薫のよもやま話

森山かおる
市原市議会議員
重度障がいの息子を育てながら、一市民としての思いを
ありのままにお話しします

上総いちはら国府祭り

2017年10月01日 | 日記

市内最大のお祭り、上総いちはら国府祭りに行かれましたか? 

昨日は「練り踊り」に市議会議員会で出場。3年目になり、振り付けもようやく覚えられました。でも正直いうと、4曲のうちには出だしが分からないものも・・・。そこはテキトーにごまかしながら、周りに合わせる

カメラを向けられるとポーズしてしまう女性議員。左から、私、伊佐議員、小沢議員。

練り踊りには、市の職員も出場。中央は笑顔の小出市長です!

市のマスコットキャラクター、オッサくんも登場!

こちらは市民舞協会の方。さすがに皆さん揃っていて美しい踊り。

数回の休憩をいれながら、2時間踊りました~。この日は曇り空で、暑くもなく寒くもなく、踊るにはちょうど良いコンディションでした。

2日目の今日は家族ででかけました。12時スタートというのに、30分前に会場に到着したらスゴイ人、人、人にビックリ。屋台の前は行列ができていて、息子の車いすを押してると通れないくらい程。

いっぱい食べてから隣のショッピングセンターに設けられた会場に行くと、古武道「立身流」の居合と真剣の試し切りが行われていました。

いやー、迫力ある!

立身流は千葉県指定無形文化財です。室町時代から続く伝統を、来年はもっとたくさんの方に見てもらいたいですね。

2日間、多くの人出で賑わった「上総いちはら国府祭り」。29年度決算では、その費用対効果を笑顔で聞きたい!

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦しかった、この一カ月 | トップ | 祭りを支える青年たち »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事