智ちゃんブログ  

トモコフェリシアの世界
毎日笑って楽しく暮らしたい!
みんなと一緒に夢を叶えていきたい!

ひいてきた

2012-06-30 17:46:43 | Weblog
1日ほとんど眠っていた。しんどかったし今日は一人の時間がかなりあったから。


雨が降って外出する気になれなかった。ケガのあと、安静にしているというより割と毎日外出して歩いていた。


むくんでパンバンになっていた脚のラインが、見慣れたものになってきた。打撲の色が出てきた。


よかった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほっとしたのか

2012-06-29 08:27:52 | Weblog
疲れが出てきた。
脱力感。
心は落ち着いている。

この数日、野菜をバリバリ食べている。セロリ、ブロッコリーが美味しくてたまらない。ウサギかヤギになった気分。

体が欲しているものなんだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言ったー

2012-06-28 18:38:08 | Weblog
今朝、7月末で仕事を辞めることをセンター長に伝えた。 あーやっと言えた。ずっと我慢してた。すっきり、すっきり。

淋しい気持ちより、これからのことのワクワクのほうが勝ってた。


次のスタートがやっときれる。


これを、秋まで冬ボーナスまでって引っ張ってたら私病気になっちゃう。ローカでため息ついて。
思えば3ヶ月前からこの日を待ってたんだ。だけど、急にお金のことが心配になって、贅沢かもしれないなんて思ったりして頑張ってた。会社側から申し出があるまで頑張ろうって。

だけどね、あちら側から言われて辞めるのと、こちら側の意思を持って辞めるのでは全然エネルギーが違う。


自分から言ってよかった
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

足の

2012-06-27 08:38:35 | Weblog
調子はまた少し良くなった。昨日より早く歩ける。まだ少しびっこは残ってるけど。
むくみも多少マシになったみたい。


顔は腫れぼったいまま。自分の顔の印象が違うとなんか変。他人からしたら違いなんてわからないのかもしれない。女性ならほんの些細なことで、嬉しくなったりへこんだりする。

まずは体の調子を治すことだろ とどこからか聞こえてきた。へい、さいでした(≧∇≦)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬を

2012-06-26 08:24:59 | Weblog
飲むとむくむのかしらん?
ただ太っただけかな‥


早く体を元に戻そう。左足をかばうからか右のふくらはぎも疲労している気配がした。慌てて右にも湿布した。


いま右もやっちゃったらたまらない。


7月竣工終わったら、ゆっくりしたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

するすると

2012-06-25 09:10:52 | Weblog
いつも通りに起きたはずなんだけど、するすると時間が過ぎた。


銀行とバス定期の更新に行ってから会社へ行くことにした。

よかった
ゆっくりしか歩けないし、すいたバスや電車に乗るほうがいい。今日は。
傘は杖になってくれた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありゃー

2012-06-25 08:16:45 | Weblog
ヤバイ、やはい。
舞台が終わって、体重が1キロ増えている。最適体重から1キロ太っていた状態から、さらに1キロ増加。


ほほが重い。
プニプニしてる。


本番で痩せるかな なんて思ってた。
足をケガした分、体を守ろうとしたんかな‥動くことも極端に減ったからか‥ホルモンバランスが崩れたからか‥


お菓子厳禁
とくにスナック菓子やケーキはダメだ。欲しくないのに無理して食べることも。

よし綺麗になるぞぃ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

終えて

2012-06-24 22:55:17 | Weblog
フィナーレに出る前の舞台そでで、
泣きそうになっていた。


今回無事に乗り越えられたのは、先生とダンスメンバーの仲間に助けられたからだ。思いやりと優しさが嬉しかった。


観にきてくれたダンスメンバーの優しさも身にしみた。泣いてくれていた。私も泣いてしまった。


舞台に立つことができて本当によかった。最後まで諦めなくて本当によかった。

今回のアクシデントのポジティブな意味がつかめた。
これはギフトだったんだ。


とてもあたたかい気持ちで舞台本番を終えることができた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本番

2012-06-24 22:36:50 | Weblog
何度も
絶対大丈夫を自分自身に唱えていた。

まずはアップ
足が動かない分、笑顔でいようと思った。仲間と顔があったとき嬉しかった。
アップのほうがジャンプが多いので目立ってしまうかなと思ったけど、流れが早いのでそうでもなかったみたいだった。

スローは、気持ちを込めることに集中した。脚は上がらないし、走るのも無理だったから。
悲しい気持ちが爆発していた。まさに堕天使の心情と自分自身の心情が重なっていた。


踊りきった感があった。やるだけのことはやったから。


この感覚があれば、結果はもういいのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりに

2012-06-24 22:09:28 | Weblog
家へ帰ってひとりになった時、悲しみが込み上げてきた。
ここまできて、なんで?
このアクシデントのポジティブな意味なんてわからなかった。試練なのか‥


悲しみにくれるより、一生懸命プラスのイメージを作ろうとした。客席で観てるのなんて嫌だった。

痛み止めを飲めば、マシになって乗りきれるんじゃないかって気がした。


天使たちや他の77の存在に願った。
お願いだから力を貸してほしいと。


翌朝、相棒のメールで起きた寝過ごしてしまった
目覚ましをかけまちがえていた。いつも舞台本番は日曜なので土曜日なのに日曜にセットしていたのだ。


この足の状態なので、車で迎えにきてくれることになっていた。約束の時間まで10分。慌てて用意した。
迎えに来てくれることになっていたから間に合った。それも着く10分前にメールをくれている。
いつにないことだ。

足の状態は消炎薬と湿布で少しマシになっていた。ひきずって歩けるようになっていた。階段は手すりを持って一段一段上がらないと無理だった。


これで踊れるんかしら?と思ったけど、まだ痛み止めのボルタレンに望みをつないでいた。


どれだけ動けるかは、リハーサルで動いてみて確かめるしかなかった。


ジャンプはあまりできない。グランジュッテはパッセジャンプに変えてもらった。ダメだと思ったら、はけていいからと言われていたけど大丈夫だった。


痛みも少しまたマシになり、階段を手すり持たずにゆっくり上がれるようになった。
場所移動はスムーズが難しかった。
スローではステージを斜めに2回、縦に1回小走りするところがある。ここだけは左足はつま先だけにした。ひょこひょこしていたと思う。

堕天使は、片足負傷した堕天使でいいや って思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加