログ案内&連絡事項

2014年秋ブログ人よりGooに引っ越してまいりました
一記事一カテゴリー設定への対応、画像のサイズ訂正、閉鎖したHP関連記事の整理など、のんびり訂正が入ります…

Webの雑踏の中にころがるこのブログをご訪問いただきありがとうございます。私は1998年から、デヴィッド・ボウイ/David Bowie(ボウイさん)のインタビューや歌詞の訳「こっそり訳詞集」を中心としたHPを運営していました。

HPを立ち上げた90年代終わりから10年程でネット文化にもネットの利用者にも劇的な発展と変化がありました。著作権や肖像権のことをもっと気を遣わなくてはならないこと、自分の書いたコトで不快に感じる人もいること、また知らないところで批判されうることも覚悟しなくてはならないことも知りました。

これらの流れにスマートに対応できる自信が持てず、転職&海外赴任をきっかけにHPは2007年11月に内容を縮小、2015年2月OCNのHPサービス終了とともに閉鎖しました。一方、HPの更新連絡用であったブログは継続し、趣味や生活、そしてボウイさん含む人々から受けた刺激や感動などなどを投稿し続けたいと思います。

2013年のボウイさんの10年ぶりの新アルバム「The Next Day」発売にココロ踊るまま、全曲の解釈と感想を投稿してみました。HP運営を通じ、多くのボウイファンとの素敵な出会いがあったことを思い出し、以降、少しづつ旧HP上にあった多量の歌詞訳と解釈を見直して投稿し始めました。ちょっと年をとった私にどんな新発見ができるのかわくわくしながら…。

そして、2016年1月10日…ボウイさんはこの世から去ってしまいました。寂しさに打ち勝つ道を見つけるためにも、最後のアルバム「★」の解釈をさせていただきました。ボウイさんの足取りは止まり、もう遥か先を走り続けてはいないのですから、自分の力でしっかり立って、ちょっとづつ近づいて行けるように「こっそり訳詞集」をじっくり復活・完成させていきたいと思います(アルバムごとにカテゴリー分けしています。左の柱のカテゴリー欄からご覧ください)。

ボウイさんの存在に改めて感謝。これからも、どこに行っても、ボウイさんの作品とそして遠藤先生の「死海のほとり」は私の栄養です (ともすけ 2018年2月更新★)

ご連絡、ご感想はコメント欄か☆こちらまでメールにてよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★に誘われ?PNGへ

2018年05月06日 | PNG&オセアニア

モーリタニアに着任したのがが2014年2月1日。昨年12月の段階で赴任後丸3年を超えていたので、勤め先のルールにのっとって、今年のローテーション異動の対象になっていました。

正に冬季オリンピックの最中に結果をいただいたので、その後、ものすごいことになったフィギュアスケート種目もその後の世界大会も、せっかくながら集中して追っかけることができませんでした(ああ)。

5-6行でちょっと感想を。。。羽生選手(連続金おめでとうございます!!!)の現役続行については、彼の「競技」嗜好からして、この面白い時期に参加せず辞められるかぁ!!!という気持ちなのではないかなと想像しております。男子はコレまでの経験から、(特に若い時期での)怪我を防ぎつつ、この複数種類4回転&すべてレベル4の世界がはたして今後も維持されうるのか(ソルトレーク→バンクーバーのような流れにならないか)、注目しております。田村岳斗先生ファンとしても、今季の宮原選手の乗り切り方&成長にただただ感動しつつ、見守り応援していました。これからも応援したいと思います。その他、女子も楽しみな選手がたくさんいて、それぞれ技術的な打開点(女子はもう技術的に拮抗&飽和しているので)を探していようなので、来季、世界的に(この男子過去4年よりはゆっくりだとは思いますが)変化があるのではと楽しみにしています。デニス・テン選手やパトリック・チャン選手など、独自の音楽性やスケーティングが大好きなスケーターの引退は寂しいですが、競技では100%は点にはならない(必要以上なので計られない)彼らの個性や魅力を生かして、スケートの別の面を競技の外にて魅せていっったり、伝えていってほしいなぁと思ったりしてます。

-----

あれよあれよと、駆け足で、後任さんやチームに仕事を引き継ぎ、引っ越し荷物や不要品の整理をし、会いたい人と会って、帰国。日本でビザ取得等のため2週間過して、3日前にパプアニューギニアに赴任しました!またまた、辞令をいただくまで、縁のなかった土地への赴任です。

また、完全に、新しい世界です!幸い、仕事や生活で使う言葉は英語なので、気持ちや時間に余裕ができる分(人の話が7~80%弱しか分からないとか、文書の読み書きに人の倍かかるとかがなくなります!)、安全や文化の違いに気をつけつつ、仏語の勉強や趣味的なコトをどうすれば続けたり再開したり始めたりすることができるか、探していこうと思います。

まずは、住むところ探し、そして車と運転開始です。運転は、日本というより英国&豪州と同じ交通ルールなので、モーリタニアのフランス式と逆となるので、やや不安です。その辺もまた、投稿したいと思います。

まだまだ、モーリタニア&西アフリカネタもたくさんあります。

大変でしたが、フランス語を含め、40代になって全く新しいことに挑むこと、自信を全く喪失すること、(ボウイさんの死もあって)自分を見直す機会を得た貴重な4年2ヶ月だったと思います!ぼちぼち整理して、投稿したいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆新四回転時代(Lz F Lo)←四回転大受難←旧四回転時代(TとS)☆

2018年02月17日 | フィギュアスケート

ここ数年、フィギュアスケートの男子シングルの試合でのプログラムに実投入される四回転ジャンプの種類が劇的発展をみせました!

それ以前は、ルッツが大得意な選手の飛び道具的に数人(古くはワイズさん→ムロズ選手やリッポン選手)四回転ルッツ(4Lz)に挑戦、成功させることはありましたが、世界大会、五輪のメダル争いレベルでは四回転トゥループ(4T)と四回転サルコウ(4S)をSPに1つ、FSに2~3つ(ゲーブル、本田武史さん等がソルトレイク前後にフリーで4T&4S、2種3回入れたプログラムを既に成功させています)という状況が15年程続いていたと思います。新採点導入以降、ステップやスピンへも体力を使う必要があるため、ジャンプの構成的には現実的にはコレがリミットかなぁとどこかで思っていました。

その壁をまず見事に壊してみせたのは、私の感覚では、中国のボーヤン・ジン選手だと思います。演技を観ると、最も難しいと一般的には言われかつ基礎点が高い4Lzの方が簡単だとされている4Tより安定して降りているように思えました。その後、あれよあれよという間に、四回転フリップ(4F)や四回転ループ(4Lo)を試合に投入、そして成功する選手が続いて現れました!

こんなボーヤン・ジン選手を観ていてあーそうかも!と思ったことは...

おそらく、以前は四回転黎明期からの流れで、三回転ジャンプの一般的難度に基づいて4Tか4Sから四回転を練習を始めていたのだと思います。しかし、実際のところ国際レベルで競技する選手となれば、一般的な難度順に関係なく、それぞれ得意(安定している、好き)な3回転ジャンプ、または過去の事故や怪我等が原因で個人的に苦手で跳びにくいジャンプがそれぞれあるのではないでしょうか。その場合、その安定していて大好きな種類の4回転から始めてもいいのでは!!!という発想の転換があったのではないかと思います。

宇野選手も、どこかでステファン・ランビエールさんに4Tが安定しない時期に4LoとかFの方が良いかもといわれた結果、4Fはすぐできたような話をしていたような。

そして子供の頃から新採点で育っている若手の選手は、しっかりスピン、ステップのレベルも取りながら(多少ぎこちなく、「できばえ」加点はこれからというの場合も多いですが、始めから難易度レベルは取りにいっているところが偉いです)、高難度の四回転を3種類以上FSに4本、5本、ついに6本と組み込む選手も現れてきました。ボーヤン選手、宇野選手、そしてネーサン・チェン選手にヴィンセント・ジョウ選手。これに、ジュニアの頃はギリ旧採点だったり、4T4Sの習得にすでに体を酷使してしまっているちょっと前の世代(羽生選手、Pチャン選手、フェルナンデス選手などなど)はこの世代と競い、可能であれば新ジャンプにも挑戦し、まだ総合力で勝つことも多いですが、技術点では負けたりしている状態が今のような気がします。

ここでとても心配なのは、旧採点時代下での四回転時代→新採点移行期にあった2つのことが繰り返されないかということです。

まずは、ソルトレイク五輪→トリノ五輪ころ、既にトップ選手はSPに1本、FSに2-3本(その場合4Tと4S)四回転を入れていましたが、 四回転の練習方法や一日の適切な練習量が確立されていなかったこともあってか、怪我→選手生命が短くなる傾向、もしくは多くのトップ選手のピークが早く短い傾向があらわれたこと(敬称略でヤグディン、ゲーブル、ランビエール、本田武史などなど)

そして、難易度ジャンプ偏重の空中戦を緩和するという目的もあって改訂された採点ルールが、新たな挑戦を難しくし、トリノ→バンクーバー五輪ころ試合で観られるジャンプの難度が時代に逆行してしまったこと

行きすぎた空中戦による怪我抑制のためにも、「ジャンプとスピンとステップのすべての要素がバランス良くそろった選手が評価されるべきいう」ビジョンには賛成です。しかし、トリノ五輪以降→バンクーバー五輪頃の高難度ジャンプ受難時代の採点は、ジャンプの難度<質の重視が過ぎたと思います。回転不足の場合ダウングレードが厳しく、たとえば現行ルールでは4回転の45度回転不足は4回転と3回転の中間の基礎点は入り90度以上不足がダウングレードとなりますが、当時は45度の回転不足で即ダウングレード+マイナスできばえ点となり、クリーンな同種の3回転(3回転基礎点+プラスのできばえ点)より点数が相当少なくなるという二重減点、挑んだものが損をしてしまう現象が起きていました。その結果、試合で四回転に挑む選手激減。女子にも3-3を跳べるのに、セカンドジャンプの回転不足を恐れ3-2に変えたり、3Aを試合で跳ぶ選手が全く増えないなど影響があったと思います。

そこでバンクーバー五輪では明らかにソルトレイク、トリノより少ない4名のみ4回転成功(挑んだ選手はもっといましたが)、金メダルは4回転無し(リレハンメル、長野、ソルトレイク、トリノの金メダリストは4回転あり)という事態になってしましました。

当時の採点ルールを生かした戦略で勝った金メダリストを非難するのは間違っていますが、受難時代も飛び続けた(敬称略プルシェンコ、ジュベール、ランビエール、高橋大輔など)当時の選手の皆さんには感謝です。

そして、遂に、4回転の基礎点が少し上がり、「回転不足」が導入され、難易度の高いジャンプ、コンビネーションに挑む選手が男子にも女子にも増えてきました。

その結果がじわじわと、男子を今の多種四回転の導入に、女子の3Lz-3Tを当たり前にし、さらに差をつけるため3Aへの挑戦者がじわじわ増えてきたのではないかと思います。挑戦すればちょっと失敗しても点が出る、挑戦する価値があると見れば、そちらの方へ流れていくのは当然ですよね。

そして、新採点導入から10年が経ち、多くのトップ選手がステップもスピンも加点付のレベル4。差をつけるのはジャンプの難度しかない時代が来てしまったように思えます。新たな空中戦時代です。

この先、どうすれば高難度ジャンプへの挑戦は妨げない形で、かつ高難度ジャンプ偏重以外でも点数を稼げるようできるか(選手生命も長くできるかも)。難しいですね。

以前投稿したことの繰り返し(きっと他にも同じことを提案している方は多いと思いますが)になりますが、例としては

(国内大会で採用している国もある)エラー無し6種類ボーナス。男子は三回転以上、女子は2A以上で、全種類そろったらボーナス技術点。これは、3Aがどうしても苦手だったり、怪我のせいで特定の3回転ジャンプが飛べなかったり、FとLzの跳び分けが苦手だったりすると、戦略としてその3回転を得意な種類の4回転に置き換えている選手がよくいます(私が過去好きだった選手もそうだったのですが)。戦略としては正解ですが、その場合ややバランスの悪い構成になってしまいます(極端な例だとサルコウ大得意だと3S2本&4S2本とか、4Sがダウングレードになると跳びすぎ事件も起こりやすく危険)。エラーなく6種類飛べる、これは評価すべき技術じゃないかなと思います。

コンビネーションは各ジャンプの点数の足し算ではなく、コンビネーションの種類ごとに点を定める。現在セカンドジャンプ3Tの点は2A-3Tでも3T-3Tでも3Lz-3Tでも4T-3Tでも4Lz-3T同じです。なので、見栄えが素晴らしい演技始めの4回転-3Tですが、実はあんまり効率的に得点を稼いでいるわけではないです。後半に2A-3T跳んだ3Tの方が後半ボーナス1.1倍で理論的にはお得です(簡単なコンビネーションに逃げると、演技構成点に響くという話は聞きますが)。あとセカンドジャンプが3Loである場合、単独の3Tと3Lo以上の得点差をつけてもいいと思います。そうすれば、きっともっとバラエティ豊かなコンビネーションが観れるようになるのではないかなと思います。女子ではもっと3Lz-3Loに挑戦してくるでしょうし、男子では絶滅危惧種の3A-3Lo(ソルトレイク五輪ころの選手アブト選手が降りていました)がまたはやるかもしれないです。3Loまでいかずとも、3A-2Loも絶滅しているかも。過去、まだ4回転がSPに入れられなかった頃(&セカンドジャンプがループ指定だったシーズンで)に見られた3A-2Loも華やかで好きでした。3A-3Tと点差がなくなるなど、ルール上跳ぶメリットがあれば復活するでしょうか。後は今でもどきっとする間に1Loを挟んだサードジャンプ3Sか3Fのパターンも、今の足し算基礎点より点が上がればもっと流行るかもしれませんね。始めてヤグディン(だったかな?)がFSに入れていたのを観たとき、セカンドジャンプ1Loをステップアウト?!かと思ってひやひやしました。

その結果、男子の場合、(高難度4回転を降りつつ6種そろっていな&コンビネーションの種類が乏しい)VS(多少難度の劣る4回転+3回転込みで6種そろい、コンビネーションが多彩)で結構面白い勝負があり得るんではないかと思います(両者ともスピンステップのレベルはそろえていること)。年齢とともに前者→後者となり、それでも戦っていけるのであれば、年齢や個性ごとにいろいろな戦略が可能となり、選手生命も伸びるかもしれません。また、体力がある家に、高難度とされるコンビネーションで点が取れるようになれば、ジャンプを後半に固めすぎることもちょっと緩和されるかも。

ただいま男子FS最終組前です。どきどき楽しみです!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマチックなカップル競技~サフマソ組優勝より

2018年02月16日 | フィギュアスケート

ピョンチャンオリンピック、個人的に注目しまくっているフィギュアスケートですが、団体とペアは終了。もう男子シングルもSPは終わってしまい、ただいまもうすぐ始まるFSを待っているところであります。

今のところの個人的ハイライトは、「ドイツ代表」サフチェンコ・マッソ(サフマソ)組の悲願の金メダルです。こちらのNumber記事は悲願の背景に、男女とももともとドイツの選手ではなかったことも含め触れています。

女性のサフチェンコさんの方は前パートナーと世界大会&欧州選手権でこれでもかと金メダルをいくつも獲得したもののオリンピックでは勝ちきれず銅メダル2回。しかも、前回ソチ五輪では女性のヴォロソジャールさんが同じウクライナ出身(サフチェンコさんのドイツに移籍前の元パートナーとウクライナ代表で五輪やワールド入賞レベル→ロシア人パートナーと組み直してロシア代表でワールドトップレベルへ→ロシア代表として初めての五輪がソチ)のヴォロソジャール・トランコフ(ヴォロトラ)組が金メダル。サフチェンコさんが五輪の金メダルの夢をあきらめきれず続けたくなる気持ち、恐縮ながら分かる気がします。

今まで何度か触れておりますが、私がフィギュアスケートを熱心に観はじめたのは1990年ころのウクライナのオデッサ出身の男子シングル選手ペト様ことヴィクトール・ペトレンコ(+もちろん伊藤みどりさん)のNHK杯の演技がきっかけで、遂に滑りはじめてしまったのも10年前のウクライナの首都キエフ赴任がきっかけです。ペト様もソ連代表(カルガリー五輪で銅メダル)→旧ソ連統一チーム代表(アルベールビルで金メダル)→ウクライナ代表(リレハンメル五輪で4位)と3つの異なる旗のもと五輪に出ています。そんなこともあって、このウクライナ出身の二人の女性の競技人生ドラマを興味を持って追いかけております。これで二人とも五輪&ワールド&欧州トリプル金メダリスト。感慨深いです。

サフマソ組でまだ競技を続けるのか、少し若いヴォロソジャールさんの方は今季は産休育休ですが、ヴォロトラ組もとても好きなので復帰してほしいけれど、するのか、再度二組が同じ試合に出ることはあるのか、見守りたいと思います。

カップル競技(ペア&ダンス)とシングルの違いですが、常に相手と動きや気持ちを合わすということ、真剣に取り組まないと命に関わる大怪我も起こりうること、がまず浮かびます。それに加えて、よりよいパートナーや練習環境を求めて、活発にパートナーを変えたり、拠点を替えたり、しかもパートナーと国籍が違う時には、五輪を目指すために国籍も変える必要があったり(また、あえて五輪はあきらめたり)するとことも挙げられると思います。

日本からも川口悠子さん、井上玲奈さん、若松詩子さんなど海外でパートナーを見つけて頑張ったペア女子がいますよね。

そのため、「どこどこの国代表がメダルを取った!」だけでは収まりきれないドラマ満載のカップルがホントたくさんいると思います。そんなこんなでシングルとは違った表現や技術的魅力とドラマ満載のカップル競技、団体戦で注目もされたことですし、日本でももっと放送され、ファン増加や競技人口の底上げに繋がればいいのになあと思ったりしています。

四回転新時代のことを書く予定の前書きのつもりが...長くなりました。ここまでで一応まとまっているようなので一旦投稿します!

続いて、☆新四回転時代(Lz F Lo)←四回転大受難(二重減点)←旧四回転時代(TとS)☆を「簡潔に」男子FS前に投稿したいところですが、こちら2月16日23時58分(日本マイナス9時間)です。あと一時間しかないので競技中か後になりそうです(汗)。怪我なく、悔いのない演技同士の競い合いとなりますように!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆フランス語学習こぼれ話~その11 ~英語⇔仏語、直訳置き換えでいいの?!☆

2018年02月12日 | (40代からの…) フランス語学習

続いて小ネタです☆

英語と日本語の間だと、単語の直訳置き換えするだけでは意味をなさないですよね。なのに、英語と仏語の場合、「似た単語同士(ラテン語起源?)」なら置き換え(前回その10で触れた「静電気」のように文法上名詞と形容詞が逆転する場合多しですが)で通じるのは分かるのですが、「全く似ていない単語」でも、単純置き換えでOKな場合があって、え!!!それでいいの?!と思うことが時々あります。

一番簡単な例が「Good Morning!」→「良い朝」では日本語では挨拶にならず「おはよう!」です。別の文化的感覚が発展して挨拶として使われるようになったことが感じられます。→仏語だとままそのまま「Bonjour」=良い+朝/日です。ドイツ語の「グーテン・モルゲン」も「良い朝」ですよね。でもドイツ語の方が音&綴り的に英語の「グッド・モーニング」とかなり似ていて簡単に納得いきますが、仏語は音&綴り的には似ていないですよね。でも置き換えでOKなんですよね。

仏語を勉強してすぐ、それでいいんかいと思ったのは、英語「Maybe」=「多分」→仏語「Peut-être」=May/Can+beで「多分」です。あと、しばらくして、この投稿の内容のことを考えるきっかけとなった単語が、英語「Well-being」=福祉/心身が健康で幸福な生活状態→仏語「Bien-être」=Well + beで同じ意味です。これは新しい概念だと思うので、どちらかの言葉で(もしくは他の言葉で)できたとき、どちらか、もしくはどちらもが直訳したのではないかなと思っています。

他の欧州言語間でももともとの「言語族」が違っていても、昔から盛んに人と文化、商業上の交流があり、翻訳も盛んに行われ、その流れで、新しい観念であれば置き換え直訳してしまったり、訳せない場合はそのまま拝借したりしながら、互いに発展していった結果ではないかなと推測しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加