懐メロ・落語・映画・浪曲・時代劇・講演・朗読作品まで てんちょ~のお奨めCD&DVDレビュー

懐メロ、ヒットソング、落語や浪曲、朗読、純邦楽。時代劇や名画、アニメ等を販売する市原栄光堂 てんちょーの気儘なレビュー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Gメン'75 ← 本日のお奨め刑事ドラマ

2006年11月28日 | 映画、テレビ番組の話題
てんちょーどす。
昨日はお休みというのに、雨のため家に隔離。
本日はわけのわからん業者が出没して、なんやツキの悪い日々どす。

し、しかし!!!
めげずにまいりましょう。


明日は明日の風が吹く
2度あることは3度もない
ケセラセラこそ我が人生。
ニッコリ笑えば福が来る。


さて、そこで本日のお勧めです!

Gメン’75 (DVD全12巻/分売可能)

なんか枕とあわんなぁ……
マジ系やん、このドラマ。

まぁ、いいでしょう。
ご存知、霊界に旅立たれた丹波哲郎さんはじめ、
若林豪らが活躍した「太陽にほえろ」「特捜最前線」とならぶ刑事ドラマの白眉です。
本日はこの名作群の中から、
第5巻「終バスの女子高校生殺人事件」をご紹介いたしやしょう。
この作品、名作です。
メインは藤田美保子演じる響圭子刑事。

ある日、響刑事は、バスの停留所で態度の悪い客に注意をする。
警察の剣道で響刑事と知り合った三浦治子は、
毅然とし、堂々と正しいことをする響を姉のように慕い、警察官をめざす。
しかし、そんな彼女が終列車の中で絞殺された。
乗客たちは口をつぐみ、誰も真実を語らない。
しかし捜査を続けるGメンの前に次第に浮かび上がる事件の真相。
少女はなぜ殺されたのか!?
酔っ払って他人に迷惑をかけるチンピラ。
見て見ぬ振りをする乗客。正義を貫こうと勇気を振り絞る少女。
勇気ある少女を見捨てる、常識ある人々……
次第に明らかになる事実の前で、響は勇気なき人間たちに怒りを覚える。
しかし、そんな彼女に対し、治子の祖父は言うのだ。
「あんたの勇気は、その警察証があったからじゃないのか?
 そんなことを知らずに治子は、あんたの真似をして殺されたんじゃないのか?
 治子を殺したのはお前だ!」


この作品は、たった1時間に多くのメッセージを含んでいる。

一つは、正しいこと正しく行う勇気のすばらしさ。
二つは、普段の人間にはそんな勇気がないのが普通だという事実。
三つには、勇気を行うには、それを行い得るだけの「力」がいるという現実。


だからこそ、このドラマでの治子の勇気はすばらしく、そして無力だったのだ。
この事件で、治子の死を垣間見た乗客たちが勇者になることはないだろう。
彼らは、多分、さらに見て見ぬ民になっていく。
彼らにも家族や大切な者がおり、それを守るために自分のみを守らねばならない。
しかし!

しかし、これでいいのか、という問いかけがこの作品にはある。
答えのない問いである。この乗客を自分に置き換えたとき、どうであろうか?
少なくとも絡まれている段階では「いらんこと言うしや」と見てみぬふりをするだろう。
それは特別なことではないのだから。

とにかく前半のGメンはメッセージ性が強いドラマでした。
土曜の夜9時からという時間帯もあり、決して後味はよくなかった作品が多く、
さらにこのドラマのあと、面影とか追想とか流れるわけです。
ただ一話一話、非常に丁寧に作られた脚本と、スタッフやキャストのがんばりは、
確かに今、見ても陳腐化していません。お勧めのシリーズです。

<参考>
Gメン’75 (DVD全12巻/分売可能)Gメン’75 & Gメン’82 サウンドトラック集(CD3枚組)Gメン’75 シングルコレクションお奨め刑事ドラマ&推理ドラマDVD&ビデオ・サントラCD
コメント

倖田來未がクリスマス商戦に殴りこみ!!

2006年11月23日 | 音楽の話題
本日はニュース解説風にお送りします(by てんちょー)

 ポスト浜崎の争いが苛烈なエイベックスだが、
どうも2006年度の貢献度では倖田來未が一歩リードしそうだ。
 12月20日発売の倖田來未のニューアルバム『BLACK CHERRY』は、
今年のプレゼント・クリスマスCDの最右翼と目されている。
今回のアルバムも例に漏れず、メインは初回生産限定盤。
DVDが2枚ついているお得盤である。
現在、EXILEとのコラボで大人気の「WON'T BE LONG」も収録予定であり、
ここでも期待できる作品である。
 ポスト浜崎の対抗馬である大塚愛は、
器用なところを見せて映画出演も果たしている。
ファン層、持ち味が異なる二人だけに、互いに競争を重ね、
エイベックスの更なる屋台骨となることが期待されている。

↓↓ご予約はこちら↓↓
倖田來未 / BLACK CHERRY 初回生産限定盤(CD+2DVD)

コメント

本日はカバーソングアルバムから一つ

2006年11月17日 | 音楽の話題
へい。てんちょーどす
本日はひさびさにCDの紹介どす。
いえいえ、あっしのことですから、流行ものは今回は避けまする。
だってMEGARYUとかKREVAのことだと、お客様のほうがようけ知ったはるんですもん

さて、ほんでもって、あっしの本日のお奨めは
↓↓
福山雅治のカヴァーソングアルバム!!

これはマジでいいですぞ!
まずは曲のイメージや個性を変えていない。
よくカヴァーやレスペクトというと、バラード曲をパンクにしたり、
ぜんぜん違う曲調にしたり、ダンス曲みたいにしたりしたアルバムがあります。
それはそれで、結構面白いのですが、
てんちょー個人としては何度も聞かないんですよね。
やっぱり、名曲といわれる曲には、それぞれイメージや顔っていうか、
その曲に求めていることがあるので、それが否定されたり無視されたりしている作品は別物と思ってしまいます。
この福山のカヴァーはそういうことがない。安心して聞けるんです。
秋桜は、やっぱり娘を嫁に出すお母さんのうれしさと寂しさが入り混じったような、でも寂しい気持ちが歌われているし、
浅草キッドでは、夢に生きた青春と、それをすこし黄昏て見てしまう、そんな男の哀愁を感じるし、
ルビーの指輪は、かっこよく決めてほしい。
オリジナルのシンガーや、作曲家たちの気持ちに沿って、でも自分の歌として歌っているのが、やっぱりこのアルバムの魅力です。
うーん???
なんかCDの紹介は難しいですね。言葉ばっかりで、どうにも自分が感じている思いが表現できません。
とにかく、お奨めです。

あっ! それとつけたし。
中島みゆきの「ファイト」、あっしは福山バージョンのほうが好きです。
福山バージョンのほうがなんか前向きで、ファイト! って感じがします。
個人的感覚ですけど……
コメント

福岡 天神さんにおサルさん!!!

2006年11月10日 | 映画、テレビ番組の話題
福岡は天神町にお猿さんが出没したそうどす
ウッキー!!

今年は各地で熊さんが出没しとります。
(鉄の芸術やっている人ではありません……ってみんなわからんやろなぁ)
熊さんは猛獣やし、慌てて猟友会が出陣すんのも仕方ないんかもしれまへんが、
鴨川 三条川端あたりに群れをなすトンビを見ると、
人間が悪いんちゃうんか! と実感します。

さて、そんなこんなで本日ご紹介するのは、この商品どす

障害を持ったニホンザル モズ 母の愛(DVD)

障害を持って生まれた地獄谷のニホンザルのモズ。
人間だって体に不自由を持って日々を生活するのは大変です。
野生のサルにとって、それは毎日が生命の危険にさらされることになります。
そんなモズが春、子猿モミジを生みます。
幸い、モミジは健康にすくすく育つのですが、
その成長の影には、なりふりかまわず娘を育てようとするモズの必死の子育てがありました。
最後のほうで、大きく成長したモミジが母を気遣う姿が画面に映ります。
人間ははたして彼らより優れているといえるのか、問いかけられているような作品です。
ナレーションは「まんが日本昔ばなし」の常田富士男氏。
芸術祭でも優秀作品賞を受賞した作品です。


実は動物の作品をお勧めしようと思い、
旭山動物園の体験DVDと、ドキュメント風のドラマを考えていました。
でも、なんとなく今日はこちらをと思った次第です。

動物のために人間が犠牲になるのも本末転倒な気もしますが、
人間の強欲のために、生き物たちを不幸に追い込み、
人間に迷惑をかけたといって、気軽に駆逐する、そういう文化で育った人は
他の人間に対しても同じ論理を展開するのではないか、
そんな風に感じる今日この頃どす。

コメント

柳家喬太郎、三遊亭円丈らの落語DVD お奨めどす!

2006年11月09日 | 落語、浪曲、新喜劇の話題
唐突ですが!柳家喬太郎という噺家さんを知っておられまするでしょうか?
春風亭昇太とならび、落語界の若手の双璧、赤鬼青鬼、風神雷神、ヤン坊マー坊と称される御仁でござる。
ほんまかぁ!

柳家さん喬の弟子にして、創作落語の雄。
とにかく若い女の子を噺に入れさせたら本当にうまいのですが、
今回のDVDの「一日署長」これは最高でござんした。
もともとDVD用に催された会らしいのですが、正直言うと師が一番うけていた。
とりの三遊亭円丈師匠が、ここで終わっとこうとぼやいたのもさもありなんです。

さてさて、どんな噺かと申しますと、
アイドルが1日署長になりますねん。そんな折、立てこもり事件が発生しまする。
人質をとり、落語家の復権を訴える今日灰汁犯人(凶悪ではない!)柳亭市馬!!!(市馬師匠 楽屋にて大うけ???)

市民の説得にも耳をかさない市馬のもとに、友人、後輩が駆けつけます。まずは本DVDでTOPを演じました桃月庵白酒!
ステージの上が暑くて汗が出ると楽屋風景で言ってはりましたが、汗を拭き吹きお馬の稽古……じゃなかった説得を続けます⇒ダメ!!
 続いて市馬を心より尊敬している(はずの)後輩 柳家喬太郎。懸命に説得しますがこれもダメ。
ついに1日署長は、自分が人質の身代わりになることを申し出ます。
必死に止める、いつもの警察署長。しかし、1日署長は敢然と今日灰汁犯人 市馬の元に向かいます。とにかく今日だけのネタとちゃうかという登場人物、極めつけのサゲ。すべてがグレイトです。


 途中、1日署長を迎える芸達者な警官が、腹話術をやりますが、このシーンで、一気にお客の気持ちをつかむ技は、お見事です。

皆々様もぜひ柳家喬太郎落語をお楽しみくだされ。
ちなみにお買い上げはぜひとも、下記にてお願いいたしまする

市原栄光堂ホームページ
http://www.kyoto-music.net/

市原栄光堂 落語CD・落語DVD・落語VHSなどのお部屋
http://www.kyoto-music.net/rakugo-roukyoku.htm
コメント