懐メロ・落語・映画・浪曲・時代劇・講演・朗読作品まで てんちょ~のお奨めCD&DVDレビュー

懐メロ、ヒットソング、落語や浪曲、朗読、純邦楽。時代劇や名画、アニメ等を販売する市原栄光堂 てんちょーの気儘なレビュー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都 錦市場でアボガドを食すウサギモドキ現る。白と黒の伝説ふたたび!

2005年10月24日 | 本日の日記

我が親しき友にて、京都は錦市場にて老舗果物屋「池鶴果実」店長殿より
のような写真が届き候。

なんならぁ???
と思いつつ見てみると、書面に次のように書かれ候。

「現在、錦市場では京都市&フィレンツェ市姉妹都市提携40周年イタリア展が行われておりまする。
そのついでに若手芸術家の作品がいろんな店に展示されておりまする。
拙店にも置いたってまするが、なにを思たか真っ白けのウサギ(の形をした物体)を持って来よりました。

作者曰く「なんか果物と一緒に展示してちょ」
拙者、迷わずそこらへんにあるアヴォカードをば採り上げ申し候。」


で、これどす。
アボガドの黒さとウサギもどきの白さがあいまって……
……
……
って、コメントできるかぁー!!!!

なんで近代芸術ってこんなに難しいんやろぉ。
たぶんイタリア人も遥かユーラシア大陸の東の端で、
ウサギと呼ばれ、アボガド食わされとるとは思うまじ。

まぁ、可愛らしいから、えっかぁ!!

ということで、現在、錦市場の多くのお店では、
どっかにこんな、けったいな…じゃない! 
個性的な作品がいるはずです。
京都にお越しの方はぜひ探してみてくださいね
コメント (1)

チンドンやさんってまだいるんだぁー!

2005年10月21日 | 本日の日記
ブログ・サーフィンをしていると、
ちんどん屋なる記事を発見!

まだ、こんなんいはんねなぁーととてもうれしかった。

今も覚えている。
今は寂れたわが町だが、昔は西に京都中央卸売市場、北に島原遊郭、
近所には国鉄官舎があり、市電が走って、当時はとても賑やかだった。
今は昼時にしか混まなくなった中華飯店「城南園」(応援するヨォ!)も、
前には順番待ちのお客様が並び、長椅子でおっちゃんたちが将棋を指しながら
チャーハンを待っていたものだ。

今月ついに閉店されたハッピーさんという玩具屋さんが、
新装されたときでした。5~6人ぐらいのはでな叔父さんやおばさんが練り歩き、
僕らにアメさんを渡しながら、ハッピーのちらしを配っていました。
ちょうどミクロマン基地とロボットマンが発売され、私も親に駄々をこねて
ミクロマン基地を買ってもらいました。

合理性ということから考えると、確かにチンドン屋さんは割に合いません。
でも楽しいんですよね。会話があるって言うか、一方通行じゃない楽しさがある。
フレーメンの笛吹きじゃないが、チンドン屋さんの後ろを
ゾロゾロ・ゾロ、見知った顔も見知らぬ顔も、隣の校区も、
近所のおねぇさんの嫁ぎ先からも子供がやってきて、連なるんです。

チンドン屋のおじさんたちは後ろを振り返って子供がついてくるのを確かめて、
その後ろで楽しいような、困ったような顔をしてついてくる
大人たちとその財布を確かめながら、チン・ドラ・チン・ドラ。

そんな風景が今はないんですね……

もっと、ゆったりした時間の流れ、味わいたい今日この頃です

<こんなのもありますよ!>
チンドン屋さんのチンドン名曲集(CD) クリックしてね
なつかしい紙芝居・チンドン屋・大道芸全集(CD4枚組)   クリックしてね

コメント (1)

やらなきゃいけぬことは山ほどあれど……

2005年10月20日 | 本日の日記
やらなきゃいけないことはなんですか?

へぇ、ひさびさにgooさんちのトラックバック練習版に参加どす。
まぁ正直、商売していると、やらないかんことだらけなんですよ、毎日。

せやけど、まぁ一番大事なことは、
三十路を大幅に超えた一人の男としては○○相手の確保ですかな。
これがなかなか、見つかりませんな。
なにせ、このご時勢、商売人は明日をも知れない運命どす。
かのダイエーさんだって、いまや……だし、
プリンスホテルなんて、ついこないだまで向うところ敵なしどした。
なかなか、○になってやろうなんて奇特な方おられんもんです

これじゃ、もてない男のひがみだべ!

でも、まぁ捨てる神あれば拾う神あり。
いずれ拾ってくれるお方もあらわりましょうや。
その日を信じて今日もがんばるてんちょ~どした
コメント

我がHPのアイドル鳥 わいわい トラピスト修道院へ

2005年10月20日 | わいわい旅日記
当HPのアイドル鳥 わいわいが北海道への旅にでた。
先ほど、トラピスト修道院についたらしい。
北海道 渡島半島にあるバターやクッキーの製造で有名なところ。
私も北海道に少し住んでいたことがあるだが、
あそこのバター、チーズは本当にうまい!
トースターから出したばかりのパンにバターをたっぷり塗ると、
なんぼでも入りまする。
蜂蜜をさらに上からかけると、蜜の甘さと、バターの油脂がとろけあい、
また美味でござりまする。

さて、この写真を撮影された、とも殿のブログにお邪魔いたしてみる。
山歩きとドライブがご趣味であろう氏の
北海道の美しい写真と、一言コメントで綴られている。
北海道はもう、冬なんだなぁ……

ちなみに、私てんちょーは、このカタツムリの写真が気に入ってしまった。
僕らが子供のころは、雨が降るとよくみかけたかたつむり。
今はいずこにいるのやら。

季節はずれのかたつむり 梅雨をしのんで 一人旅

さすらいペットのわいわいとかけてみたけど……
なんか意味が通ってないなぁ……
残念!!
コメント (1)

銀英伝(銀河英雄伝説)を紹介してみる

2005年10月19日 | アニメ、特撮ヒーローの話題
世の中は正直である。
忙しさにかまけて、更新しないと、
昨日は見事にアクセス数の大幅ダウンを記録してしまった。
ひえぇえ~~!!!!

さて、そんなわけで、久々のブログ更新どす。
で、何書こう???


・考え中



・考え中



頭でもかいてみよう……




銀河英雄伝説(DVD全45巻/分売可能)


これはええ作品どす
小説の重厚さ、遠大さ、それぞれのキャラクターの個性が見事に完全アニメ化されている。
遠い未来の宇宙を舞台に、銀河を二つに分ける銀河帝国と自由惑星同盟の死闘とそれによってもたらされる人々の運命を追う。
両陣営の中心人物である、ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーを中心に展開される物語は優れた叙事詩になっている。
正直、こういう作品をアニメ化すると、原作とまったく違う内容になったり、
名場面がカットされたり、
声優の評判が悪かったりして、こけることが多いのだが、
本作は「否」である。

原作に忠実に描かれたシナリオ、
宇宙の美しさと閃光となって消え去る命、
人間の愚かさを白日にさらすように描いた絵。
さらにおもに戦闘シーンに使われたワーグナーの名曲の数々は
アニメ作品を越えた重厚感を生み出した。

専制と民主共和制、戦争と平和、理想と現実、
そして、人命と正義。
さまざまな価値観や手法の違いが、銀河を赤い血の色に染めていく。
しかし、そんな中にも脈々と続く人々の日々の営み。

単なる宇宙活劇としてみてもいいし、一大歴史絵巻としてみてもよい。
哲学的なメッセージをこめた一大叙事詩としてみたってかまわない。
懐の深い、すばらしい作品。
コメント

わいわい 延命公園(滋賀)にてレモンちゃんに会う

2005年10月12日 | わいわい旅日記
さすらいの旅を続ける我がHPの人気者(?)わいわい。 詳しくはこちら
本日は常陸の国 長者ヶ浜潮騒はまなす公園に向けて旅の途中ざんす。

そんなわいわいから、あっしに向けて一通の書状が届き申し候。
すわ、一大事!!
書面を開きし、我が眼に映りしは、

延命公園 でSNOWさんちのレモンに会ったよ。
一緒に記念写真撮ったから送るね~。
じゃあね~


まぁ、いつものお手紙なり。
ただ写真を見ていても仕方ないので、遭遇せしレモン殿の飼い主、
SNOW殿のHPを覗きにGO!!!



また、こったページである。
いやいや、悪い意味ではござりませぬ。
まるでテーマパークに来たような仕掛けの数々。
案内の女の子は動き回ってしゃべっている。
(なんかそこら中で寝る悪い癖もっとるが……)
ほんでペットの部屋とかもあって、なんだか楽しい。

一度行ってみる価値ありどす。

唯一、不満あり
雰囲気が女の子、女の子してて、
男性たるあっしはなんだか長居しずろうござった。
別に照れる必要はないのだが……
ヘンな俺……

それではお休みなさい


コメント (1)

された親切はいっぱいあるのにぃ……

2005年10月11日 | 本日の日記
最近された親切・してあげた親切をおしえてください

このテーマはお・も・い!!!!
近所の定食屋さんで、お味噌汁のかわりにうどんつけてもらったとか、
勝手に家を飛び出した、うちの飼い犬を無事家まで届けていただいたとか、
さすらいペットのわいわいのご縁で知り合ったりとか、
してもらった親切はいっぱいあるのに、
自分がしてあげた親切ってないのにビックリ……

おら、なんてひどい奴だ。
今日は反省だぁ。反省だぁ、反省だぁ……

あっ、そういえば昨日、酒屋さんに車で行った帰り、
ノラネコが4匹ほどで、横断歩道渡ってたんで、
ブザーも鳴らさず渡り終えるの待ってました。
後ろの車は、ネコが見えないんで、ガンガンクラクション鳴らしましたが、
ネコひくと嫌やし、ネコもなんか気使いながらわたっとったし、
渡り終えるのをじっと待っておりました。
これってネコにとってはエエ人やったかも!!!

あきまへんやろか???
コメント

宇宙戦艦ヤマト 主題歌集聴いてみました!

2005年10月09日 | アニメ、特撮ヒーローの話題
本日は体育祭などで、お店に来る方もまばらですゆえ、
久しぶりに昔聴いたアルバムを箱から出して聴いてみました。

宇宙戦艦ヤマト ベスト(CD)
……いいですねぇ……
私たちの世代には生きるということの意味を考えさせられた名作です。

敗戦の玉音放送の折、子供だった松本零士氏が家に帰ると、
氏のおかぁさんは自分の喉元に刀を突きつけ、占領軍があまりに無理難題を押し付けるならば
辱めは受けず、死のうと幼い零士氏に語ったそうです。
第1作「宇宙戦艦ヤマト」では、沖田艦長をはじめヤマトの乗組員の目的は、
イスカンダルにたどり着き、コスモクリーナーを持ち帰ることでした。
死んでしまっては彼らの旅は意味がないのです。
生きて、同胞たる地球人を救わねばならないのです。
そこには、松本氏の太平洋戦争末期の思想へのアンチテーゼが隠されていると
思うのは私だけではないと思います。

第2作、「さらば宇宙戦艦ヤマト」でヤマトは散ります。
これは松本氏の原作といってよいか、やや疑問ですが、
「命」の大切さ、意味についてのメッセージは脈々と受け継がれています。
このベストに収録されている3曲目「ヤマトより愛を込めて」の歌詞にそれを感じることができます。

その人の優しさが 花にまさるなら
その人の美しさが 星にまさるなら
君は手を広げて 守るがいい
身体を投げ出す値打ちがある
ひとりひとりが思うことは 愛する人のためだけでいい


命をかけて何かをなそうとすることを、彼は否定していないのです。
でも、それは大切な何かを守るため、自分の意志で決めることなのだと思います。
戦時中、各国の多くの兵士が、それぞれの国のために亡くなりました。
でも、「国のため」というフレーズの
国の顔は、実は愛する妻や幼い弟妹、両親、幼馴染、
ふるさとの山や川だったのじゃないか思うわけです。

すんまへん。
こんな辛気臭い話を書く場所じゃないのですが、
ふとアルバムを聴いてて思ったので書いてしまいました
ご容赦を

とにかく、いいシリーズです。
特に第1作「宇宙戦艦ヤマト」と第2作「さらば宇宙戦艦ヤマト」はお奨めです。
さらばについてはもっと語りたいのでまたの機会に。
それでは

参考までに
宇宙戦艦ヤマト 映画編(ビデオ4本組)                 
宇宙戦艦ヤマト TVシリーズ(各ビデオ7巻組 全3シリーズ) 
宇宙戦艦ヤマト劇場版セット(DVD5枚セット)
宇宙戦艦ヤマト TVシリーズ(各DVD5枚組 全3シリーズ)
宇宙戦艦ヤマト ベスト(CD)

なつかしのアニメ・特撮いっぱい!
コメント   トラックバック (1)

サザンオールスターズ キラーストリート発売!

2005年10月05日 | 音楽の話題
こだわりのアルバムが発売された!
サザンオールスターズの7年ぶりのニューアルバム
キラーストリート!!


まぁね、サザンだけにサンザン待たされたわけですよ
(下手な洒落)
せやけど、待たすだけありますわな。
全30曲どす。
シングル曲もずいぶん入っているわけで、最新ベストです、
なーんて売り方してもいいわけですが、そうはしないんどす!
サザンは!!!

山下達郎大先生は4年ほど前のたまわれました。
「BESTでお茶を濁す!!」
そうどす。昔からのアーティストにとってBESTは
その場つなぎでした。スピッツはBEST発売に抵抗した挙句、
タイトルに「リサイクル」と名づけました。
山まさよしは今年でたベストの宣伝ポスターに
「10年に1度のベスト」と明示し、その意志を示しました。

シングル曲を山ほど集めながら、それに倍する新曲を収録し、
それぞれ桑田佳祐自ら熱い思いを綴ったライナーノーツをつけた
今回のアルバムは、まさにサザンオールスターズから、
現代の音楽ファンへの挑戦…… おらぁ、そう思っとります。
皆さん、ぜひぜひ聴いてくだされ!

※ほんで、できたらうちでお買い上げくだされ 

当店ホームページTOP クリックしてください!

サザンオールスターズ キラーストリート限定盤 紹介&販売 クリックしてね!
コメント

とりあえず書き込みをば!

2005年10月03日 | 本日の日記
なんか全然ブログが検索エンジンにひっかからないのら。
悔しいからタイトルを変えてみたのら。

そのうえ、Yahooさんは基本的な検索方法を変えてしまうし……
今日は最悪なのでありまする。

あまりにも疲れたので、一時的に避難。
でも、もうすぐ夜のお仕事だぁ。

ところで、うちのわいわいくん、くわしくはこちら
ただいま、越後方面を飛行中。
郡上踊り郡上一揆でも
有名な郡上八幡を通り抜けたらしい。

郡上一揆というドラマは、なかなか重い。
厳しい年貢の取立てに5年にわたる農民一揆が起こるのだが(実際にあった話です)、
やはり自分や自分の家族を守るため、欲などを利用されて仲間たちは分離させられていく。主役の緒方直人(緒方拳の息子さん)の生真面目な不器用さを感じさせる演技がええ味出してます。
緒方直人という役者、今の朝ドラのお父さん役もそうだが、まじめな役が多い気がする。親父さんは結構チャランポランな役も多いのだが……。
 年を食われると、変わるんだろうか????
コメント