ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2015.7.31 スペシャ・ザ・ワールド 出演 : N'夙川BOYS×フレデリック×KNOCK OUT MONKEY×アルカラ×フラワーカンパニーズ×ウルフルズ @国立代々木競技場 第二体育館

2015-07-31 23:28:03 | 日記

今日はこれ!
2015.7.31
スペシャ・ザ・ワールド
出演 : N'夙川BOYS×フレデリック×KNOCK OUT MONKEY×アルカラ×フラワーカンパニーズ×ウルフルズ
@国立代々木競技場 第二体育館

ご招待に応募したら見事にペアで当選。
タダなら行かなきゃ損と、いそいそと代々木へ。
主催者の企画ミスだったのか、会場はガラガラのスカスカ。
にも関わらず、ステージ上からの熱量はとても熱くて良いイベントでした。

以下プチ感想。

N'夙川BOYS
メンバー3人で前衛的なパフォーマンスをしていた以前よりポップになっていた。
ベースレスの音は滅多に聴けないので新鮮。
ライブでの見せ方も上手くなったなぁ。

フレデリック
今日1番若いバンド。
今風な高音ボイスなボーカルによるダンサブルなロック。
普段はライブハウスで活動してるであろう彼ら。
ホールのライブはほぼ初めてだという。
必死で客席の温度を上げようと奮闘する姿は共感を覚えた。

KNOCK OUT MONKEY
ボーカルがずばりハードロック向けな声の持ち主だった。
リハの時から、AC/DCやら、モトリークルーのギターリフを弾きまくる辺り、音楽の趣味嗜好が分かるね。
そんな中でおニャン子のリフを混ぜるあたりはご愛嬌(笑)
ライブ初見で1番耳に残ったのはドラム。
とにかくドラムがカッコ良かった。

アルカラ
このイベント、アルカラあたりからライブパフォーマンスに安定感が出てきた。
さすがのステージング。
アルカラの世界観で染め上げていく。
貫禄が出てきたな。

フラワーカンパニーズ
正味30分。
曲にして5曲。
短期決戦を見事に闘い尽くしたフラカン。
新曲「消えぞこない」。
今後ライブでますます成長していくであろう秀作。
久々のヨサホイも若い観客たちにも大ウケ。
久しぶりのホールでのライブを観て思うのは、フラカンはハコとホールを自由自在に行き来できるバンドだということ。

セトリ
はぐれ者賛歌
深夜高速
消えぞこない
マイ・スゥイート・ソウル
真冬の盆踊り

ウルフルズ
去年活動を再開してから、やっとライブを観ることができた。
以前と明らかに違うのは、迷いがなくなったトータス松本。
彼のバンドに賭ける覚悟と、とにかく楽しく音を出すことに帰依する姿。
まぁ、早い話がトータス大人になったね。
アンコールでは真夏に相応しく「サマータイムブルース」のカバーあり。
そして、恒例の「いい女」で〆。

とにかくタダ券最強!なライブでした(^.^)

コメント

2015.7.28 ザ・キャプテンズ×フラワーカンパニーズ@Zher the ZOO YOYOGI

2015-07-28 23:42:57 | 日記

2015.7.28
ザ・キャプテンズ×フラワーカンパニーズ@Zher the ZOO YOYOGI

本当に楽しい対バン。
どちらもお互いの"売り"を最大限に見せつけた。
そんなライブだった。

フラワーカンパニーズ
小細工なしで、ただただ自分たちの音と言葉を響かせる。
それだけ。本当にたったそれだけ。
それゆえに胸にささる。
昨日は、久しぶりの「カリフォルニア」、そして、千葉ルックでもやらなかった「どろぼう」にテンションMAX!
が、本当のハイライトはミドルテンポロックの「心の氷」。
言葉が心の深いところにストンと落ちてきて、全て持ってかれた。

ザ・キャプテンズ
ギタリストが代わってから初めてライブを見た。
バンドのコンセプトが濃いだけに、ライブも内輪受けで終始する危険性があるバンド。
だが、サウンドがしっかりと古き良きGS(グループサウンド)を継承しつつ、まとまりのある音を出している。
パフォーマンスがキワモノ寄りの個性爆発に対し、サウンドはいたってストレートかつシンプル。
そのバランスが絶妙!
特に新しいギタリストが鳴らす音は、ポイントポイントでピリッと辛い、山椒のようなギター。
あのギター、ホント、良かったな。

できれば定期的にやって欲しい対バンの1つ。
本当に楽しい夜だった。
本当にこれぞ対バンというライブだった。

そう、全ては愛ゆえに、、、by.傷彦(キャプテンズ)

フラワーカンパニーズ セトリ
マイ・スウィート・ソウル
カリフォルニア
消えぞこない
この世は好物だらけだぜ
地下室
どろぼう
ビューティフルドリーマー
心の氷
感情七号線
星に見離された男
チェスト
YES,FUTURE

アンコールにてキャプテンズ+鈴木圭介(フラカン)
バン・バン・バン(ザ・スパイダースのカバー)

コメント

2015.7.19 騒音寺×Theピーズ@下北沢club Que

2015-07-19 23:17:14 | 日記

今日はこれ!
2015.7.19
騒音寺×Theピーズ@下北沢club Que

騒音寺
もうしょっぱなから惹き込まれた。
こってり騒音寺の良さが色濃く感じたなぁ。
ドラマーが新しくなってから初めてライブ観たけど、すごいね彼。
騒音寺の土着的な感じがパワーアップして聞こえたよ。
侘び寂びがあるというか、若いのに盆栽の良さがわかる感じ? って分かりづらいか(^^;;

ピーズ
アラバキ以来のご無沙汰だったし、1曲目の「ドロ舟」のポテンシャルがめっちゃ高くて、ものすごい集中して観てたようで、酸欠になるは脱水になるは肩凝るは。
とにかく夢中にならざるを得ないライブだった。
「恋は水色」やら「恋の季節」やら梅雨明け1発目のライブに相応しく夏なセトリ!

コメント

2015.7.15 THE TON-UP MOTORS×フラワーカンパニーズ@下北沢club Que

2015-07-15 23:53:29 | 日記

昨日。永田町界隈がきな臭いなか、行ってきました。

2015.7.15
THE TON-UP MOTORS×フラワーカンパニーズ@下北沢club Que

トンアップモーターズ。
楽しかった!
久しぶりに観たけど知らない曲ばっかりだったけど、そんなこと関係なくってホント嫌なこと吹っ飛んじゃうくらい楽しかった!
しばらく観ないうちに骨太になったなぁ。
そんな元気いっぱいのライブのラストに「無名のうた」。
沁みたなぁ。

フラワーカンパニーズ。
永田町界隈がきな臭い今日という日。
「大人の子守唄」を歌ったことに強い意思が見えました。
普段からほとんど政治的な発言はみられない彼ら。

「子供の時は必要なかったのに
どうして大人にはたてまえがいるんだろう?
どうして大人には憎しみがいるんだろう?
どうして大人には殺しあいがいるんだろう?

子供の時は必要なかったのに
どうして僕にはロックンロールがいるんだろう?
どうしても僕にはロックンロールがいるんだよ
大人の子守唄 - フラワーカンパニーズ」

ロックンロールが鳴り響かない日を迎えてはいけない。

トンアップ セトリ
歓びを唄う
ファイティング・ステップ
ケモノノチカラ
右腕のファイヤー
無責任讃歌
準備OK
不死身のこころ
バカ笑い大将
無名の歌

フラカン セトリ
星に見離された男
チェスト
この世は好物だらけだぜ
消えぞこない(新曲)
夜空の太陽
感じてくれ
大人の子守唄
エンドロール
煮込んでロック
マイ・スウィート・ソウル
三十三年寝太郎バップ(新曲)

en
最高の夏
終わらないツアー

コメント

2015.7.10 A.O.R.B ~Adlt Oriented Rock & Ballads~

2015-07-11 23:52:43 | 日記

ちょっと前になりますが、フライデーナイトに下北沢へ行ってきました。
2015.7.10
A.O.R.B ~Adlt Oriented Rock & Ballads~
オールナイトのDJイベント。
大好きなバンドマンたちが揃いも揃った私ホイホイなDJイベント。
世間は梅雨真っ只中ですが、下北沢440は、ひと足先に夏が来た!
と、いうような素敵な選曲。
美味しいお酒を飲みながら、ライブ友だちとの音楽談義を肴に、気づいたら空が明るくなってました。

で、帰宅後シャワー浴びてそのまま出勤。
徹夜明けのハイテンションでなんとか1日仕事こなせました。
いい歳してオール明けで仕事はいい加減にしろと思いつつ、、、
やめられないんだよね〜(^^;;

コメント