八ヶ岳田舎暮し 移住のススメ MORISH COUNTRY 原村

八ヶ岳での田舎暮らし支援。田舎暮らし30年の実績で移住相談、冬も快適な別荘デザイン&建築サポート!人生一度きりですよ!

八ヶ岳田舎暮らし&移住のススメ!

2018年07月17日 09時56分47秒 | 八ヶ岳 田舎暮らし
皆様、全国的に猛暑が続いています。
夏ばて、熱中症などにくれぐれも気をつけてください。

この猛暑、今年は八ヶ岳も例外ではありません。
標高1400mを超す我が別荘地も日中30度を越える日々です。
夜は20度くらいになるので大丈夫なんですが、日中は外に出ないようにしています。
とはいえ、都心の暑さからすると快適です。エアコンは必要無いですから。

八ヶ岳へ移住もしくは週末別荘を欲しいと思っている方は沢山いるでしょう。
でも、資金面、仕事や学校の事で、なかなか実行できないと思います。
そんなに難しい事では無く、夢とそれを達成する情熱&努力があれば良いのです。
その部分を一歩踏み出した方々が、MORISH COUNTRY HOUSE OWNER で、50組以上こちらで愉しんでいます。
皆さん、初めは、MORISHへ移住相談に来て、僕のアドバイスに従い実現されています。

それと、移住や週末別荘を叶えるには、人生に於いて切っ掛けも必要です。
チャンスとも言います。
僕の場合は、2011年の東日本大地震で失業したからです。
それまで、家族のみ移住して、僕は東京へ仕事に通う二拠点居住でした。
失業した切っ掛けで、前からやってみたいと思っていた、田舎暮らしのブランドを作って見ようと思ったのです。
起業ですし、職種としても存在しない全く未知の道のりでしたが、自分しか出来ないOriginalを作りたかったので、迷いはありませんでした。

MORISH COUNTRY HOUSE OWNERの移住や週末別荘の動機も切っ掛けがあったからです。
現状の暮らしに限界を感じて、どうせ引っ越すなら憧れの八ヶ岳へ!
管理職の激務と重圧から、精神的な癒やしの場を求めて、八ヶ岳の地にMORISH COUNTRY HOUSEを建てたかった。
子供が生まれて、環境も教育姿勢も都会では無く、健康にノビノビと子供を育てたいと、子育て移住に八ヶ岳へ!
福島原発の放射能汚染の影響が無いエリアとして八ヶ岳へ!
食の安全を求めて八ヶ岳へ!
山登りが好きだから、近くに住みたかった。
都心では、ガレージや吹抜、Deck等が不可能だけど、こちらでは可能だから!

こうした、不満や切っ掛け、夢などを、移住相談で話して頂き、それをどのようにしたら叶える事が出来るのかをアドバイスして、実現するまでプロデュースします。

さあ、貴方も窮屈で灼熱の都会から抜け出し、雄大で清々しい八ヶ岳山麓へMORISH COUNTRY HOUSEを建てて見ませんか!

田舎暮らしや、週末移住をしてみたくなったら、まずは下記のメールへご連絡ください。
morishcountry@gmail.com
友枝コウジロウ
ライフスタイルデザイナー
移住アドバイス料は、1回¥5,400+cafe代です。(3~4時間前後)

自著「週末移住からはじめよう」も是非お読みください!

リアルタイムのMORISHの記事はFacebookをご覧ください。

この番組「住人十色」も是非見てください。


僕らの八ヶ岳ライフは、女神湖にある白樺高原教会で挙式をしたことから始まった!
(残念ながら、今は廃墟になりつつあるのです。何とか再生できたらなあと思うのですが)


MORISH COUNTRY HOUSE OWNERの集いを、天空のATELIERにて時々開催しています。
ここで、皆さんの交流を深めて、コミュニティを作っています。
見ず知らずの土地に家を建てても、総勢70組以上のモリッシュの仲間が出迎えてくれますよ!


完全移住の方は、終の住処としてしっかりと予算をかけてMORISH COUNTRY HOUSEを建てられます。

子育て移住の大きな家


独身の方の家。お嫁さん募集中です。


年内完成に向けて、造成が進む土地。


八ヶ岳の夏の日々は日没が遅いです。
この景色は夕方6時過ぎですよ!


いきなり、MORISH COUNTRY HOUSEを建てる資金も難しいと言う方も、できる事から始めて見れば良いのです。
著名な犬のブロガーの穴澤賢さんもモリッシュに移住相談に来られた方で、数年後にMORISH COUNTRY HOUSEを建てたいけど、今すぐから八ヶ岳ライフを始めたいと言う事で、
古民家付の土地を購入され、リノベして、週末の八ヶ岳を快適に過ごされています。
先日は、今後のMORISH COUNTRY HOUSEの新築の具体的な打合せを兼ねて、焼き鳥の宴にお呼ばれしました。
炭火が良い感じになるまで、穴澤さんがギターを弾いてくれました。
奥様の焼く、焼き鳥は、とても柔らかくて美味しかったです。





今、僕の住む別荘地にも、営業顧問する別荘地にも、中古別荘は沢山あります。
冬越しをするには不向きですが、とりあえず春夏秋を過ごして愉しみ、本格的に心地良く済みたくなったらMORISH COUNTRY HOUSEを建てると言うスタイルでも良いでしょう。
例えば、下記の写真の平屋は300坪の土地付きで300万円で買えるのです。
リノベは必要ですが、最低限の補修をプロに頼み、自分たちでできる事はDIYして楽しんで暮らして見てはいかがでしょう。


いかがですか!
人生の後半戦は、八ヶ岳ライフにシフトチェンジしても良いと思いますよ!
お待ちしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 7月11日(水)のつぶやき | トップ | 7月17日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

八ヶ岳 田舎暮らし」カテゴリの最新記事