STONEWALK HIROSHIMA

ストーンウォーク・ジャパン2005のその後をお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストーンウォーク・ジャパン2005三周年。米国側代表のダット・ウオルシュさんからのメッセージです。

2008年08月18日 | Weblog
Dear Friends, today is Hiroshima Day in the United States and three years since Stonewalk-Japan. I am remembering all those who continue to suffer as a result of nuclear radiation and the bombing on August 6th. I received the Peace Declaration sent by Mayor Akiba and the second sentence brought me back to the peace museum and the messages of the Hibakusha. "Water please!" "Help me" "Mommy". These were the words that moved Andrea and my heart and hardened our determination to plan the pilgrimage of Stonewalk-Japan in 2005. Andrea LeBlanc and I remain close friends along with Yoko, Bruce and Jim. Although we don't see the other American Stonewalkers often we still keep the cherished memory of this time together. The Peace Abbey continues to work for peace, justice and nonviolence in a world that many times reflects a culture of violence. The young people who visit here are now waking up to the need for another way to be in the world. My role is to continue to speak and empower them on the path of nonviolence using the principles of Gandhi. I will be forever grateful to the Japanese who provided homestay, food, guidance, kindness and so much more. I send my love and my prayer for peace on this Remembrance Day. Dot Walsh

日本の友人の皆様へ
今日、アメリカでヒロシマの日を迎えると同時に、ストーンウォーク・ジャパン3周年になります。8月6日の原爆投下と核による放射能で、いまだに後遺症に苦しんでいる方々がいることを、私は忘れません。秋葉市長の平和宣言を受け取りました。第2文を読みますと、平和祈念資料館で見た「水を下さい」「助けて下さい」「お母ちゃん」という被爆者のメッセージを思い起こします。これらの言葉こそ、アンドレアと私の心を動かし、ストーンウォーク・ジャパン2005の行脚を計画する決意を固めさせたのです。アンドレア・ルブランはじめ、ヨーコ、ブルース、ジムとは今でも親しい友人関係でいます。他のストーンウォークのメンバーには、あまり会う機会は無いのですが、ともに、ストーンウォーク・ジャパンの記憶を深く心に抱き続けています。ピースアビーは、暴力の文化が氾濫している世の中で、平和、正義、非暴力のために活動を続けています。ここを訪れる若者たちが、世の中で異なった生き方をする必要性に目覚めています。私の役割は、ガンジーの主張による非暴力の道筋を彼らに語り続け、彼らに生きる力を与えることだと思っています。宿泊、食料、道案内、その他数え切れないご親切をくださった日本の皆様に、末永く感謝いたします。この原爆の記憶の日に、私の愛と祈りを捧げます。
ダット・ウオルシュ

被爆63周年に際して、9・11遺族の会のアンドレア・ルブランさんからメッセージが届きました。

2008年08月15日 | Weblog
A Letter to the Hibakusha on the 63rd Anniversary of the Bombings of Nagasaki and Hiroshima

August 6th and 9th mark the passing of 63 years since the atomic bombings of Nagasaki and Hiroshima by the United States of America. There remain many men and women in Japan, the Hibakusha, who are themselves survivors or are the subsequent generations who bear the scars of that horror, who long for peace in the world and the banning of nuclear weapons by all the world's powers. Yet still they wait.

They remember the flash of light, the heat, the screams and the burning bodies. They witnessed the agony of those who did not die instantly and the children scarred for life. Yet still they wait. The second and third generations of those exposed to the radiation are suffering from diseases resulting from genetic damage and from an inability to live normal healthy lives. They struggle to have their pain acknowledged and their needs met. Yet still they wait.
 
Many survivors are only now able to tell their stories, stories they have lived with in silence for 63 yrs. They were silent because of fear that they would be further ostracized, their livelihoods further restricted, and because the telling of their stories brings back the most painful of memories. Many survivors and those affected have been telling us the awful truth for decades and have dedicated their lives to the elimination of nuclear weapons, because they know firsthand the consequences of these weapons. They have been telling the rest of the world about the dreadful realities, the devastation of civilian populations, the agony of protracted suffering and urging people to wake up to the fact that nuclear weapons are an abomination and must be banned. Yet still they wait.
 
After September 11, 2001, among the very first messages of condolence that the families of those lost in the attacks received were from those survivors of the atom bomb. They reached out to us in our pain. Because of their own pain they understood ours. The Hibakusha have been beacons of light for us not only in their tireless determination to educate the world about the horrific affects of nuclear weapons and the pursuit of their elimination, but also in their compassionate response to others who suffer grievous injury in the name of retaliation. They lead by example and demonstrate to all of us how people who have been so terribly harmed can chose a path of compassion rather than one of hatred and revenge. Who have chosen to turn their grief into action for peace. And now, seven years later, the bond that was fostered then still unites us.
 

Yet still we wait ... and continue to work and hope for peace in a world without nuclear weapons.
 We extend to you, the Hibakusha, our heartfelt gratitude for your courage and your compassion. Please know that our thoughts are with you during these difficult anniversary days.
 September 11th Families for Peaceful Tomorrows

長崎・広島被爆63周年にあたって被爆者の方々への手紙

8月6日、9日はアメリカによって原子爆弾が広島長崎に投下されてから63周年を迎えます。今だに被爆者という多くの人たちが日本にはいます。その人々は直接の被爆者、または次世代であり、あの恐怖の傷跡に苦しみながらも世界の平和と、すべての核保有国が核兵器を廃絶することを心から願っています。しかし、まだ待っています。

彼らはあの閃光、熱、叫び声、焼け爛れた身体を今も覚えています。即死を免れて苦しむ人たち、一生傷を背負って生きる子供達を目撃しました。しかし未だそれは終わっていないのです。被爆二世、三世は遺伝子の損傷による病気にかかり通常の健康な生活が出来ずに苦しんでいます。彼らは自らの苦しみを承認させ、要求に応えてもらいたいと闘っています。しかし未だ待っています。

多くの被爆者達が今やっと自らの体験、63年間沈黙の中に抱えて生きてきた体験の話をすることができるようになったのです。語れば、更に社会的に排斥されるのではないか、暮らしがさらに制限されるのではないか、自分の体験を語ればその最も強い記憶の痛みぶり返すのではないかという恐れのために黙していたのでした。多くの被爆者(生存者)や影響を受けた人々は恐ろしい真実を何十年にもわたって私たちに語り続け、核兵器廃絶に身を捧げています。それはかれらが核兵器は何をもたらすかを身をもって知っているからです。彼らは世界の人々に、恐ろしい現実、一般市民の破壊、長期化する激しい苦痛、核兵器は嫌悪そのものであり廃絶しなければならないものであるという事実に目を開かせようと語りかけています。しかし、まだ、待たねばなりません。

 2001年の9月11日後、9.11の遺族が受け取った最初の慰めの言葉の中に原子爆弾の生存者からのものがありました。彼らは私たちの痛みに手をさしのべてくれたのでした。彼らは自身の痛みの故に私たちの痛みを理解してくれたのでした。被爆者たちは核兵器の恐ろしい影響について世界の人たちを教育しようとたゆみない決意をもっているばかりではなく、報復という名のもとに耐え難い傷に苦しむ人たちに深い思いやりの心を示しました。それが私たちの明るい指針となっています。被爆者達は自らの例で導き、非常に傷ついた私たちが憎しみや復讐の道を選ぶのではなく、思いやりの道を選ぶことが出来るのだと示してくれています。自らの悲しみを平和のための行動へと変える道を選んだ人たちです。そして今、7年が過ぎ、あの時育てられた絆が、まだ私たちを結びつけています。
しかし、まだ私たちは待たねばなりません。核兵器のない世界の平和を願って働きつづけなければなりません。
私たちは、あなた方被爆者の方々の勇気と思いやりの心にたいして、私たちの心からの感謝を申し上げます。苦しみがぶり返す祈念の日々には私たちの思いはあなた方に寄り添って居ると言うことをどうか心にとめておいて下さい。

9.11ピースフルトモローの家族
(吉田睦子 訳)

被爆63周年の日に

2008年08月15日 | Weblog
Stonewalk Japan 2005の3周年を迎えました。1周年の除幕式に植えられた芝生は青々と育っています。