薫のよもやま話

森山かおる
市原市議会議員
重度障がいの息子を育てながら、一市民としての思いを
ありのままにお話しします

視察「シラハマ校舎」

2017年10月29日 | 日記

先日の視察の続きです。午後からは「シラハマ校舎」を視察しました。

3年前に南房総市白浜町にある旧長尾幼稚園と小学校の校舎のリノベーションを行い、シラハマ校舎を誕生させた合同会社WOULDの多田氏から話を伺いました。

多田氏は同町にあるホテルの社員寮のリノベーションを行い(白浜アパートメント)8年前にオープンさせておられ、その延長として、シラハマ校舎を手掛けられた。奥様が白浜町出身だとか。

シラハマ校舎には、会員制のシェアオフィス2室、オフィス10室、ゲストルーム2室、レストラン、シャワー室という構成になっています。

この廊下の横、つまり教室がオフィス。

こちらはレストラン。野菜やシーフードなどの食材は地元産。

天井を取っ払って、見せる配線にこだわったとか。

 

また2拠点生活として都心部の人が週末を利用して過ごせる場所を提供するため、校庭を21区画に分けて、無印良品が開発しグッドデザイン賞を受賞した小屋を建てられるようになっています。逆光で写真が暗くてスミマセン。

中はこんな感じ。(モデルルームより)

小屋は施工費込みで約350万円。区画には菜園が付いていて(管理は管理費用に含まれる)育てた作物を、レストランで調理することもできます。先のレストランの写真では見えませんが、奥に家庭科室の調理台とIHがあって、そこで調理できるようになっています。

都心から2~3時間で来られるので週末の住み家になる2拠点生活を打ち出し、「キャンプ以上、別荘以下」というリーズナブルな価格を売りにして現在10棟が売約済。購入者が30~50歳代なのは、高齢になるとトイレがついてないと・・・ということ。私、ギリギリか。

多田氏は「廃校のリノベーションの魅力は、すでにあるコミュニティに新たなコミュニティを発生させること」と語っておられ、地元住民に管理してもらい来訪者との交流を図ったり、ワークショップを開いて地元住民と来訪者のコミュニティ作りを図り、他にはない特徴を出したいと考えておられました。

もう一つ、他にはない特徴。1千万円もするアメリカの超高級電気自動車テスラの充電器が!

ここにテスラが止めてあるだけでも話題になるかも!

最後にゲストルーム。

こんなハリウッドミラーがついていて、ここに座れば私もハリウッド女優になれる!

宿泊料金は2名以上で一人5400円~というのも魅力です。

市原市南部にも廃校になった校舎があります。今後の利活用については都心部に近い利点を生かして、シラハマ校舎のようなコミュニティ作りにも役立つような活用ができればと感じました。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視察「道の駅 保田小学校」 | トップ | 常任委員会の視察、尾道市 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事