ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2018.6.23 エレファントカシマシ 日比谷野外大音楽堂 2018 @日比谷野外大音楽堂

2018-06-28 14:26:25 | 日記
2018.6.23
エレファントカシマシ 日比谷野外大音楽堂 2018 @日比谷野外大音楽堂


野音終了後、いつになく饒舌だった雨模様のあの日のつぶやきをそのまま記録。。。


宮本氏の弾き語りだった時以来の外聴き。
てか、外聴き2回目。
ありがたいことにあとの25回は中で観れてる。
てか、中で観れるのがありがたいことになる日がこようとは。
今日たくさんの外聴きの人たちを見てつくづく思った。
バンドもファンも幸せモンだよなぁ。
因みに残りの2回は欠席。


思えばエレカシワンマンめちゃくちゃ久しぶり。
今年は新春チケット取れなかったから、年末の富山以来か。
半年ぶりか。
そりゃ、外聴きでもテンション変になるわな。


エレカシのワンマンでは、ライブ前や後に呑むことはあっても、ライブ中は集中しすぎてるからか呑む気にならないんだけど、今日は外聴きだし、時間過ぎてたけど、コンビニにハイボール買いに行ったよね。
濃いめがなくて残念だったけど。
普段よりちょっぴりリラックスして聴くエレカシ野音もいい感じ。


どうせステージ見えないからほとんど目を閉じて聴いてた。
視覚からの情報がゼロだったからか、音に集中した分、ミッキーのギターのカッティングとかすごいよかった。←いつもすごいだろっ


外聴きでの三者三様のギター。
違いがいつもより分かって面白かったな。
ただ、ミッキーと石くんはどっちが弾いてるのか分からない時があったけど、宮本氏だけはすぐ分かるね。
クセありすぎだし。
しかも、ギタリスト差し置いてあなたのギターが1番音デカかったよね(笑)


さすがに外だとクリアな音って訳にはいかないけど。
音が聴こえるってより、振動が直接伝わるトミのドラムだけはダイレクトに感じられてゾクゾクしたな。
トミが絶好調なのはよくわかった。
宮本氏の調子がイマイチだったが、何度も言ってるがたとえ何があろうとトミが絶好調のエレカシは間違いなく絶好調なのである。


外聴きだからステージ上の様子は音を聴きながらなんとなーく想像するしかないのだが、魚さんだけは、今 ぴょんぴょん跳ねてる!とか、今 鍵盤に頭擦り付けて弾いてる!とか、音聴いただけで目に見えるよう…いや、見えた(笑)


新譜からのスタート。
もうめちゃくちゃ若返ったな。
その後のエピック連打がめちゃくちゃ燻し銀。
てか、おじいちゃんな佇まい(笑)


最近は桜と言えば良くいえば朗々と、ぶっちゃければ仰々しいあの歌ばかりだったけど。
へそ曲がりな私の心情はこっち側だから、桜の歌を今日は素直に聴けた。
いいよね、いい。
♪上野の山♪


必ず「5」からの曲をやってくれるはず!と、いつも期待してるのだか、今年もやってくれた。
♪おれのともだち♪

はぁ~、やっぱり「5」は良い。
なんとなく口ずさむことが多いんだよ。
この生活臭がね、たまらなく良い。


♪武蔵野♪
♪友達がいるのさ♪
♪月の夜♪
あー、野音だなぁ。
今年もエレカシ野音に来たなぁ。
と感慨深くなる曲たち。


♪ズレてる方がいい♪
初めてライブで聴いたのが野音だった。
しかも、初の外聴きだった。
今年はその日以来、同じシチュエーションで聴いた。
なんか、想いが込み上げたなぁ。
因みに、あの年の野音はDVD持ってるけど観てないな。
なんか、外聴きした時のあの感じが上書きされるのイヤで。


♪RAINBOW♪
新曲から始まってエピック連打してオールタイムソングを経てのこの曲。
第1部の〆はこれしかない。
「暮れゆく街のざわめきの中に立って」からのトミ連打。
初っ端のここだけで曲の姿が全部見える。
サビを待たずして胸熱。


雨、あんなに降りまくってたのにね。
雨上がりの月と木星に見守られての♪月の夜♪。
素晴らしい演出。
これぞ野音の醍醐味。


すでに精根尽き果てているだろうライブ終盤での♪男は行く♪。
ここまで2時間半全力疾走してきたとは思えない音の塊。
間奏とアウトロのセッションバトル。魚さんの鍵盤に皆が呼応していく。
激シブ。
私的、今日1番のハイライト。



しかし、やはり外聴き。
いつもより精神的消費率低し。
まぁ、財政的消費率はゼロだからな。比例すんのかな。
悔しいとか羨ましいとか残念とかが薄いのは、明後日のツアー初日に行くのが決まってるからなのはデカい。
ツアーも新春も野音もチケット取れないのに慣れなきゃな。
外聴きはちょっと慣れたかなw


そんなこんなで、明日夜勤で月曜日は夜勤明けからのエレカシツアー初日名古屋。
なんと言っても初日である。
ステージ上も客席も皆が皆初日である。
初日独特の雰囲気が大好物なのである。
しかも、私的にツアー初日でありファイナルである。
夜勤明けでもテンション最高潮なのは約束されてるのである⤴⤴


夜勤中に飛び込んできた知らせ。
宮本氏の喉の不調にて名古屋公演延期…。
野音でガッサガサな声してたもんなぁ。
ま、あれはあれで懸命な必死な感じがグッときたけど…。
具合悪い時は無理しちゃいかんよ。
いろいろキャンセル料取られちゃうけど…、これで宮本に貸しができたな。
次回会うときに倍返ししてもらおう。
だから、今はゆっくり養生してくれ。


諸々キャンセル手続き完了。
やはり薄給取りにはなかなかの痛手だ。
今度会うときには倍返し、否、百倍返ししてもらわねば。
だから、中途半端でステージに立つなよ。
今までもいろいろあったからな。
ライブほとんどやらなかった年もあったし、
レコ社クビになった放浪時期やSNSがなかった頃は、
半年以上なんの音沙汰もなかったり。
ま、こちとら待つことには慣れている。
だから、なぁ、宮本よ。
焦らず養生してくれ。


いつもの休日恒例朝散歩のコースを変えて、古いお守りを預けるついでに、お参りしてきた。
宮本の快復と、エレカシ御一行様&エビバデの良き明日を願って…。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018.6.20 Danny Kortchmar( ... | トップ | 2018.7.7~7.8 フラワーカン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事