八ヶ岳田舎暮し 移住のススメ MORISH COUNTRY 原村

八ヶ岳での田舎暮らし支援。田舎暮らし30年の実績で移住相談、冬も快適な別荘デザイン&建築サポート!人生一度きりですよ!

八ヶ岳田舎暮らし&移住を叶えるには!

2018年07月01日 09時43分37秒 | 八ヶ岳 田舎暮らし
田舎暮らし、高原リゾートライフに憧れる方は多いと思います。
そして、このBlogを愛読している読者の方も、いつかは実現したいと思っているでしょう。

では、いいな!と思っている方と、実際に実現して八ヶ岳の地にMORISH COUNTRY HOUSEを建てた方との違いは何でしょうか?
それは、やってみたいと言う自分の気持ちに素直に従い、MORISHへ移住相談に来て、私のアドバイスを素直に受け止め実行したからなんです。
具体的に流れを節召します。
MORISHへMailにて八ヶ岳ライフの希望や夢を伝えます。
その時に重要なのは、資金計画です。
八ヶ岳ライフを叶えるには、それなりのお金が必要です。
土地購入費用=借地権別荘地は300坪で300万円前後、所有権土地及び別荘地は坪3〜5万円前後で300坪だと1000万円前後。
MORISH COUNTRY HOUSE=住めると言う大きさは20坪や70㎡以上でしょう。ー15度の冬でも快適に住めるグレードは、最低でも2000万円以上は掛かり増す。
只今9畳の家を建築中ですが、これは週末だけ寛ぐと言う割り切った使い方で、定住向けではありません。
それでも、造成、基礎、合併浄化漕など諸々入れると、1000万円位にはなります。
もちろん、もっと安く建てる事は出来ますが、冬も過ごすのであれば、小さくても高気密高断熱の作りは欠かせません。
小さな家は割高になります。

と言う事で、ミニマムで2500万円の資金が必要です。
只今50棟のMORISH COUNTRY HOUSEが建っていますが、その平均値で行くと、
土地は、僕が住んでいる借地権別荘地が多く、土地の費用が300万円強。
MORISH COUNTRY HOUSEが100㎡30坪前後が多く、諸費用など全て入れると3000万円〜3500万円が多いです。
完全移住する方は、4000万円という方も何人かいます。
では、この資金をどうされているか?
殆どの方は、楽天銀行のフラット35で長期ローンを組まれています。

定住しなくて、冬は来ないという割り切りをすれば、建築にそんなにお金をかけずに済みます。
もしくは、程度の良い中古別荘を住みやすくリノベーションしても良いでしょう。
中古リノベーションも4軒手掛けました。
冬も何とか過ごせる様に断熱を施すことも可能ですが、やはり寒いです。
5月に、程度の良い別荘を、340坪土地付きで550万円で買われた方もいます。
まずは、冬以外の季節をその家で満喫して、定住したくなったらMORISH COUNTRY HOUSEを建てるそうです。

できる事から始めて見ましょう。
そうしないと、貴重な人生の残り時間がドンドン消費されて行ってしまいますよ!
思い立ったが吉日です。
MORISHを訪ねて夢を叶えてください!
お待ちしています。

田舎暮らしや、週末移住をしてみたくなったら、まずは下記のメールへご連絡ください。
morishcountry@gmail.com
友枝コウジロウ
ライフスタイルデザイナー
移住アドバイス料は、1回¥5,400+cafe代です。(3~4時間前後)

自著「週末移住からはじめよう」も是非お読みください!

リアルタイムのMORISHの記事はFacebookをご覧ください。

この番組「住人十色」も是非見てください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 6月29日(金)のつぶやき | トップ | 7月1日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

八ヶ岳 田舎暮らし」カテゴリの最新記事