PHO-TO

平成19年4月にデジイチ購入、同年にHDRに出会い、現在に至ります。

コスモス畑@大村の大又農園

2018年10月13日 20時32分46秒 | ネイチャーフォト

先日から色んな所のコスモス情報をチェックしているがどこも台風の影響で芳しくないようだ。
いつもなら白木峰に行くところだが咲き具合はイマイチのようで、色々と考えていたらふとだいぶ前に大村で偶然コスモス畑がある農園に立ち寄って撮影したのを思い出した。
どこだったろうと探したら野岳のすぐ側で、そういえば野岳湖の周りの道を車で走っていて偶然見つけたんだった。
大又農園というところだが、検索すると「今年はどこも台風でやられているが、ここだけは目立った被害も受けずにきれい」みたいな書き込みがある!

ということで、10時開園とのことなのでそれに合わせて出かけてみた。
場所はまさに野岳に向かうようなもので、シュシュのある農道から右折してそのままずっと上がっていき、野岳の駐車場を過ぎてすぐあたりの右側にコスモス園の看板が立っている。
駐車場からちょっとした坂道を登らないといけないのだが、施設の方々とかもグループで訪問されていて車椅子を押し上げるのに四苦八苦されている。
ちょっぴり僕もお手伝いして(こういうところはうちのチビ達にしっかり見せて学ばせないといけない)、皆さんコスモス畑の綺麗さにとても喜んでおられた。

確かに、ここはほとんど台風の影響はなく、コスモス達はすくすくと育っている。
開園すぐだったので人もまばらであり、ゆっくり撮影できた。

それなりに風を受ける斜面なので撮影はちょっぴり苦労したが、こりゃ90mmマクロの出番は難しいと思い、風が止むの狙って70-300mmと70-200mmで撮りまくった。
なかなか綺麗な場所であり順光の斜面なので青空も映える。
今日は雲がなかったので残念だがそれでもいい感じだ。
結構な咲き具合だったので明日から数日が見頃かな。
長崎の皆さんも是非お出かけを。

大又農園
長崎県大村市東野岳町1054番地

とても綺麗だったので来年もまたここに撮影に来るつもりだ。

ポチッとお願いします~

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

コメント

ある日の釣行

2018年10月12日 20時18分56秒 | 釣り

Canon EOS 80D
Canon EF-S 10-18mm IS STM
Lightroom + Luminar 2018

先日定点ポイントに釣りに出かけたときのこと。
防波堤に到着したら釣り人が離れた位置で数名しかおらず、いつも混み合っているのでこりゃラッキーを思って車を停めた。
道具持って近づいたら手前で若い兄さんがエギングをやっている。
先の方では御老体がお一人いて、手前の兄さんまで距離が空いているのでそこまで歩いていてびっくり。
何と御老体が竿3本くらい立てて、1人で結構な幅を使って複数のウキを浮かべている。
ははぁ、これがあるから手前の兄さんまで距離があったのかと。

間に入ろうかとも思ったがどう考えても僕がジグを投げると手前の兄さんにも邪魔になるかもしれないし、それ以前にどう考えても御老体のウキに絡む可能性がある。
僕がどうしようかと立ち尽くして悩んでいたら、御老体はこちらをチラリを見て、おもむろにタバコを取り出して椅子に座って何とも白々しくどこ吹く風で吸い始めた。
これはダメだと思い、そのまま踵を返して別の場所に移動した。

まあ、先に来て自分が確保したスペースだと思うならそれでも構わないが、僕がチビと釣りに行くときなんかは後に来た人がいたらちょっとずらして場所を確保して譲ったりもする。
僕は高齢者の方を批判するなんてもっての他だと考えている質なので余り文句は言いたくないが、少しは他の釣り人達にも配慮してもらえるとありがたいのだが。

ポチッとお願いします~

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

コメント

燃ゆる空

2018年10月11日 18時36分28秒 | HDR

Canon EOS 80D
Sigma 17-70mm DC OS HSM
Lightroom CC

これまた夕方にチビから「お空がすごい」と教えてもらい、窓から覗くと何とも珍しい景色。
既に日没過ぎで、パッと身近にあった80Dを手にして定点へ走る。
三脚なんて立ててる暇もなく、手持ちで必死で撮影した。
日中曇り空でどんよりしていてもたまに夕陽はこんな感じになるときもあるので気が抜けないなぁ。

ポチッとお願いします~

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

コメント

とっとっと

2018年10月10日 19時07分49秒 | 食べ物

Canon EOS M3
Canon EF-M22mm F2
Lightroom

先日島原に出かけた際にどこかしら海鮮でうまいものところはないかと探してみたら、しっかりありました。
その名も「とっとっと」。

長崎弁では有名な方言である「とっとっと」。
県外の人が初めて聴いたらまさに「???」状態だろう。
これはあくまでも僕の我流の解説だが、

取っているのです(場所を取っている、などの意味)
→取っておるのです
→取っておるとです
→取っとるとです
→取っとっとです
→さらに平易に、「取っとっと」

ちなみに過去形だと「取っとった」となる。
他にも長崎では「~したのです」というとき、「~したとです」と妙な丁寧語を使うこともある。
大抵はこの「の」が「と」に変わったものだと僕は思っている。
「~に行ったのさ」などは、「~に行ったとさ」に変わり、よく「~に行ったっさ」と、「と」が無くなるときもあるが、促音便の一種だろう。

さて、「とっとっと」について。

漁人市場 とっとっと食堂
長崎県島原市湊新地町451番地
0957-63-9911

ふと立ち寄ってみたがちょうど席が空いたところで良かったものの、自分たちが食べているときにはもうかなりの人達が待っていた。
写真は僕が頼んだ海鮮丼だが、なかなかのボリュームだった。
駐車場で車を見ると県外ナンバーも多い。
島原に出向かれた際は是非お立ち寄りを。

ポチッとお願いします~

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

コメント

三段論法

2018年10月09日 21時21分33秒 | 雑記

三段論法とは、簡単に言えば、

大前提(Aである) → 小前提(Bである) → 結論(故にCである)

という、演繹法のひとつ。
論理的な考え方の根っこにあるものと考えても良いもの。
大前提に入るのは普遍的なものなどで、そこに根拠や理由等の小前提がきて、そこから結論を出す。
これは、自分の行動を決定づける上での重要な考え方で、想像力の違いによっても行動に変化を来すものだと僕は思っている。

例えば、スーパーの駐車場で子供が車に轢かれた事故があったとする。
住宅地内でもたまにあることだ。
この大前提としては「子供というものは見えないところから飛び出すものである(且つ、判断力は大人よりいまだ遥かに形成されていない)」という大前提がある。
では、これを大前提として、ドライバー側が何も気にせずに走行したらどうなるか。
「気づくのが遅れて轢いてしまうかもしれない」という小前提が生まれて当然だろう。
そうなると結論としては、
「スーパーの駐車場や住宅地では、子供の飛び出しを予測してスピードを落とす(徐行する)」
となって当然である。

ところが、である。
スーパーの駐車場や、住宅地の狭い道を見てみるとどうだろう。
平気でスピードを出している車がほとんどである。
子供が轢かれた事故がヤフーニュースに出た日には、ヤフコメは「子供が悪い」「親が悪い」の大合唱である。
少なくとも、ドライバー側は「免許」の保持を許されている立場の人間であるのだから、どちらに配慮の義務があるのかは明らかだ。
子供とドライバー、どちらが判断する能力が長けていると思っているのか。
なぜ子供の行動を所以にして、自分の判断力についてはそっちのけなのか。
子供が飛び出すという事故なんて過去いくらでも目にしているのだから、それに前もって対応すれば良いものを。
実際のところ周りを見渡してみると、三段論法の一段目すら考え方が危うい人達もいる。
そして一段目を知っていてすら、二段目が頭に生まれてこない。
そこからまともな結論なんか出るはずもなく、演繹的ではない考え方で行動を決定してしまうという恐ろしさ。

話は変わるが、以前町内会で公園に犬の糞が落ちていて、散歩させている飼い主の責任が問題になった。
そこである人が「いやあ、犬がやることですから」と言い訳がましいことを言っていた。
こういう馬鹿な人間が町内の身近にいるのもほんと嫌なのだが、犬に責任なんてあるわけないだろうが。
そこで糞を処理しない飼い主たる人間に責任がある、という話なのだから。
犬は糞をする、放置すると衛生上良くない、故に飼い主がちゃんと処理するべし、という単純な三段論法ではないか。
一段目だけで人生送ってちゃ周囲に迷惑かけまくりだろう。

ポチッとお願いします~

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

コメント