きまぐれ雑記帳

きまぐれに日々の思いを綴ります。

中欧ヨーロッパ ⑤前半

2019-01-02 19:00:00 | 旅行

 5日目

ウィーン市内観光です。7時45分出発。

 プラーターの大観覧車の近くのホテルでした。

早くに出発したのは、開館前にベルベデーレ宮殿の美術館にあるクリムトの

絵を見に行くためでした。

スクワット中のライオン?

贅沢なランニングです。

 スフィンクスのお尻。なんか色っぽい・・・

ウウッ!!てな感じ。長年にわたり天井をささえてはります。

大理石の間。

アルプスの画家セガンティーニの「悪しき母達」

よく見ると、お母さんのお乳を飲んでいる子供が描かれております。

何か意味があるのでしょう・・・・私には深読みできる知識がございません。

ゴッホの作品

ロダンでした。

いよいよクリムトです。

「ユディット」ホロフェルネスの頭部がおへその横に描かれております。

「ソニア・クニップス」彼女はこの絵のモデルになった後、大富豪と結婚

されたそうです。この絵を拝むとええご縁があるかも?・・・てな訳ないか!!

 

クリムトのパトロンの一人「フリッツア・リードラー」

 「ひまわり」

 

「ヒマワリの咲く庭」

いよいよ「接吻」

ヨーロッパでは写真OKの美術館が多いので嬉しいです。

そばによって、クリムトの筆跡も撮ることができます。

「アダムとイヴ」

エリザベートの旦那様フランツヨーゼフ。ご臨終です。

美しいシシー

ダヴィット「サン・ベルナール峠をこえるナポレオン」

シェーンブルン宮殿

 

ツルツルでアイスリンク状態。

宮殿前のクリスマスマーケット

麦わら細工みたいです。可愛い・・・・でも買ってもなあ~

あとクリスマス何回こなせる?・・・・と思い止めました。

宮殿のスーベニアショップ。

カフェもありました。

シェーンブルン宮殿は、3~4階部分が賃貸住宅として一般に貸し出せれて

いるそうです。官舎であるため公務員であることが条件。

メダイヨン・マンション

マヨリカハウス

分離派会館

旧市街を徒歩観光です。

毛皮ですね~

えんじ色・・・・

シュテファン寺院

凄い!!ゴージャス!!足出してる!!冷えそう!!・・・私より年上みたい。

偉い!!

 

昼食は新市庁舎にあるレストラン。

昼食後30分のフリータイム。お隣のウィーン大学へ。

 

ガラスの天井の中庭で授業をされております。

日本人が経営されている土産物店ワルツ・・・・もちろんトイレです。

ここからフリータイム。集合場所もここ・・・・トイレです。大事なのわ!!

オペラ座のガイドツアーへ。

ドイツ語、英語、日本語などの言語別に一日数回催行されております。

2019年のニューイヤーコンサート、この部屋で日本のバレーダンサーが

パフォーマンスしてたかな?

ゴージャス!!

ちなみにウィーンのオペラ座のスポンサーは、トヨタのレクサスです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中欧ヨーロッパ ④ | トップ | 中欧ヨーロッパ ⑤後半 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事