明日に向けて

福島原発事故・・・ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れの中で、私たちはいかに生きればよいのか。共に考えましょう。

なぜ戦争を止めたいと思うのかー「正義のためには武器も必要だ」と思ったことがあるからこそのメッセージをダニー・ネフセタイさんと発します! 明日に向けて(2202)

2022年05月06日 17時00分00秒 | 明日に向けて(2201~2400)

守田です(20220506 17:00)

5月14日夜に埼玉県森林公園の古民家ギャラリーかぐやさんでお話します。
チラシをご覧下さい。

平和のためのトークバトルで言いたいこと

「平和のためのトークバトル」というタイトル。いやいやこういうバトルなら喜んで参加してしまいます。
一緒にお話するのはダニー・ネフセタイさん。『国のために死ぬのはすばらしい?』という本を書かれた方です。
もう二回もジョイントトークしていますが、実は僕らは若い時は、「正義のためには武器を持って戦うべきだ」と熱烈に思った経験を持ったもの同士。ダニーさんはイスラエル空軍のジェット戦闘機にすら乗っていました。


戦争絶対反対、「しかし」をつけたらダメとダニーさん 福山市のジョイントトークから

僕自身は17歳の時に、友人に誘われて成田ー三里塚闘争に飛び込んでいきました。
後に新右翼となり、人を殺めてしまい、刑務所に12年間服役しながら『天皇ごっご』という小説を書いた見沢知廉という親友と共にでした。実はその『天皇ごっこ』の成田闘争の場面に僕が登場しています。「上杉進也」というペンネームでです。


わが友、見沢知廉の放った『天皇ごっこ』

そのことはまた、おいおい書くとして、ともあれ、本当に運よく、ダニーさんも僕も、その時に人殺しをしなければならない関係性の中にいなくてすんだのでした。人殺しどころか誰も傷つけなくてすんだ。
そんな僕らだからこそ、言わなくてはいけないことがあると強く感じているのです。

戦争は兵士たちに、若者たちに、人殺しをさせることだからこそしてはいけないのだと。お願いだから若者に人殺しをさせないでくれと。人殺しをした側もものすごく傷つくのだと。それをせずにすんだラッキーな僕らだからこそ、声を大にしてを言いたい。


ロシアの侵攻はダメ!でも英米・ゼレンスキー政権も支持できないと守田 福山市のジョイントトークから

ウクライナとユダヤ人の悲劇

さらに僕はユダヤ人であるダニーさんを前に、ウクライナの悲劇の深さについてみなさんに語りたいです。
あそこが中世から近世にかけて最もユダヤ人が多く住んだ地であったことをご存じでしょうか。そこにナチスが攻め込んでたくさんのユダヤ人を絶滅収容所に送りこんだ。
でもその収容所にいたる線路を爆破してくれというユダヤ人パルチザンの声を、連合軍が無視したことをご存知でしょうか?


ジョイントトークの前に福山市ホロコースト記念館を共に訪問 野田和則さん撮影

さらにそのウクライナが、チェルノブイリ原発事故で手酷く被曝してしまった。ものすごい健康被害があり、ウクライナの医師たちが懸命の告発を行った。
でもその時、国連科学委員会(UNSCER)をはじめ、西側の原子力マフィアがその訴えを押しつぶしたことはご存知でしょか?
その一連の流れをしっかりつかむ中でこそ、平和のあり方が見えてくると僕は思っています。

この日、僕は万感の思いを込めて、平和への祈りを発信しようと思います。わが心の友、ダニーさんと共に。
ぜひお越しください!


ダニーさんの書 お勧めです!

#国のために死ぬのはすばらしい? #ダニーネフセタイ #古民家ギャラリーかぐや #平和のためのバトルトーク #三里塚闘争 #天皇ごっご #ユダヤ人 #絶滅収容所 #ウクライナ #戦争やめて

注目動画
チェルノブイリ原発事故の影響からみるウクライナ紛争~戦争はあくまでも悲しくむなしいもの。みんなで止めよう~

*****

連載2200回越えに際し、戦争と原発から命を守るための取材・執筆活動のためのカンパを訴えます。どうか支えて下さい。よろしくお願いします。
振込先 ゆうちょ銀行 なまえ モリタトシヤ 記号14490 番号22666151
Paypalからもカンパができます。自由に金額設定できます。
https://www.paypal.me/toshikyoto/500

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする