懐メロ・落語・映画・浪曲・時代劇・講演・朗読作品まで てんちょ~のお奨めCD&DVDレビュー

懐メロ、ヒットソング、落語や浪曲、朗読、純邦楽。時代劇や名画、アニメ等を販売する市原栄光堂 てんちょーの気儘なレビュー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

唱歌や懐メロの魅力って? その1

2005年09月15日 | 音楽の話題
まだブログに慣れていないてんちょ~どす。
何とか練習台になるものはないかとネットサーフィンしておりましたら
面白そうなねたを発見いたし候

gooネットの書込みで、
唱歌やなつメロがすき

 日本の唱歌っておもしろんですよね。ペチカやトロイカみたいなロシア民謡もあれば、草競馬やケンタッキーの我が家みたいなアメリカ民謡も、まるで自国の曲のように親しまれているし、一方で、さくらさくらや赤とんぼみたいな北原白秋や野口雨情のような名作詞家の日本独特の作品もある。
 曲にしても山田耕作など優れた作曲家が哀愁と優しさに満ちた作品を作っています。
 小学校の先生をやっている友達が、音楽の教科書から「春の小川」がなくなったとぼやいていたことがあります。春の小川がさらさらいくのが想像できないだからだそうです。まったく個人的な意見ですが、あほか!! と思います。
 さらさらいく春の小川を知らんなら教えてやれよ、みつからへんなら一緒に取り戻そうと声をかけるのが教育でして……わからんからなくしましたってすごい論理やなぁとほとほとびっくりした次第です。
 言葉も巧みなんですよね。「ふるさと」のつつがなしや父母のくだりは、ツツガムシ病にならず元気でいるか? という気遣いの言葉が語源だそうです。
 日本のどこにいっても、どのせだいでもうたえる歌を大切にしてほしいと思う今日この頃です。

<参考>
童謡・唱歌・抒情歌・わらべうたのページ
懐メロ・軍歌のページ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 本日のお奨め映画 あ・うん ... | トップ | てんちょ~と同じような人! ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「田舎の人々」より (chibi-choco)
2005-10-29 23:35:57
“唱歌”に書き込みありがとうございます、そして初めまして!



歌は歌われなくなると消えてしまいますよね。



東北には仕事の合間に歌われ続けていた生活に即した歌があったんですけど、近年農作業の機械化・年中行事の簡略化で聴かれなくなりました。



とても残念なことです。



唱歌もほんと、大事にしていってほしいです。



こどもができたら必ず枕もとで歌いたいと思うこの頃です。



コメントを投稿

音楽の話題」カテゴリの最新記事