明日に向けて

福島原発事故・・・ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れの中で、私たちはいかに生きればよいのか。共に考えましょう。

福島原発事故とウクライナの戦争のつながりについてお話します(群馬県玉村町14日) 明日に向けて(2201)

2022年05月05日 22時30分00秒 | 明日に向けて(2201~2400)

守田です(20220505 22:30)

5月13、14日と再び群馬県にお邪魔し、玉村町で福島原発事故とウクライナの戦争についてお話します。チラシをご紹介します。



群馬県の被曝とウクライナの繋がり

僕が群馬を最初に訪れたのは、2015年4月。県内の女性から「自分の周りで県内で二人、県外で一人、水頭症の赤ちゃんが生まれました。口蓋裂の赤ちゃんも生まれてのど元まで裂けていました。被曝影響が心配でたまりません」という電話が
かかってきたことがきっかけでした。「だとすると心筋梗塞などが身近で起こる可能性があるので、周りの方に心臓を守るように呼びかけて下さい」と答えると、「実は30代中頃の男性の友人が心筋梗塞で亡くなりました」と答えられました。
ぜひ群馬に危険性を伝えてに来て欲しいと頼まれて以降、僕はほぼ毎年群馬に通い続け、命を守り合うための情報と知恵を交換してきました。それで今回、7年前に「アースデイ群馬inまえばし」用に作った自分のスライドを見て、ビリビリとしました。

僕は「被曝の危険性を伝えよう。政府や国際原子力マフィアの言うことを信用しないでと訴えよう」と思い、2011年に出された『ウクライナ政府報告書』の内容を話したからでした。ウクライナの医師たちが暴きだした被曝の実相を活用したのです。


『ウクライナ政府報告書』 2011年4月刊行

今思うのは、国際原子力マフィアはこれを一番嫌がったのだということです。福島原発事故の影響を『ウクライナ政府報告書』から読み解かれることを恐れたのです。僕は「チェルノブイリ原発事故の後遺症」と題したスライドもお見せしています。
「甚大な被害が認知されず十分な国際的援助を受けれず→ウクライナ社会の分裂→内戦へ!ウクライナ新政府VS親ロシア派 新政府にはアメリカが加担 親ロシア派にはロシアが加担 新政府側にはネオナチも!→単純にどちらが正義とも言えない ウクライナ政府報告書抹殺のため?」と書いていました。


アースデイ群馬inまえばし用守田スライドより 2015年4月19日


マイダン政変と国連科学委員会(UNSCER)による被曝影響隠し

『ウクライナ政府報告書』では例えばこんな指摘がなされていました。「慢性疾患の中でも圧倒的に多いのが循環器系 がん以外の慢性疾患による死因の89% 脳出血、脳梗塞、心不全、心筋梗塞、狭心症」。
僕が電話で「心筋梗塞に気をつけて」という話をしたのもそのためで、この報告書は、福島原発事故で被曝をしてしまった日本の民にとって、命を守る道標の一つでした。原子力マフィアはだからこそ憎悪し、もみ消しに入ったのでした。
まずは国連科学委員会などが報告書を酷評し、さらに2014年2月にマイダン政変=クーデターが起こりました。その中にネオナチがおり、後にウクライナ正規軍に編入されてアゾフ大隊と名乗りました。背後にはアメリカがいました。


2014年2月政変の時のキエフ ムスティスラフ・チェルノフ撮影 WIKIMEDIA COMMONS より

一方、この年の4月に国連科学委員会(UNSCER)から福島に関する報告書が出されました。「福島原発事故の結果として生じた放射線被ばくにより、今後がんや遺伝性疾患の発生率に識別できるような変化はなく、出生時異常の増加もないと予測している。その一方、最も高い被ばく線量を受けた小児の集団においては、甲状腺がんのリスクが増加する可能性が理論的にあり得る」というものでした。http://www.unscear.org/docs/14-04441_Factsheet_Press_J.pdf
国連科学委員会はこの報告書を携えて、2014年9月5,6日に福島市、郡山市、11月10~12日に東京と福島で「現地説明会」を行い、「原発事故による被曝影響などほとんどない」と公表しました。


国連科学委員会の郡山市説明会について報道するFNN 2014年9月


ウクライナにも群馬にも必要なのは医療援助だ。でも誰もウクライナの人々を被曝から助けず、同じように東日本の人々も助けていない

ウクライナの被曝は深刻でした。例えばベラルーシとの国境に近いコロステンという町の学校(生徒数485人)で次のような異常が報告されていました。
甲状腺などの内分泌疾患48.2%、背骨の曲がりや異常など肉体発達障害22.1%、目の障害19.2%、呼吸器官の障害6.7%、消化器疾患、神経疾患5.0%。この結果、授業の短縮や、学年末テストの廃止もなされています。


アースデイ群馬inまえばし用守田スライドより 2015年4月19日

こんな状況だからウクライナに必要だったのは医療援助であり、さらなる広域の調査と手当でした。しかし内戦が激化され、東部でロシア系住民への政府軍による迫害が強められました。その末に現在の戦争に至ってしまっています。


戦争は兵士の心も深く傷つける ウクライナ兵500人の自殺を報じるHUFFPOST 2017年6月28日
https://www.huffingtonpost.jp/2017/06/26/ukraine-conflict_n_17302138.html 

背後にあるのは被曝影響なのです。しかしウクライナの人々は、国際原子力マフィアによって被害を無視され、もみ消され、何の助けも与えられきませんでした。そしてそれと同じ被曝影響のもみ消しが東日本で起きているのです。
だから私たちは、今回の戦争の中で、チェルノブイリ原発事故の影響が見えなくなってしまう事態と抗わなくてはいけません。いまこそ『ウクライナ政府報告書』に立ち戻る必要がある。
その視点からウクライナの民衆との連帯を構築し直すとともに、その視点から東日本で起こっている事態を直視しなくてはいけない!今回僕はこの点を軸に、玉村町でのお話を組み立てようと思います。

前夜には高崎駅頭で行われる金曜日の脱原発行動=タカキン行動にも参加します。(13日午後7時より)その後、交流の場も設けてくださるそうです。楽しみです。群馬のみなさん。お近くのみなさん。ぜひお越しください。


タカキン行動にも参加します! 2022年4月22日 508回目のタカキン行動 高崎金曜日行動 | 原発反対!戦争反対! (nonukestakasaki.org)

#群馬の被曝 #ウクライナ政府報告書 #国連科学委員会 #UNSCER #国際原子力マフィア #マイダン政変 #心筋梗塞の増加 #必要なのは医療援助 #玉村町

注目動画

*****

連載2200回越えに際し、戦争と原発から命を守るための取材・執筆活動のためのカンパを訴えます。どうか支えて下さい。よろしくお願いします。
振込先 ゆうちょ銀行 なまえ モリタトシヤ 記号14490 番号22666151
Paypalからもカンパができます。自由に金額設定できます。
https://www.paypal.me/toshikyoto/500

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする